下野小山戦国異聞 関東八屋形の復興

読了目安時間:4分

エピソード:62 / 132

高基と高実

 下総国 古河城 「兄上が公方にふさわしいかどうかですか……?それは、そうですね」  そこまで言うと高実は言いよどんでしまう。まさか父親から兄が公方にふさわしいかどうか聞かれるとは思わなかった。それに下手に発言すれば自身の立場が危うくなってしまうこともあって、緊迫した空気の中、高実は慎重に言葉を選びながらたどたどしく答える。 「私は、兄上が公方にふさわしくないとは思ってはおりませぬ」 「ほう」  高実の回答に高基は低い声でそう一言発しただけだった。明らかに機嫌を悪くした高基の様子に高実は機嫌を損ねたことに気づき、慌てて言い加える。 「しっ、しかし、兄上の振る舞いは公方としていかがなものかと存じます。兄上は足利家の人間としては少々粗暴だと思っております」  高実は高基の意向に沿わんとばかりにあらん限りの言葉を用いて晴氏を非難する。  高基はしばらく黙って高実の話を聞いていたが、高実が言い終えたと同時に、 「用は済んだ」  とのみ言い残して、高実に目もくれずさっさと部屋から去るよう促した。  高実は声を上げることなく高基に言われたとおりに部屋を後にしたが、内心どう振る舞えばよかったのか途方に暮れていた。  庶子である高実は母親の身分が低く、母方の実家も後ろ盾にならない状態で家中では晴氏の予備以外に存在価値がなかった。当然高基からの見向きされておらず、今回のようにじっくり話したのは初めてのことだった。  高実は今回のことを好機に父からの心象を良くしたいと考えていたが、振られた話題が兄晴氏の是非だったことに動揺してしまい、そんな余裕は吹き飛んでしまった。しかも最初の回答が父の機嫌を損ねてしまい、慌てて弁明したが結果は芳しくなさそうだった。  おそらく高基が望んでいたのは晴氏の否定だったのであろうが、庶子で地位が不安定な高実に正統な後継者である晴氏を完全に否定することは難しかった。話し合いの後半では高基の意向に沿ってそのような発言はしたが半分は本心ではなかった。  では高基の意向に気づかず自分の思ったことを口にしたらどうなっていただろう。最初の発言の時点で機嫌が悪化していた高基に晴氏は公方にふさわしいと言っていたら最後のようにすぐ見切りをつけられていた可能性が高かった。しかし後ろ盾のない高実にとって父親に見切りをつけられるのは避けたいことであった。  そのため慌てて言い加えたことはひょっとしたら正解だったかもしれない。ただ最後に用が済んだと一蹴されたので見切りをつけられなかったとはいえないが、一応最後まで話を聞いてもらえたことを良い方に解釈するしかなかった。  しかし不本意ながら晴氏を否定するような発言をしてしまったことは高実にとって最悪な事態だった。もし高実が晴氏を非難したことが誰かの耳に入れば、高実は反晴氏派の旗頭として利用されるか粛清されるかの未来が目に見えていた。だが力のないに高実にそれに抗う術はない。高実はそんな恐怖におびえながら自分の部屋へ急ぎ足で戻るのであった。  高実が部屋から出て行った後、高基は自室でひとり考えを巡らせていた。事は自身の後継者のことであった。一応高基の後継は晴氏が継ぐことになってはいるが、高基にとって晴氏の振る舞いは許せるものではなかった。  晴氏は初代成氏を尊敬し、公方自ら戦場に立つことで諸大名からの支持を集めることを理想としているが、それは長年戦を大名に任せて公方は後方でどっしり座るものとしてきた高基を否定していた。実際晴氏は高基の公方としての姿勢を非難しており、両者が不仲になることは自明の理だった。  そして次第に高基は晴氏は嫡男だが公方としてふさわしくないと考えるようになった。その代役として考えたのが庶子だが次男の高実だった。そのため一度高実を呼び出し晴氏について聞き出してみたが、玉虫色の回答に高基は失望を隠しきれなかった。後半は高基の意図に気づいたのか晴氏を否定する発言も出たが、高基の高実への評価は低いまま終わった。  高実は父親の高基から見ても武将としての器量は晴氏に大きく劣り、性格も少し内向的で良いところが少なかった。強いて挙げるとするならば高基に従順的なところくらいだろう。実家の力も弱く、仮に当主となっても頼りない印象は拭えず、家中の統制もできるか怪しいところだ。  一方で初陣を果たした晴氏は以前から備えていた器量に加えて戦果を挙げたことで諸将からの支持を急速に集めていた。公方らしくないと思いつつもその戦果は本物であり武将としては高基も晴氏を認めざるを得なかった。  そんな晴氏をもし廃嫡にしたならば諸将からの反発を招くことは高基にも理解できた。しかし高基の心情からすると自分に反抗的な晴氏より従順的な高実を後継にして家督を譲った後も影響力を残し続けたいという思惑もあった。 「くそっ、なぜ事が儂の思うように進まない。誰か、酒だ。酒を持ってくるのだ」  理想と現実の狭間で苦悩する高基は酒を飲むことで再び現実から逃避するのであった。

