左団扇奇譚

第11話「化け猫 エピローグ」

 独りになって、もうどれくらい経つだろうか。  気が遠くなるくらいの時間が流れたような気もするし、まだほんの少ししか経っていない気もする。  鍋島(なべしま) 小夜子(さよこ)は途方に暮れながらも、小さな(あゆ)みを止めることなく思考の糸に手を伸ばした。  此処(ここ)は一体、何処(どこ)なのか。自分は何故(なぜ)、此処に居るのか。思い出さなければならない大事な部分が抜け落ちてしまっている。  洋風建築の廊下。何も映らない曇った窓硝子(ガラス)。薄暗い満月灯(まんげつとう)の明かり。分厚い扉の部屋、部屋、部屋。  歩けども変わることの無い光景は、まるで出口の無い迷路のようだ。  心細いけれど、飼い猫のミルクが(そば)にいてくれるから寂しくはなかった。 「この家からは、どうすれば出られるのでしょうね」  ミルクに話しかける。猫から返事が返ることはないから、半分以上は独り言だ。  絨毯(じゅうたん)を踏みしめる柔らかな靴音に混じって、ふと旋律(せんりつ)が耳に触れた。 「ピアノの音……」  あどけなさが残る(つぶ)らな両の瞳に光が(とも)った。  誰かが曲を弾いているのか、音盤(おんばん)を聴いているのかもしれない。どのみち、音の先には誰か人が居るということだ。  小夜子は四分の四拍子を辿って足を速めた。猫も少女の弾む足取りに続く。  辿り着いた先は広いホールだった。伽藍(がらん)とした場所で洋装の青年がピアノを弾いている。  バッハのゴルトベルク変奏曲。  小夜子は青い髪のピアニストにゆっくりと近づいていった。足音を立てないように。演奏の邪魔をしたくない。  アリアのダ・カーポで演奏を終えると、ピアニストは静かに振り向いて口を開いた。 「こんにちは」  オーボエを思わせる声に、小夜子ははにかみ(・・・・)ながら軽く頭を下げる。 「あの……何処かでお会いしましたかしら?」  湖面(こめん)を思わせるような、深く澄んだ青色の瞳に小夜子は見覚えがある気がした。 「いいえ。初めてですよ。影でない貴女(あなた)に会うのは」  眼帯を付けていない小夜子。  波のある美しい髪。白磁(はくじ)の肌に細い体。あどけなく濡れた瞳の黒は、両目ともに可憐で愛らしい。 「私、この曲のアリアが大好きなんです」 「これは子守唄だからね」 「もう一度、弾いてくださいますか?」 「弾いてあげましょう」  亜緒(あお)の繊細な指が鍵盤の上に置かれる。  小夜子は優しい旋律に耳を傾けた。  猫を抱く。眠くなった。                《化け猫、了》

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ファイ(えんどろ~!)

    ありあ

    ♡2,000pt 〇200pt 2019年8月30日 14時20分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    てぇてぇ

    ありあ

    2019年8月30日 14時20分

    ファイ(えんどろ~!)
  • かぼのべら

    音叉

    2019年8月31日 13時58分

    いつも応援してくれて、ありがとうございます。 「てぇてぇ」というのが意味不で調べてみましたらば「尊い」とのこと。重ねてありがとうございます。今回の「化け猫」は今のところ音叉が一番気に入っている話なので、尚のこと嬉しいです!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2019年8月31日 13時58分

    かぼのべら
  • アマビエペンギンさん

    北大路 夜明

    ♡1,000pt 2019年9月2日 13時39分

    亜緒くん優しい(´;ω;`) 小夜子ちゃん、ひとりじゃなくなってよかったね。亜緒くんがきっと導いてくれるよ。 切ないラスト、じわりと涙が滲みます。 読了後の余韻がなんとも言えません。 ほんと好き(*´ω`*)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    北大路 夜明

    2019年9月2日 13時39分

    アマビエペンギンさん
  • かぼのべら

    音叉

    2019年9月4日 17時58分

    いつも応援ありがとうございます!「化け猫」では亜緒の本質というか、どんな人間なのかを引き出してみました。蘭丸が登場しないのは彼が出てくると亜緒は蘭丸に全てを任せてラクをしたがるからですw本気出せば格好良いのにね。ノン子は兄の優しいところというか、分かっているのでしょう。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2019年9月4日 17時58分

