女神に騙されてから始まる異世界生活

読了目安時間:3分

第2話 盗賊と孤児

転生してから1ヶ月後のある日、家の外が騒がしくなると罵声が聞こえてくる 「ルーセリオ森に逃げなさい!!早く」 母親は慌てながら言うと家の外に慌てて出ると剣を持った男が近付いてくる 「ルーセリオ走って」 母親は必死にルーセリオの手を握って逃げ始めると後ろから追いかけて来た盗賊が母親を背中から斬りつける 「ぎゃぁーーーー!」 倒れ込む母親は必死にルーセリオを逃がそうと盗賊に抱きつく 「逃げて!!早く!!逃げなさい」 母親は必死に叫ぶ 「無駄な抵抗を!!」 盗賊は剣を母親に突き刺すとルーセリオに笑みを浮かべて剣を抜くと鮮血が飛び散る 「うおーーー!」 ルーセリオは叫ぶと盗賊の顔面を殴ると剣を奪い振り下ろす、盗賊は振り下ろされた剣が頭に直撃を受けてその場に倒れる 「クソガキ!!よくも!!」 ルーセリオを見た盗賊が走ってくるとルーセリオは【神速】を使い間合いを詰めて剣を突き刺すと必死に次々と盗賊を倒し始める 返り血だらけになりながら立ち尽くすルーセリオ周囲には盗賊の死体が転がっている 「終わった・・・うわーーーー!」 ルーセリオは涙を流しながら叫ぶと剣を落とす、周囲の生き残っている村人達が呆然と見ている 村長の奥さんがルーセリオの返り血を拭い着ていた服を別の服に着替える様に言うとルーセリオは着替えながら身体に付いた血を見てふらついている。 そして、日が暮れると両親がいなくなった家で1人寝ることにする。 身体中ガクガク震えながら1人でいると村長の奥さんが見付けて優しく抱き締めて 「もう大丈夫だからね、本当にありがとう」 優しく言うとそのまま一緒に寝てくれる 2日後村長に呼ばれる 「ルーセリオ、討伐した盗賊の持ち物を確認してくれ、討伐したのはルーセリオだからお前が持ち主になる」 村長が言うとルーセリオは集められた武器と防具を見る 「これを売って当面の生活費にすると良い・・・当面はこの家で過ごして良いが、どうする?」 「え?どうする?」 「お前の両親だけでなく7人も死んだ、そしてお前は孤児になったから、今後どうするかだ!生活費と税が納められなくなったら、村としては奴隷として売るしか無くなる、2年後成人したら、決めなくてはならない・・・どう生きていくか、少し考えてほしい」 村長が真剣に言うとルーセリオは考える事にすると村長の奥さん相談して、奥さんは色々な事を教えてくれる 冒険者しかないかな・・・だけど未成年で出来るのか?成人するまで身体を鍛えてなるか?そのままこの村で農民をするのか?猟師でもなるか?ルーセリオは考えながら外の木陰で寝転んで空を見上げている 目を瞑りステータスを見ると職業欄に2つ増えている、【小さな勇者】【小さな賞金稼ぎ】何で増えたのか考えるとルーセリオは職業を変更してみると職業によりスキルが少し変わるが変わらないスキルもある、レベル1の職業より村人に職業をしておくことにする 「やっぱり冒険者になるかな?」 ルーセリオが呟くとこれからどうやって生きていくか考えを巡らせている 「冒険者になるにはどうすれば良いですか?」 ルーセリオは真剣に村長に聞く 「冒険者か・・・カゼリアバストの町に冒険者ギルドがあるが、未成年ではなっても直ぐに死ぬぞ」 村長が言うと奥さんが心配そうに見ている 「そうですよね・・・このまま1人で村に住んでも生活が出来ないと思うので・・・」 「わかった・・・少しの間村で猟師をしてから冒険者になる事が1番だと思うがどうだ?」 村長が考えながら言う 「解りました!よろしくお願いします」 ルーセリオは笑顔で言う 「試しに1ヶ月後、今回の盗賊の武器と 防具を売りに行くと良い、その時に冒険者になれたら帰ってこなくても良いが、後盗賊のソウルカードを騎士の詰所にも持って行く事」 村長が真剣に言う 「ソウルカード?」 「人が死ぬとソウルカードが現れる、そしてソウルカードを確認して盗賊で有れば、懸賞金が掛けられている可能性もある」 村長が言うと黒いソウルカードを並べて見せてくれる 「ただの黒いカードですよね・・・何も書かれてないですけど」 「ソウルカードを読むスキルが有れば読むことが出来る、騎士なら可能だ」 「解りました、ありがとうございます」 ルーセリオは笑顔で言う

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死に逝く空の彼方に ~腐食の霧と天空奏者~

    最後まで読めるかな?