「面白かった」「続きが気になる」「更新がんばれ」と思ったら感想をお願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 時空外伝 -side story-

    時空憑依と時空移動の外伝

    10,500

    10


    2022年5月28日更新

    『千葉篤胤の時空憑依』 『千葉純胤の時空移動』 の外伝となります。 基本的には登場人物の一話完結集となります。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 龍虎、東アジアを駆ける

    江戸時代、主流から追放された者達の逆襲譚

    221,771

    3,076


    2022年5月28日更新

    時は江戸時代、三代将軍家光の末期。 時代に取り残された浪人の多くが、幕府に対する不満を募らせていた。 そうした浪人を相手に軍学を教える由井正雪もまた倒幕を視野に入れた活動をしていた。 同じ時代、東アジアでは清によって明が滅亡したが、皇族の生き残りが有力者の庇護を受けて抵抗を続けていた。 国姓爺と称される鄭成功もまたそんな一人であり、日本とも縁のある彼をはじめね多くの者が江戸幕府に支援を求めていた。 こうした状況の中、幕府老中筆頭・松平信綱は一石二鳥の手を思いつき、実行に移す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • コンと狐と

    若桜谷には、キツネと幽霊がいる。

    175,350

    160


    2022年5月1日更新

    鳥取県若桜町。 谷間の小さなこの町に一軒の料理店があります。 『和食処 若櫻』 店を切り盛りするのは、コンとサナという二人の少女。 実はコンは幽霊で、サナは狐なのでした。 二人が神様から与えられたお役目は、店にやってきた死んだヒトの魂を、あの世へ送ること。 泣いたり、悩んだり、怒ったりしながらも、コンとサナは死んだヒトの想いに触れ、やがて自分たちの過去とも向き合っていく。 ※本作は小説投稿サイト『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間42分

    この作品を読む

  • 解放詠唱アマテラス

    ホラー×バトルな霊能ファンタジー!

    30,300

    120


    2022年5月26日更新

    妖怪や幽霊の目撃談が多く、住民のほぼ全員がその存在を信じている架空の地域、鷹宮県。そんな場所を舞台に、霊的な存在を支配する王、その力の一部である霊王眼を宿す少年、白神リクは戦いの日々を送っていた。邪悪な妖怪を殺し、さ迷う霊をあるべき場所に導くために。 そんな日々の中でも平穏な時間にはごく普通の日常がある。しかし、百鬼夜行を引き起こそうとする邪悪な陰陽師の一族、赫喰家との戦いに巻き込まれることになったことでリクの日常は一変。 彼らの野望が達成されれば、妖怪や悪霊の大群が日本中に溢れかえり、下手をすれば世界の危機となる。 それを止めようとするものと、協力する者達の争いより鷹宮県は混沌を極めて行く。妖怪、霊能者、神々、果ては西洋の魔術師までをも巻き込む、壮大な霊能戦争の舞台として――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む