連載中 連載

この異世界の救いよう

作者からの一言コメント

異世界 × バトル × サスペンス!

ゲームタワーという謎の施設で名を馳せたプレイヤー・神坐流(かみざ・りゅう)は、気が付けば彼の住む世界とは異なる世界の少年、ウィルク・アルバーニアになっていた。 ウィルク少年としての記憶は一切なく、全く理解の範疇を超えている状況から、リュウはウィルクの意識をその身体に呼び戻すため、奮闘することになる。 何故、リュウはウィルクの身体に宿ったのか? 果たして、ウィルクを元に戻すことが出来るのか? そして、それらの謎を探るリュウは、徐々に彼自身をその異世界の危機へと近づける。 それに伴い、リュウには“大”が付くほど馬鹿な仲間達が寄り添っていく。 珍道中での出会いと別れ。そして衝突する宿敵達。 これは、ある社会不適合者の青年が、わけもわからず異世界の天才少年の身に宿り、世界の存亡を賭けた戦いに参加するファンタジーサスペンス。 そして同時に、この世界に己のセカイを削る価値があるのかを問われる、選択の物語。 ※小説家になろう様でも公開しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
この異世界の救いよう
作者名
山葵たこぶつ
セルフレイティング
暴力描写あり
初掲載日
2019年9月6日 18時09分
最終投稿日
2019年9月16日 0時22分
文字数
158,578文字
ブックマーク登録
13件
コメント/スタンプ
32件
応援ポイント
6,770pt
ノベラポイント
115pt