Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

女神に騙されてから始まる異世界生活

読了目安時間:5分

第4話 リドルと初めての迷宮と盗賊

 冒険者ギルドを出ると、後ろから、数人の男が付いてくる 「御主人様、つけられています」  セリスが真剣に小声で言うと、ルーセリオの腕に抱き付く 「面倒になるから、騎士団の詰所の近くに向かおうか?」  ルーセリオが呟くと、セリスが頷く  しばらく、歩いていると、前から男達が現れる 「ここは通れない! 大人しくしろ」  男が笑みを浮かべ言う 「人が多い所で襲って良いのですか?」  ルーセリオが微笑みながら言う 「小僧!! 度胸は認めてやる! 良い奴隷に囲まれやがって!! あの世で後悔しな!! 殺れ!!」  男が怒鳴ると、男達が笑みを浮かべながら、近づくと、ルーセリオは、鑑定で男達のステータスを見る 「盗賊か・・・みんな抵抗出来ないように、叩き潰せ」  ルーセリオが男達を見ながら言う 「キャーー!!」 「武器を捨てな!!」  ルーセリオが後ろを見ると、男がルシアの首筋に短剣を突き付けている 「有り金全部出して、女達を置いて消えな!! ハッハッハッ!!」  男が言うと、大笑い始める 「ルシア、もう良いよ、殺さなかったら、四肢砕いてね」  ルーセリオが笑顔で言うと、ルシアは、短剣を持つ手を掴み、下に抜けると、飛び上がりながら顎を殴りあげる。男がよろめくと、股間を蹴りあげ、男が踞ろうとすると、顔面を殴り男が地面に倒れる 「殺れ!! 後悔させてやれ!!」  男が慌てて叫ぶと、男達が武器を抜いて、襲いかかる  クレアは、槍で凪払い男達が壁に吹き飛ぶと、リドルが殴り始める 「御主人様に歯向かう者は、許さない!! 」  リドルが叫びながら、ボコボコにしている  セリスは、男の手を掴むと投げ飛ばして男にぶつけると、ルーセリオは、殴り股間を蹴りあげていく 「つつつっ強い!! 逃げるぞ!!」  男が慌てて叫ぶと逃げようとする 「逃げれますか? 御主人様を脅して、武器を向けて、許されますか? 悪いのは、その手ですか?それとも、その足?」  セレストリアが微笑みながら言う 「この獣人め!!」  男が剣で突き刺しに来ると、セレストリアは、足を蹴り転ばせると、腕を掴みへし折る 「ギャーーーーーー!!」  骨の砕ける音がすると、男が悲鳴をあげる 「この腕も悪いのですか?」  セレストリアが、笑みを浮かべながらへし折っていく 「ぎゃーーーー!! 頼む!! 許してくれ!!」  男が叫ぶ 「この足もかしら?」  セレストリアが笑みを浮かべながら足を掴むと、セレストリアを見ている男達は、震えながら座り込んでいる 「何をしている!!」  騎士が走ってくると、ルーセリオを見て苦笑いする 「死ねと言われて、襲われたから、キレちゃったみたい」  ルーセリオが笑顔で言うと、骨の砕ける音と、男の悲鳴が聞こえる 「盗賊か・・・襲う相手が悪かったな」  騎士が苦笑いして言う 「セレストリア、そろそろ引き渡そうね」  ルーセリオが真剣に言う 「まだ全員の四肢を砕き終わってないです。 御主人様に武器を向けて、これぐらいで済ませるのですか? あ!! 指を砕くの忘れていました!!」  セレストリアが、笑みを浮かべ、最初の男の手の指の骨を砕き始める 「セレストリア、そのぐらいで、騎士に渡しましょう」  セリスが止めると、ルーセリオを見てから、ルーセリオの後ろに来る 「連行しろ!!」  騎士が言うと男達を拘束して、詰所に連れていく  騎士の詰所に到着すると、クレーセルトが笑顔で待っている 「ルーセリオを襲う方が悪い!! この町で最強だからな」  クレーセルトが笑いながら言う 「面倒事は、嫌ですので、帰っても良いですか?」 「装置に触れてくれ」  クレーセルトが笑顔で言うと、ルーセリオが装置に触れる 「剣聖か・・・やっぱり襲った方が悪い」  騎士が呟く  騎士が報告に来る 「盗賊でした、余罪も吐いています。3人賞金がかかっています」  騎士がクレーセルトに伝える 「ルーセリオ、帰って良いぞ! 後始末しておく」  クレーセルトが笑顔で言うと、ルーセリオ達は宿屋に帰ろうとする 「宿屋まで護衛します。また襲われても困ります」  騎士が笑顔で言うと、宿屋まで送ってくれる 「御主人様、お帰りなさい」  メリカとフレイが笑顔で出迎えてくれる 「メリカ、フレイ、ただいま、食堂でご飯食べてから、部屋に戻るよ」  ルーセリオが笑顔で言う 「はい、御主人様」  メリカが嬉しそうに言う 「明日の蜂蜜と蜜蝋です」  ルーセリオが笑顔で言うと、蜜蝋を出して、蜂蜜を渡す 「明日の朝も任せておけ」  主人が笑顔で言うと、フレイが手伝い厨房に持っていく  席に座ると、メリカとフレイが、次々と料理を持ってくると、みんな美味しく食べ始める  部屋に戻ると、着替えて、セリスとクレアとセレストリアとルシアが、武器防具を手入れを始めると、ルーセリオは、魔石を魔晶石に吸収を、始めると青色に変わる 「青か白金金貨1枚になったね」  ルーセリオが笑顔で言う 「この頃、収入よりも、出費が多かったので、良かったです」  セリスが笑顔で言う 「武器と防具買い集めたからね、賞金も沢山貰ったから、収入も大きかったよ」  ルーセリオが笑顔で言う 「家買うと、かなりの出費ですよね?」 「まだ、これを使ってないからね」  ルーセリオが笑顔で、白金大金貨を取り出す 「あ!! そうでした!」  セリスが笑顔で言う  セリス達が手入れを終わると、セリス達がお湯を持ってくると、体を拭き合うと、ルーセリオは一人づつ体を念入りに拭き始める 「もっと・・・もっと・・・ぁ!」  セリスが声を出さないように、我慢しながら呟く 「御主人様・・・セリス御姉様ばかり」  ルシアが耳元で言う 「ルシア、セリスの下を舐めてあげてね」  ルーセリオが微笑みながら言うと、ルシアがセリスの舐め始める 「ルシア!! ぁ!! ダメーー」  セリスが、ルーセリオの手を握り締め必死に声を出さないようにしている。ベットにセリスを寝かせて、ルーセリオが見ていると、クレアも舐め始める 「セリス御姉様を満足させれば、独り占め出来ません」  クレアが言うと、セリスの胸を触りながら舐め始める 「あーーー!」  セリスが我慢できなくなって、声が漏れ始めると、手で口を押さえ始める  セレストリアがランタンを消すと、暗闇の中で、セリスの喘ぎ声を聴きながら、セレストリアがルーセリオの奉仕を始めると、ベットの軋む音が響き始める

