下野小山戦国異聞 関東八屋形の復興

読了目安時間:4分

エピソード:92 / 132

夢に出た男

 下野国 祇園城 小山犬王丸  ある日、段蔵からひとつの報せが入った。 「御屋形様、永平寺に遣わせていた一族の者から例の人物との接触に成功したとのことです」 「真か。してその詳細はわかるか?」  どうやら永平寺に向かった加藤一族の者が俺が夢で見た人物との接触に成功したらしい。さらに詳しく話を聞き出すと、その人物は最初自分をよく知る間者を不審がっていたようだ。また接触してきたのが縁のない小山家であることも警戒に拍車をかけていい返事はもらえなかったらしい。仕方ないこととはいえ警戒されたのは少々残念だ。そこで段蔵からしばらく接触を継続すべきかどうか判断を仰がれた。 「そうだな、翻意しなさそうだと判断できるまでは接触を続けるように」 「かしこまりました」  段蔵が去った後、その様子を見ていた弦九郎が俺に話しかけてきた。 「御屋形様、その、夢に出てきたという人物は実在していたということでよろしいのでしょうか?」 「ああ、名前も経歴も一致したようだ」 「恐れながらその人物の名を尋ねてもよろしいでしょうか」 「別に構わないぞ。その人物、いやその男は──かつて大俵資清(おおたわらすけきよ)と呼ばれておった」 「大俵資清ですと!?」  驚きのあまり大声を出したのは弦九郎ではない。その祖父である大膳大夫だった。大膳大夫の声に他の家臣たちもざわめきはじめた。それは大膳大夫が大声を発したことよりもその内容に驚いているようだった。つまり大俵資清という名に。 「御屋形様、今大俵資清とおっしゃいましたな」  大膳大夫が物凄い形相で俺に近づいてくる。傅役の頃から大膳大夫とは付き合いが長いがこんな表情する大膳大夫は初めて見た。しかし俺はそれに臆することなく対話を続ける。 「ああ、そうだが。なんだ大膳大夫は知っていたのか」 「知っていたのかではございません。御屋形様、大俵資清は諦めなさいませ。あの男は、あの逆臣は小山に破滅を呼び寄せますぞ。たしかにあの男は那須家の重臣でしたが上那須家の家督争いの際に裏で手を引いていたと言われております。それが理由で信用されていた那須資房(なすすけふさ)殿の勘気を被り失脚したと聞きました」 「そうだな。実際は失脚の原因は資清を妬んだ大関宗増(おおぜきむねます)らの諫言らしいが」 「そこまで知っておられるなら何故……」  大膳大夫の言うとおり、大俵資清は下野国那須郡を支配する上那須家の家督争いの際に暗躍していたとされており、上那須家と下那須家を統一した下那須家当主那須資房から信用されていたがそれを妬む大関宗増らの讒言によって失脚していた。  これは俺が生まれる前の話だが、当時上那須家当主資親(すけちか)には白河結城家から迎えた資永(すけなが)という養子と資永を迎えた後に生まれた資久(すけひさ)という実子がいて、病身の資親は資永ではなく実子だが幼い資久に家督を譲ると遺言を残したとされた。  しかし周囲からは本当は信任が厚く遺言を聞き届けた資清とその父胤清(たねきよ)が遺言を捻じ曲げて幼い資久を当主に擁立させようとしたのではないか噂された。その真偽は不明だが資久と資永の間で家督争いが勃発し、幼い資久は資永によって誘拐、殺害され、その資永も下那須家当主資房と資清によって自刃に追い込まれた。後継者二名の落命により上那須家は断絶。最終的に下那須家の資房が当主となったことでふたつ分かれていた那須家は統一された。  その噂も相まって家臣たちは大俵資清を小山家に迎えることを危険視していた。その家臣たちの心情は理解できる。有能だろうと悪名高い人物を快く家に迎える者は極少数だろう。  しかし実はその悪名は作られたものだと判明している。調べたところ大俵資清に関する悪名は敵対していた那須家重臣大関宗増の所領が出所のようだった。おそらく資房に諫言した内容もそこから出たものを利用したのだろう。そもそも資親の遺言を捻じ曲げたという主張も半信半疑だ。資親が養子の資永ではなく実子の資久に家督を継がせるのは不自然なことではない。それに調べたところ、当時上那須家のほとんどの重臣が資久を支持しており、資永の人望はあまりなかったらしく、良い噂も少なかった。  またそれ以外に大俵親子は目立ったことはしておらず、家督争いで活躍した実績を資房に買われて重宝された程度しかない。むしろ領内の発展に力を注いでおり、領主として極めて有能だということが判明している。  資清が全くの聖人だとは思わないがそれでも今の噂は資清の虚像に過ぎないと思っている。 「噂のことはあえて否定するつもりはない。事実が含まれているかもしれないしな。だからこそ実際に会ってみてから判断を下すべきではないだろうか」 「しかし……」 「噂が本当なら単に俺の見る目がないだけだ。その際は好きにして構わない」  だが噂が偽りだった場合、那須家は有能な家臣を手放し小山家はその有能な家臣を手にすることになる。これは正直言ってかなりの賭けだ。資清が有能なのは承知しているがその刃が小山家に向かないとは限らない。下手すれば小山家を傀儡にすることも造作もないだろう。しかし上手く資清を卸せたなら力強い味方には違いないのだ。  危惧する家臣をなんとか諭しつつ資清がどう出るか思案を講じるのだった。

