現代/青春ドラマ 短編 完結済

夢の先のユメ

作者からの一言コメント

今年、夢や目標を失った人へ

「今年の全国大会は、中止が決まったそうだ」 その瞬間、おれの高校3年間の「意味」が崩れ去っていく音が、たしかに聞こえた。 ※9/6のジャンル別日間3位ありがとうございます!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 夢の先のユメ
作者名 まり雪
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ AMG夢コン 男主人公 現代日本 学園 ノベプラオンリー 日常 ハッピーエンド 部活動 吹奏楽 恋愛 青春 幼なじみ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月6日 7時12分
最終投稿日 2020年9月6日 7時13分
文字数 1,591文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 10件
応援ポイント 5,500pt
ノベラポイント 350pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 軍隊のゴハン以外にも興味はありますか?

    ♡94,755

    〇225

    エッセイ/評論/コラム・連載中・10話・22,398字 春ノ嶺

    2020年9月28日更新

    もう解散なんです!!(ネタ切れ的な意味で) なんて理由で10文字もいかないうちに終わったミリメシエッセイ、「別にレーションにこだわらなくてもよくね?」とかいう革命的な手段で奇跡の復活。 レーションって何? 缶詰? カロリーメイトの親戚? いいえレーションとは兵士が配給されるすべての食糧を指します。レーションを見れば国の歴史がわかる、どれだけ強いかわかる、あと予算もわかる。そんなレーションを紐解……くのはもう終わったので、 面白そうな話だったらなんでも紹介していきまーーす☆

  • 人は誰しも悪意を抱えている

    ♡2,500

    〇0

    ホラー・完結済・8話・19,906字 凛灯

    2020年9月27日更新

    あるクラスメイトが学校を休んだ。委員長の莉奈は、友達という関係にはなり切れていないその少女のことを心配して、彼女の家に向かうことになる。最近、噂になっている「悪意を喰らう化け物」。その噂を心に留めたまま、莉奈はクラスメイトの安否を確かめに行くが――? 人は誰しも心に悪意を抱えているものだよ。果たして、その悪意に人間はどれだけ抗っていけるのだろうね。 ■■■ 普段、CoCシナリオを書いているので、その勢いでコンテスト用に書き下ろしました。短時間で遊べる現代日本が舞台のシナリオ風になっております。一部グロテスクな描写を含みますので、苦手な方はご注意ください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕と心を読む不思議な少女とのストーリー

    ♡48,900

    〇25

    現代/青春ドラマ・連載中・47話・109,249字 彩羽 心(いろは こころ)

    2020年9月28日更新

    キャッチフレーズ 裏切られ心の傷を負った僕が出会った、心を読む少女との不思議なストーリー あらすじ 中学校で裏切られた経験から人を疑うようになった椎弥。 入学して出会った一人の少女は人の心を読めるという。人の心を疑う少年は人の心を読める少女に惹かれていく。 人の心を読める少女の生い立ちとは……ふたりの間には何が待ち構えているのか。 高校生活を通じて椎弥が経験した日常を交えた物語が始まる。

  • 大胸筋が嘆いてる!

    ♡26,700

    〇100

    現代/青春ドラマ・連載中・16話・21,842字 帰ってきた緑龍寺

    2020年9月28日更新

    高玉高校に通う高玉真凛(生徒会)は表向きは生徒の鏡である。しかし、その実態は放課後にパチ屋へ赴き、パチスロを打ち込むスロッカスであった。或る日、遂に真凛は台選びをミスって負け続けてしまい、軍資金が底をつく。資金巡りをしたい真凛だったが、彼女の通う高校はバイトを禁止している進学校である。バイトしているところを生徒や教員たちに見つかってしまえば、退学になる恐れがあった。 悩みに悩んだ真凛は、幼馴染の瑞龍寺アスカに頭を下げ、軍資金を借りようとする。話を聞いたアスカは「いいバイトがあるよ!」と、誰にもバレずに稼げる仕事があると提案をした。好条件だと思った真凛は、やる気に満ちる。 放課後、アスカの部屋に行く真凛。すると、アスカはノートパソコンを立ち上げて、あるアプリを開く。それはREALITYというアプリだった。画面には2Dの可愛らしい女の子が……。スタンドマイクを用意した彼女は「今からお仕事だから、見てて」と真凛に仕事内容を見せる。画面端に移るチャットをブリブリぶりっ子ボイスでアスカは読み上げていき、内容に応えていく。実は彼女が真凛に薦めていた仕事というのは、今流行りのVtuberだった! アスカが話す度に、リスナーからギフトが届き、投げ銭が表示される。そこそこ人気のある彼女は、このライブ配信で2万円を稼いだ。真凛は「これだ!」と確信し、Vtuberを始めることを決意する。次の日から、放課後にアスカの自宅へ赴き、Vtuberとしても指導を受けた。 真凛の可愛らしい声や、アスカの紹介もあり、人気が伸びていく。しかし、生粋のスロッカスである真凛のスロット愛が再び目覚め始め、リスナーの理想とかけ離れたVtuberへと狂い始める……。