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 悪役令嬢ちゃん

    松本 せりか

    ♡500pt 〇100pt 2021年3月24日 8時34分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    松本 せりか

    2021年3月24日 8時34分

    悪役令嬢ちゃん
  • 男戦士

    松本乘秀

    ♡1,500pt 2021年3月24日 8時25分

    セレストリア益々恐ろしい。ルーセリオが関わると情け容赦なく相手をボコボコにする。そしてこのパーティは個々が強いからいろんな意味でチート‼️

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    松本乘秀

    2021年3月24日 8時25分

    男戦士
  • 女神官

    桂崇

    2021年4月11日 20時16分

    いろんな個性持たせるのが、大変ですが成長も楽しみにしてます

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桂崇

    2021年4月11日 20時16分

    女神官
  • 化学部部長

    羽之 晶

    ♡400pt 2021年3月24日 8時33分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良いものを見せてもらった

    羽之 晶

    2021年3月24日 8時33分

    化学部部長
  • 女神官

    桂崇

    2021年4月11日 20時16分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    桂崇

    2021年4月11日 20時16分

    女神官
  • ステラ

    ラウンド

    ♡100pt 2021年3月24日 13時46分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    お疲れ様です

    ラウンド

    2021年3月24日 13時46分

    ステラ
  • 女神官

    桂崇

    2021年4月11日 20時16分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    桂崇

    2021年4月11日 20時16分

    女神官

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る