    13,500

    90


    2021年3月15日更新

    ■注意書き■ 当作品に出てくる登場人物・組織・国家はフィクションであり、実在する人物・組織・国家とは関わりを持ちません。 一部グロ・エロ表現含むことがございます。 ■お知らせ■ 10/12 タイトルと章の表示の仕方を変更いたしました。 ■あらすじ■ 奇形種と呼ばれる生物の脅威に晒された世界。 そこで十年前に人類の敵として討伐された奇形腫は二人の子供を育てていた。 一切の抵抗をせず子供を逃がそうとしたが惨殺され、彼も命を散らした。 死んだ子供達に、 「お前達を愛している」 といい残して。 雨のプラットホーム、主人公のソルトは空を見上げる。 覆われた空の向こうに思いを馳せるように。 駅のホームで出会った巨漢の男は奇形腫討伐組織【紅の空】の第七部隊隊長イクシ・ブロードとの再開で彼の運命は大きく動き出す事になる。 これは強引に第七部隊副隊長に任命されたソルトの活躍を描く物語――ではなく、惨殺された二人の少年が行き着く一つの【空】のお話……に繋がる一つの軌跡。 【奇形種は人類の敵であり、能力者は奇形種に対抗する希望となるだろう。 だが人々はいずれその希望の灯すら、敵と罵り貶める時が来るだろう。 ならば人と奇形種と堺はどこにあるのか…… ――アルベド・ハルベル】 今ここに第一の空の物語が動き始める。 死に逝く空の向こうで奏でられる第一の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間6分

    この作品を読む

  • イワナガとちる

    お山の異変に挑む天然青年の和ファンタ

    100

    0


    2021年6月18日更新

    近頃強い瘴気を放つお山がある。そのお山を助けてやってほしい。父スサノオの頼みにより、青年ヤシマジヌミはお山へ上る。道中、足を滑らせ怪我を負った彼を介抱したのは、イワナガと名乗る顔を隠した娘だった。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    111,000

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間47分

    この作品を読む

  • チートで護る現実《この》世界 ー乙女達は今日も異能者を捕縛する―

    腐敗の夏、乙女達は命で駆ける

    285,674

    43,482


    2021年6月14日更新

    『この現実は君の青春で綴られている』 学園の生徒達が異世界へと転生、転送されてしまう神隠し事件。 『異世界問題』 今日も今日とて異世界に消えた生徒達を救出すべく活動する『生徒会』 生徒会に所属し、異世界と現実を行ったり来たりと忙しい日々を送る綴喜メクルと仲間達。 そんな高校二年の夏、ようやく異世界から何度目かの帰還を果たした、その日、メクルは決意する。 「私、今からいっちょ愛の告白って奴を、してこようかと思います」 彼女には計画があったのだ。 構想3年、長きに渡る恋煩い、片思いの彼と今年こそは夏の思い出を作る大計画だ。 祭り、花火、海水浴、図書館での密かな逢瀬、まさかまさかのお泊り企画まで、 そう、彼女には計画があったのだ。 彼がトラックにふっ飛ばされて異世界へと消えてしまう、その前までは。 片恋慕の彼を追いかけようとするメクル達だったが、その前に現れた謎の男。 異世界にて異能を授かり、自力で帰還した異能者。 『レイズデッド』の登場により、現実世界は緊急事態。 死者を蘇らせるチート能力で現実世界を翻弄するレイズデットと、 異能者捕縛のエキスパート、彼女達『図書委員』の命を賭けた追いかけっこが始まった。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合。 メクルの恋の行方はどうなることやら。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

    読了目安時間:7時間42分

    この作品を読む