現代/青春ドラマ 短編 完結済

潮の手紙

作者からの一言コメント

磯の香りが誘う、姉弟の日常の切れはし

読了目安時間:6分

ささいなことで姉と喧嘩した弟。 ふたりはどちらも意地っ張りで照れ屋さん。 弟は許してもらえないまま五日のときが経ち、顔馴染みの骨董屋に相談を持ち掛けた。 本当に何もない、ただ彼らのお話。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 潮の手紙
作者名 紫蛇ノア
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ほのぼの 現代日本 日常 ノベプラオンリー 文字の魚のコンテスト
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月18日 2時15分
最終投稿日 2020年9月18日 2時16分
完結日 2020年9月18日 2時16分
文字数 2,779文字
読了目安時間 6分
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,300pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    2,400

    50


    2021年5月15日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 私はそんなに文章が得意ではなく、書きながら上手くなりたいというところで執筆を始めました。マンドリンについて知らなくても楽しめるようなアツい青春部活ものの路線を目指していますのでぜひお気軽にお読みください! マンドリンは世界的に見ても日本で特に盛んな楽器です。しかし一般の方々への認知度は非常に低いです。しかし楽器としてとても優れた楽器であり、特に高校のマンドリン部では毎年夏に開催される全国大会も熱く、愛好家の間で大変盛り上がります。 そこで、もっとマンドリンの認知度を上げることができたらと思い、この作品を執筆することになりました。ご覧いただいた方がインターネットでマンドリンオーケストラについて検索し、その音色を味わっていただけたらとても嬉しいです。楽曲名や作者名はサイトのガイドラインを見ながら特に、存命の作曲家や作品については慎重に扱いながら進めます。そのために私のイメージを100%皆さんに伝えることができるかやや不安もありますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。 ※目次最初の「マンドリン・音楽関連用語解説」と、章ごとの「キャラクター紹介」があるため、本編の文字数と表示されている文字数は異なります。 ※すでに「小説家になろう」さんのサイト内でかなり連載しているため、そちらに追いつくまでは一日複数話を更新していく形をとります。(毎日8時台、11時台、14時台、17時台、20時台、23時台、1時台を目安に公開しています。) あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。そのため、あとがきに該当する話数をつけてあります。 挿絵を追加しました。イメージしやすいようにマンドリンを描き、ちょっと文芸本の表紙っぽくしてみました。

    読了目安時間:6時間10分

    この作品を読む

  • 麗しのサブマリン

    女ピッチャーが草野球する話

    1,500

    0


    2021年5月15日更新

    ライバルがいた。 リトルリーグで女の子ピッチャーをつとめた西原ヒカリは周りの男の子は簡単に三振に討ち取れるのに、一度も空振りの三振に討ち取れないライバルがいた。 彼の悔しがる顔を見るのが夢。 だがある日、ライバル石崎隆から放たれた一球が運命を変えた。 2006年発表 Pixivより修正なしで転載

    読了目安時間:1時間40分

    この作品を読む