下野小山戦国異聞 関東八屋形の復興

読了目安時間:2分

エピソード:5 / 132

はじめましてRosenと申します。よろしくお願いします!

転生編

プロローグ

「おお、これが我が子か! 良い顔つきをしておる」  知らない若い男の声で目を覚ます。  ここは一体どこだろう。  目を開いてみるが、どういうわけか視界がぼやけていてよくわからない。なんとなく近くに人らしき姿を確認することはできたが、その人影は自分の何倍も大きい。まるで巨人だ。  すると近くにいた人らしき影がぼーっとしてた俺に近づいてきて手を伸ばしてきた。俺はなんとかしてその手から逃れようと身体を必死に動かそうとするも、手足をばたつかせることしかできない。  結局ほとんど抵抗できずにあっけなくその手に捕まってしまい、そのまま抱きかかえられてしまった。 「これ、お前様。そんな大きな声をあげたらこの子が驚いてしまいますよ」  どうやら自分を捕まえたのは女性だったらしく、そのまま膨らみがある胸元に抱きよせてきた。女性の肌からはほんのり甘い匂いがしたと同時に妙な安心感を覚えた。  そのせいかは知らないが、突然猛烈な眠気が襲ってきた。正直何が起きたのか全然わかっていないのに、自分が危機感とかパニックに陥っていないことにも気づかないまま、その眠気に誘われるように瞼が重くなっていった。  だめだ……意識が……ぐぅ 「おや、眠ってしまいました。てっきり誰か様の大声で泣いてしまうかと思いましたが」 「それはすまなかった。しかし待望の嫡男が産まれたのだから仕方なかろう」 「そうですね。それに初めての子供が立派な男児でほっといたしました。ところでこの子の名前はいかがなさいますか? 」 「それについては今さっき決めたぞ。こやつの名は犬王丸だ。赤子の癖に儂の大声にも全く動じぬのだ。ここまで肝の据わった赤子はそうはいまい。いずれ儂の名跡を継ぎ、この()()()を大きくしてくれるだろう」  母親の腕の中ですやすやと眠る赤子──犬王丸を見つめながら若い男性──小山左京大夫政長は慈愛の表情を浮かべる妻とは対照的に厳しい表情を浮かべていた。  政長は見逃さなかった。母の中で眠る赤子の瞳に一瞬理知的な自我が浮かんでいたことを。 「はたして生まれたのは獅子か物の怪か」  妻には聞こえないように、そうつぶやいた。

「面白かった」「続きが気になる」「更新がんばれ」と思ったら感想ください!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む