「面白かった」「続きが気になる」「更新がんばれ」と思ったら評価、感想をお願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    2,656,676

    6,406


    2022年5月29日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間22分

    この作品を読む

  • 花魁道中いろは唄

    架空の遊郭、若山 様々な感情を想い描く

    0

    0


    2022年5月29日更新

    ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼ 文政十二年、師走。尾張地方にある幕府公認若山遊郭が炎上した。 地獄の炎かと思われるような大火事に全てを奪い去られた少女、竜胆は阿部各務ヶ原守新之助に救出され、城にて保護された。 美しい少女に魅入られるように新之助の息子涼之丞は竜胆の看病を続ける。 涙を流しながら竜胆は若山遊郭の中で起こった悲劇の数々を話し始めた。 竜胆の母、椿は若山遊郭の中の傾城と呼ばれる程の美貌を備えた才色兼備の女性だった。 椿がいた楼閣は若山遊郭随一の大見世華屋という。 華屋の栄光を羨んで椿の初見世を妬む紅はその権威を失墜させようとしてある陰謀を企てた。 また、椿の姐でもある華屋お職牡丹花魁の同朋であった菖蒲は己の恋路を全うするために見世から売り上げを盗んで足抜けを企てる。 若い頃頂点を凌駕するかと言われた水仙は、年季明けを前にお茶を挽くことが増えた。歌舞伎役者の月乃介と想いを結んだ水仙が選んだ道は果たして。 江戸時代の尾張地方を舞台に華やかな遊郭花魁物語が広がる時代劇風ファンタジー。 ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼ R18版から少々緩和はしておりますが、遊郭という時代背景上、性的表現があるため苦手な方は自衛をお願いいたします。 サブタイトル前に「☆」がついているものは緩和した性描写がございます。 販売中の紙版小説が本家版です。 →https://ruitaka-call.booth.pm/ ◆アルファポリス(R18本家版) https://www.alphapolis.co.jp/novel/530015729/930633899 ◆イラスト・挿絵 イラスト、挿絵は同サークル「冷泉ことね」による著作物です。 無断転載、自作発言のないようお願いいたします。 挿絵のあるサブタイトルには◆を表示しております。 ※『この作品はフィクションです。実際の人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません』 ※『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,562,671

    4,485


    2022年5月29日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間4分

    この作品を読む

  • 遠い日の夏─秘密基地─

    夏マラソン参加作品

    5,950

    110


    2021年7月11日更新