前へ

目次

次へ

初恋の音はクレッシェンド

北風が肩を撫ぜる。 もう随分と肌寒い季節になってきた。 このくらいの時期になると、いつも思い出すことがある。 ねえ、覚えてる? 私たちが初めて出会った日のこと。 当時私は高校生で、貴方は私のクラスの担任の先生だったね。 親の都合で2年生の夏休み直前に転校してきたものの、なかなかクラスに馴染めずに一人になりがちだった私を、貴方は自分が顧問を務める吹奏楽部に誘ってくれた。 特にやりたかったこともなかったし、と軽い気持ちで部活に入ったけれど、貴方の指導はとても分かりやすくて、いつの間にか私は音楽の世界にのめり込んでいった。 夏服ではもう寒いなぁなんて感じるようになったある秋の日、部活からの帰り道で忘れ物に気付いて部室に戻ると、一人でピアノを弾く貴方を見つけたの。 一心不乱に鍵盤を叩く貴方の姿は、普段のどこか物寂しそうな雰囲気とはまるで違い、何故だか私はその場を動くことができなかった。 思えばあの時から、私は貴方に恋をしていた。 いけないことだってわかっていたけれど、だんだん強くなっていく貴方への想い。 ねえ、気付いてた? 少しでも貴方に近づきたくて、私、わざと譜面が分からないフリをしていたの。 特別に個人指導をしてくれた時、貴方はピアニストになりたいという夢を諦め、教師の道を選んだことを教えてくれたね。 心底残念そうに話していたけれど、そのおかげで私たちは出会うことができたんだから、人生って本当に不思議だよね。 将来の夢なんてなかった私は、とにかく貴方だけが全てで。 貴方に褒めて欲しくて、貴方に認めて欲しくて。 私は、貴方の夢をなぞるようにピアノに打ち込んだ。 その哀しそうな瞳を一瞬でも輝かせることができるのなら、私はなんだってやった。 あれからもう、10年もの歳月が経ったんだね。 私は今、ピアニストとして世界中を飛び回る生活をしている。 この10年間は、本当にいろんなことがあった。辛いこともたくさんあったけど、ようやく貴方の夢を叶えることができた。 鍵盤を叩く私の左手には、誓いの指輪が光っている。 大好きな人と、夢を叶えた私たちを祝福するように。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • さようなら、べーさん

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    1,300

    0


    2021年3月29日更新

    両親や友だち未満の理子にヘルプされて、不治の病で完全に管理された環境で、どうにか生きさせてもらってきた沙夜ちゃんは肺疾患の死期の近いべーさんに出会います。これは美しい南国を走るオレンジのバスの話です。 子供を残す事が体力的に許されないべーさんと不治の病の遺伝子を後世に残して良いのだろうか?という倫理的に許されない沙代ちゃん。この「二人の結婚」を見まもるお堅い医療従事者と真面目な(笑)運転手という仲間達にもちろん照れまくる二人なのですがそこには「愛があるので」メンタル豆腐でも耐える二人のしっちゃかめっちゃかな、ラブストーリーです。特にべーさんが沙代ちゃんを口説くシーンに共感していただけたら書いた甲斐があったというモノです。おぼこい沙代ちゃんがどうやって、べーさんのモノになるか?楽しみに読んでください。 南国の目まぐるしくかわる美しい景色。たとえば、昼頃の飛び魚達がとびかう綺麗な碧色の海。夕暮れの茜いろの豪奢な調べ。満点の夜空に輝くサザンクロス座。とても素敵な環境です。 便利なセレブ用の移動バスなので、前方は救急車みたく、後方はラウンジやキャンピングカーの様にくつろいだり、自炊が出来ます。 さようならべーさんなので、沙代ちゃんはべーさんと引き裂かれる運命です。それでも、二人の体や心の中には蓄積された愛がみなぎるかの様に溢れています。さて、この二人本当にこのまま運命に引き裂かれて、良いのでしょうか?

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 満月の夜に

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    3,500

    0


    2021年4月2日更新

    引きこもり児童のとももは高校最後の年も、学級委員の差し入れてくれるノートだけで、まん中くらいのテストの点で出席を誤魔化していた。母が夜間パートと父が遠方に出張中だから、バレずになんとかやってきた。ところが、ある日学級委員が黒猫の子猫を押しつけてきた。里親が見つかるまでと費用は学級委員持ちで、とももは悪戦苦闘しながらも子猫の家族になってゆく。お別れが寂しいねと話していたら、ある満月の夜に「次の満月の晩、最初で最後の結婚」をしようと、子猫ごろにゃぁから生えた男の人の生きす魂に申込まれる。さあどうする?対人恐怖症の、ともも。人間のごろにゃぁと最初で最後の契りをするのか?猫人のごろにゃぁとモフモフするのか? 満月の夜は近い。 そして二人の決めた最初で最後の結婚後、とももは母にごろにゃぁの事をちゃんと話し、健康寿命まで責任もって飼いたいとねだる。母はとももには引きこもりのとももの為に内緒で全て工作していた父から善きにと言われてたので、まんざらいい返事をしてくれた。幸せな未来しか見えないとももとあたたかい家族と学級委員に、とももの引きこもりは長い時間をかければ治るかもしれない?と誰もが思ったその時、とももに何かがおこり、メロウなエンディングにならないと涙する両親。いったい、とももには何がおこったのでしょう?そしてごろにゃぁととももの行く先はどーなるどーなる。 悲痛なごろにゃぁの叫びは、とももとごろにゃぁの縁組みを最後まで保証するのか?

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る