女神に騙されてから始まる異世界生活

読了目安時間:4分

第5話 レーゼンベルゼの町

 宿屋に到着する 「凄い豪華・・・」  ルーセリオが呟く 「ルーセリオ殿、こちらは、この町でも冒険者が滞在する中で、治安が良い宿屋になります」  クゼリオが微笑みながら言う 「迷宮で稼げば良いけど、頑張らなくては」  ルーセリオが真剣に言うと、セリスがルーセリオを見つめている 「いらっしゃいませ」  宿屋の店員の女性が微笑みながら言う 「先に伝えて有った、ルーセリオ殿です」  クゼリオが笑顔で言う 「大部屋の確保は出来ています。1泊ランタンとお湯など含めて、小銀貨4枚になりますが、何泊にしますか?」  店員が笑顔で聞く 「これでお願いします」  ルーセリオが金貨を取り出して置く 「25泊になりますが、本当に宜しいのですか?」  店員が驚いていると、クゼリオは、微笑みながらルーセリオを見ている 「宿は確保しておいた方が良いです」  ルーセリオが笑顔で言うと、店員が鍵を取り出すと、部屋に案内してくれると、クゼリオは帰っていく 「この部屋ですが良いですか?」  店員が笑顔で言うと、4つのベットがあり、結構広い部屋だった 「良い部屋ですね」  ルーセリオが笑顔で言うと、鍵を受け取る 「食事は、付いてませんが、下の食堂で食べて頂ければ、サービスしますね」  店員が笑顔で言うと、部屋を出ていく 「御主人様、今日はどうしましょうか?」  セリスが笑顔で言うと、ルーセリオは窓から外を見る 「初めての町だから、見て回るのも良いけど、今日はゆっくりして、食堂でご飯を食べよう」  ルーセリオが笑顔で言う 「はい、御主人様」  セリスが微笑みながら言う  ルーセリオは、硬貨の袋を出すと、中を確認する 「え!! 白金金貨が5枚も!!」  ルーセリオが驚いていると、セリスとルシアが見て顔を居合わせている 「凄いです・・・」  セレストリアが真剣に言う 「明日武器と防具買うのに全部使えるかな?」  ルーセリオが呟く 「御主人様の防具は必ず買いましょう」  セリスが真剣に言う 「そうだね」  ルーセリオが笑顔で言うと、アイテムケースにしまう  夕方になると、食堂に下りていく 「今日のお薦めは、何かな?」  ルーセリオが笑顔で聞く 「全部です」  店員が笑顔で言うと、メニューを置いていく 「どれが良いかな?」  ルーセリオはみんなに聞く 「御主人様の選んで貰ったものなら、何でも良いです」  セリスが尻尾を揺らしながら言うと、他のテーブルで注文しているのを、ルーセリオが見ている 「これで人数分のスープとパンとお薦めの料理を頼む」  ルーセリオが微笑みながら言うと、小銀貨4枚を渡す 「お客様は、冒険者ですよね」  店員が少し驚いている 「そうですよ」 「1食に、こんな大金使って良いのですか?」  店員が心配そうに言う 「食事が楽しみの1つだからね」  ルーセリオが笑顔で言う 「食事が楽しみ・・・解りました」  店員が笑顔で言うと、奥に行く  店員が次々と料理を持ってくると、ルーセリオは、食べ始めると、セリスとルシアとクレアとセレストリアが、美味しそうに食べ始める。  食事が終わると、部屋に戻ろうとする 「ルーセリオ様、夕食は、小銀貨2枚ぐらいで十分ですよ」  女性の店員が微笑みながら教えてくれる 「そうなのですね、相場が解らなかったので、教えてくれてありがとうございます。」  ルーセリオが真剣に言う 「朝食は、小銀貨1枚有れば、5人で良い食事が、取れます」  女性の店員が微笑みながら言うと、ルーセリオ達は部屋に戻る 「御主人様、迷惑と思われましたか?」  セリスが心配そうに聞く 「金銭感覚がズレているのか? 気を付けよう」  ルーセリオが真剣に言う 「はい、御主人様」  セリスが微笑みながら言うと、武器と防具の手入れを始める  ルシアとクレアとセレストリアが、お湯を貰いに行く 「御主人様、今日は久しぶりなので、沢山可愛がってください」  セリスが笑顔で言う 「声が漏れると、迷惑だから、気を付けよう」  ルーセリオが考えながら言うと、セリスが考え始める 「御主人様、布を口に詰めてください。声が漏れにくいと思います」  セリスが真剣に言う 「息苦しくならないか?」 「御主人様の寵愛が一番大事です」  セリスが真剣に言うと、服を脱ぎ始めると、ルーセリオの服も脱がして、口付けを始める  ルシア達が戻ってくると、ベットの軋む音と、セリスの姿を見て、服を脱ぎ体を拭き始める 「セリス御姉様、いつもより激しい・・・布で口を塞ぐなんて・・・」  ルシアが呟くと、セリスの体を拭き始めると、クレアとセレストリアがルーセリオの体を拭き始める  拭き終わると、ランタンを消して、ベットの軋む音が暗闇の中響いていると、微かにセリス達の喘ぎ声が漏れている