    かぼのべら
  • 文豪猫

    芥生夢子

    ♡500pt 2020年8月20日 13時00分

    間が空いてしまいましたが、化け猫読ませていただきました。ラストの余韻が素晴らしいですねぇ✨亜緒はなんだかんだで優しいですね。ノン子ちゃんとの兄妹愛?複雑な関係もよいです。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    芥生夢子

    2020年8月20日 13時00分

    文豪猫
  • かぼのべら

    音叉

    2020年8月20日 19時40分

    今章に登場する小夜子なるキャラの性格に引いちゃっている方も結構いたようです(汗)でもこの作品、マトモな人は蘭丸くらいしか出てこないんだから仕方ない(汗)音叉は小夜子が可愛い(笑)そうです!亜緒は優しいんです!ただ、そういう感情を素直に出さないだけで。所謂ツンデレなんです(違う!)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2020年8月20日 19時40分

    かぼのべら
  • みりたりステラ

    中村尚裕

    ♡400pt 2020年3月3日 1時01分

    これだ――!! ここで音楽、この「ちょっとした救い」感がたまりません。激ツボ。 亜緒に深い意図はないのかも知れませんが、逆にだからこそ滲み出る情が沁みますね。 これからも頑張って下さい!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    中村尚裕

    2020年3月3日 1時01分

    みりたりステラ
  • かぼのべら

    音叉

    2020年3月3日 13時42分

    中村さーん!「化け猫」を最後まで読んでくださって、もう感謝感謝しかありません!中村さんに読んでもらったことが素直に嬉しいです!本当にありがとうございました!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2020年3月3日 13時42分

    かぼのべら
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    櫛田こころ

    ♡200pt 2020年5月22日 12時22分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あらーっ

    櫛田こころ

    2020年5月22日 12時22分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • かぼのべら

    音叉

    2020年5月23日 14時39分

    「化け猫」、最後まで読んでくれてありがとうございます。この作品には章タイトルに妖怪の名前が付いていますが、今回のように化け猫をそのまま登場させずに、御話のモチーフとして使っているような話もあります。「成仏」という言葉を使うのも野暮かなと思い「眠る」と表現してみました。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2020年5月23日 14時39分

    かぼのべら

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡37,800

    〇211

    歴史/時代・連載中・23話・32,648字 八島唯

    2020年10月29日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果......

  • なんちゃって伝統芸能の世界へようこそ!

    ♡3,600

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・7話・25,487字 kiri

    2020年10月22日更新

    風姿花伝(ふうしかでん) 道(みち)をたしなみ、芸を重んずるに私(わたくし)なくば、などかその徳を得ざらん ことさら、この芸、その風(ふう)を継ぐといへども、自力より出づる振舞あれば語(かたる)にも及びがたし その風を得て、心より心に伝(つたう)る花なれば風姿花伝と名付く がんばってお稽古して、感動させたるやで! ふわっとそんな雰囲気のことを、世阿弥さんが高尚な感じで書かれてますが、ガッツリ崩していく所存 舞台のハシゴをする感じでお楽しみいただけると嬉しいです。 ※ざっくりですが、↓こんな感じかなって思っていただけると良いかと思います。 浄瑠璃 太夫が三味線伴奏で語るもの 語りのちょー巧い人で竹本義太夫って人がいまして→義太夫節爆誕 ↓ +人形 文楽 人形浄瑠璃 人形劇 ↓ -人形+人間 歌舞伎 舞踊、音楽、科白劇の総合演劇 この中でも義太夫狂言と言われるのは文楽作品を歌舞伎に移植したもの 能 謡いと囃子に乗せて舞踊的な動きで物語が進む 象徴劇 狂言 対話を中心にした科白劇 言葉やしぐさで表現する 喜劇 能と狂言はセット販売 ひとつの舞台で交互に演じられる

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界はどこにでもあるのかもしれません。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・4,031字 モルモット

    日時集計中

    気が付いたら異世界でした。 みんな 痩せてるし筋トレしてムキムキになってます。 え? ここって異世界じゃないの? ああ もしかして 俺って取り残されてた??

  • 底辺が異世界で成り上がり無双するまで

    ♡1,858,726

    〇12,024

    現代/その他ファンタジー・連載中・190話・626,291字 かみや

    2020年10月29日更新

    毎日一話~二話更新中! 現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです! 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るユニークスキルを得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇し──。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません(と思いたい!)。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になってます! ───── 【過去最高ランキング】 ───── 総合: 日間1位/週間1位/月間2位 現代/その他ファンタジージャンル別: 日間1位/週間1位/月間1位 ───── (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。