ミステリー 短編 完結済

チーズを食べよう

作者からの一言コメント

友達の失恋はチーズのせい? 全22回。 

読了目安時間:43分

総エピソード数:22話

チーズを食べようの表紙

若いカップルのミカとシンは、昼食を食べながら話をしていた。 二人は、商品名が地名であるのに、その地名の示す場所とは何の関係もない食品があるという話をした。 その後、ミカは自分の友達の久美のところで起きた出来事の話を始めた。 新しくできた彼に、食品の詰め合わせを作ってプレゼントした、というのだった。 そのプレゼントは、贈り手のセンスを発揮して、慎重に選んだものを集めた自信作だった。 しかし、中身が腐っていたと言って彼は怒っているという。 なぜそんなことになったのか?  シンとミカも頭をかしげる。 考えれば考えるほど、ありえないことに思える。 一体なにがどうなったのだろう? [レイティングについて] マークするほど刺激的な描写はありません。 刺激的ではありませんが、若い男女のカップルの二人が手をつないだり、腕を組んで歩く場面はあります。 [表紙画像:フリー素材] Original photo: Pexels/Jennifer Murray, https://www.pexels.com/photo/sliced-cheese-served-on-white-tray-1200667/

総エピソード数:22話

作品情報

作品名 チーズを食べよう
作者名 久里絢
ジャンル ミステリー
タグ 日常生活 カップル 現代日本 ミステリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年6月3日 18時00分
最終投稿日 2022年6月24日 18時00分
完結日 2022年6月24日 20時49分
文字数 21,729文字
読了目安時間 43分
総エピソード数 22話
ブックマーク登録 1件
コメント 3件
スタンプ 21件
ビビッと 3件
応援ポイント 20,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • この満ち足りた匣庭の中で 三章―Ghost of miniature garden― 【ゴーストサーガ】

    連続殺人ホラーミステリ、最後の出題。

    200

    0


    2022年7月1日更新

    出題篇PV:https://www.youtube.com/watch?v=1mjjf9TY6Io 幾度繰り返そうとも、匣庭は――。 『満ち足りた暮らし』をコンセプトとして発展を遂げてきたニュータウン、満生台。 その裏では、医療センターによる謎めいた計画『WAWプログラム』が粛々と進行し、そして避け得ぬ惨劇が街を襲った。 舞台は繰り返す。 三度、二週間の物語は幕を開け、定められた終焉へと砂時計の砂は落ちていく。 変わらない世界の中で、真実を知悉する者は誰か。この世界の意図とは何か。 科学研究所、GHOST、ゴーレム計画。 人工地震、マイクロチップ、レッドアウト。 信号領域、残留思念、ブレイン・マシン・インターフェース……。 鬼の祟りに隠れ、暗躍する機関の影。 手遅れの中にある私たちの日々がほら――また、始まった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 狂おしい棘~My beloved my Dirty Queen~

    アダルトでダークなサスペンスロマンスです

    0

    0


    2022年7月1日更新

    リチャード・ターナー、イコノスタスにある投資銀行ザカリヤ・ホールディングスのCAO(最高経理責任者)。36歳という若さで要職につき、世間では「ミドルエイジのカリスマ」などともてはやされていたリチャードだったが、私生活では人生への倦怠感と虚無感に苛まれる日々だった。そんな彼の前に、同僚のクラレンス・デイヴィスの姪、カホが現れた時、彼の人生は鮮やかに変化していくが、同時にそれは堕落への序曲だった……。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界騎士団の広報しない広報係~ゆるふわゴリラは溺愛に定評があります~

    ゆるふわ主人公が愛と物理で幸せになるお話

    378,760

    460


    2022年6月16日更新

    人気配信者グループとして活躍する「四重奏(カルテット)」の4人は、トップ配信者を決めるランキングの殿堂入りを目前に控えていた。 しかし授賞式の前日、何者かの手によって「奈落の底」と呼ばれる世界へ強制転移させられて、離れ離れになってしまう。 四重奏の綾那(あやな)は運よく現地の騎士、颯月(そうげつ)に保護されたものの――メンバーの安否が分からない上に探す手がかりもなく、不安な毎日を過ごす事に。 颯月に勧誘されたこともあり、当座の生活資金を得ようと人手不足に困窮する騎士団の広報を目指すのだが……スパイ疑惑を掛けられたり「怪力」と呼ばれる特殊能力で人助けをしたりしながら、配信者として培った経験を駆使して騎士の宣伝動画を作ろうと奮闘する。 悪魔や魔物が蔓延る世界で、果たして無事にメンバーと合流できる日は来るのか? というかこのゆるふわゴリラ、全く広報していないぞ!? しかも颯月は婚約者もちにもかかわらず、事あるごとに綾那を誘惑してきて……? 日を増すごとに残念なイケメン化する颯月と、彼がタイプ過ぎて全く誘惑に抗えていない綾那の戦い(?)が今、幕を開ける。 ※小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、エブリスタ(敬称略)でも掲載しています。 予告なく下ネタが飛び出ます。挿絵は各章の登場人物紹介のみです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:61時間41分

    この作品を読む

  • 汗と筋肉 眼鏡にそばかす

    コンビニの駐車場で出会う筋肉と眼鏡

    1,800

    5


    2022年7月1日更新

    羽柴冷凍運輸に勤めコンビニにアイスや冷食を納品する青年畠山泰明。ある日彼がコンビニで休憩し汗まみれの肌着を着替えていると自分を、見つめている視線に気付く。彼を見つめるのは近くの美大に通う女子大生、真田明梨。毎日汗水たらし労働する細マッチョの泰明と眼鏡にそばかす顔の明梨、二人は出会いやがてお互いかけがえの無い存在へとなっていく……のか? pickupコン参加作です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む