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死ねない魔法少女の異世界転生記

    「死ぬことは罪だよ。私は死にたいけど」

    71,700

    40


    2021年7月26日更新

    やぁ。私は赤松玲。二十一歳のお姉さんさ。 いや、この自己紹介はあまり正しくないかもなぁ……正確に言うと私は二十一歳のお姉さんだったのにも関わらず、とある事情から死んじゃって輪廻転生、今は十七歳の美少女になっている。 そして十七年間、今の世界でクシャナ・アルスタッドとして生活をしているのだけれど…… どうにもこの世界に、私と生前因縁があった【アシッド】という怪物が出ているらしくてね。 私はあまり興味ないのだけれど、若い子達を無下に見殺しには出来ない。 とある事情で手にしたマジカリング・デバイス【イリュージョン】を用いて、魔法少女に変身し、戦う事になったんだ。 詳しくは本編を読んでくれたまえ。お姉さんも大歓迎だよ? ※ご覧になる方によっては気分を害する描写等もあります。 予めご了承ください。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※この作品は「小説家になろう!」様でも同様の内容で掲載しております。 ※コメント・スタンプ・レビュー・ビビッと等も大歓迎です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37時間27分

    この作品を読む

  • 問題が発生したため【人生】を強制終了します。 → 『精霊使いで再起動しました。』

    女性だけしかなれない精霊使い達の物語

    5,600

    0


    2021年7月26日更新

    ――その国の王となるには、次期王候補者と精霊使いは、四つの属性の大精霊と大竜神の祝福を受けなければならない。 『ニュースです。昨夜、銀座のビルのテナントの一室で起きた爆発事故で、連絡が取れなくなっていた従業員とみられる男女四人の遺体が発見されました。』 女子大生のハルナはMMORPGにどっぷり浸かった生活を送っていたが、PCパーツ貧乏となり親族のお手伝いで夜のアルバイトへ。不慮の事故により異世界へ転生し、精霊と出会う。 ハルナは失踪した精霊使いの少女と似ていたため、この世界の事情に取り込まれていくことになる。 ※:基本的に毎週日曜日は休載させていただいております、ご了承くださいませ。 【以下のサイトでも掲載を始めました】 小説家になろう様 https://ncode.syosetu.com/n6489fn/ アルファポリス様 https://www.alphapolis.co.jp/novel/623593810/11277286 エブリスタ様 https://estar.jp/novels/25497426 カクヨム様 https://kakuyomu.jp/works/1177354054893181287 ノベルバ様 https://novelba.com/indies/works/913633

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:52時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 消えゆく世界で星空を見る

    人の行動は、善と悪の二面を兼ね備えている

    78,450

    3,942


    2021年7月25日更新

    現実の世界。妄想の世界。夢の世界。 どれも同じ世界。 七百年間に渡る人間と神の死闘の末、救世主によって神は殺された。 それから五十年の歳月が流れ、人々は穏やかな暮らしを取り戻していた。 月見里諦止は生まれ落ちてから二十七年間を、幼馴染の鳥柿咲音と共にポソリ村で過ごしてきた。 だが、そんな穏やかな日々に再び暗雲が立ち込める。 二人の前に現れたのは、星空をそのまま切り取ったかのような存在。遥か昔に世界を滅ぼしかけた星影という生物だった。 御伽噺として語られていた星影という存在は何故再び現れたのか。 その理由を探るために、神殺しの救世主として知られる男が統べる国、桜樹国に月見里諦止は向かう。 果たして、世界が滅びる前に再び星影を封印することができるのか。 月見里諦止の前に現れた謎の男は何者なのか。 愛から始まった復讐の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • ルディアと王都防衛隊 ~海の国の入れ替わり姫~

    この夏完結!精神交換SF戦記ファンタジー

    3,119,950

    11,200


    2021年7月25日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中!(⑭よりノベプラ先行更新です!) ■59000PV突破感謝です! ■最高順位日間総合1位、週間SFジャンル1位、年間SFジャンル3位、累計SFジャンル9位、年間総合22位、累計総合67位など達成! ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:66時間31分

    この作品を読む