左団扇奇譚

第9話「迷い猫」

 猫の縫いぐるみだらけの応接間は、やはり現実離れした異様性に満ちていた。  整然と並べられた家具や壁に掛けられた絵画、調度品の(たぐい)に反して無秩序に散らばった縫いぐるみ達は平穏を拒否し、落ち着くことを許さない。  病的な興奮で積み上げられた応接室の矛盾。といった存在感がある。  小夜子(さよこ)は針を上げて音楽を止めると、慣れた手つきでレコオドを仕舞(しま)い始めた。その仕草は慎重で、盤に傷や汚れが付かないよう大事に扱っているのが分かる。  音盤(おんばん)は彼女に取って、余程大切なものなのだろう。 「まだ曲の途中なのに、最後まで聴かないのですか?」  亜緒(あお)は残念そうに頬杖(ほおづえ)を突いた。 「ええ。お互い邪魔になるだけでしょう?」  小夜子は表情の無い声で、音盤を棚へと押し込む。 「僕は好きなんだけどな。それにサティが()う『意識的に聴かれない音楽』というのは、会話の中に溶け込む音楽という意味なんだ。実際、演奏会の幕には――」 「先生!」  小夜子が亜緒の言葉を強い調子で(さえぎ)る。声には苛苛(いらいら)とした鋭さが含まれていた。 「私は音楽というものを、真摯(しんし)に向き合うべき芸術だと思っております」  「はい、はい」と、亜緒は軽く手を振って(なだ)めた。そんなのは、どっちでもいいよと云った態度である。  最早(もはや)(なご)やかと云う雰囲気ではなくなっているし、これから先は一言一句(いちごんいっく)、気が抜けない時間になるかもしれない。  もっとも、亜緒は初めから遊びに来たつもりは無い。小夜子が自分をどう思おうと、本当にどうでも良いのだった。  飾り時計が午後六時の報を知らせると、小夜子はお茶を挟んで亜緒と差し向かいに座った。  とても静かだ。ランプのように薄暗い満月灯(まんげつとう)の明かりが、存在感を増した気さえするほどに閑寂(かんじゃく)。  亜緒はふとノコギリのことを考えた。それは妹の無事を心配するという思いからではなく、そう簡単には死なないだろうという勝手な憶測(おくそく)だった。助太刀(すけだち)、救出に来たはずであるのに無責任なものである。  しかし今の(ところ)ノコギリの『響き』はまだハッキリと感じ取れるし、自分が出るまでも無いかもしれないとさえ思うのだ。  助けるにしても、目の前の瑣末事(さまつごと)を先に片付けてしまいたい。小夜子という(いびつ)な少女の存在が、亜緒には何やら面白くないのだった。  夜気(やき)が窓枠を叩く。少し、風が出てきたのかもしれない。 「貴方(あなた)は私に話を一つ聞かせたいと(おっしゃ)いました。それが魂の()()を教える対価であると」  亜緒は(もく)して語らず、小夜子の花を散らしたような声だけが二人の影を(わず)かに揺らしてゆく。 「それは見方を変えれば、貴方から私に出した条件とも取れるわけです」  亜緒の仕掛けた勝負は「あげる」などの一種恩着せがましい言葉を相手に押し付けて、かつ屈服させるという言葉遊びだ。  それは小夜子も承知している。  しかし「あげる」「返す」と云っても言葉だけのこと。されど言葉と云っても、どれほどの利害が発生するのか疑わしい。  二人の関係性は、水増しをする必要も無いくらいに薄いのだ。  何より、このやり取りは土俵(どひょう)を用意した亜緒側が圧倒的に有利である気もする。 「だから、私からも一つ提案をさせていただきたいのです」 「何かな?」  胸の隠し(ポケット)から紙巻煙草を一本抜くと、亜緒はマッチを擦った。(りん)の燃える匂いが辺りを包んで()ぐに消える。 「質問です」 「質問……ですか」  紫煙(しえん)が幻の橋となって二人の距離を渡った。 「お互い交互に順番です。そして――」  ここが最も肝心(かんじん)なのですが。と、小夜子は一呼吸置いてから再び言葉を繋いだ。 「質問には正直に答えることを前提に、一回だけ嘘を混ぜても良い」 「面白いですね」 「ただし質問に質問で返すこと、質問自体をはぐらかすような行為は禁止とします」  小夜子は饒舌(じょうぜつ)だ。比べて亜緒は寡黙(かもく)な態度で気のない返事をしている。 「この条件を呑んでくれますか(・・・・・)?」 「呑んであげましょう(・・・・・・)」  意地の悪い笑顔で青い髪の青年は承諾(しょうだく)した。 「では私から先に。先生の本当の名前を教えていただけますかしら」  小夜子の声が不思議な(あや)しさにたゆたう(・・・・)。  アメンボ アイウエオなどと云う巫山戯(ふざけ)た名前が実名であるはずがない。どのみち本名を聞き出すつもりでいたのだ。それに最初の質問から嘘の(ふだ)を切る可能性は極めて少ない。 「僕が名乗ったとして、貴女(あなた)は信じてくれますか? 本名かどうかを確認する(すべ)も無いんですよ?」 「質問に質問で返すのは禁止です」 「これは確認ですよ。貴女の質問が無駄にならないように。僕って親切でしょう?」  二人の会話には抑揚(よくよう)と云うものが(とぼ)しい。どこか機械的で予定調和のように味気なく、無機質だ。 「この遊戯(ゲーム)は相手の答えの(うち)にある一つの嘘を見破ることが醍醐味(だいごみ)なのですわ。でも、そんなことを仰るからには、やはり偽名……ですのね」 「はい。偽名です。ついでに教師でもありません」  亜緒はいつもの(とぼ)けた調子で、あっさりと肯定(こうてい)してみせた。 「貴方は本当に嘘ばかりの人なのですね」 「嘘は甘美(かんび)な猛毒です。僕は毒に酔うのが好きなのですよ」  亜緒が薄く()むと、小夜子も上目遣(うわめづか)いに小さな笑顔を見せた。しかしながら、二人とも実は笑ってなどいない。 「雨下石(しずくいし) 亜緒(あお)というのが、(いつわ)り無い僕の名です」 「雨下石……」  小夜子の陶器人形(ビスク・ドール)のように整った顔が怪訝(けげん)(ゆが)む。 「想像通り、雨下石 桜子(さくらこ)は僕の妹です」 「妹さんも偽名なのでしょう?」 「何故そう思うのですか? 妹の名前を疑う心当たりが、貴女にはあるのですね」 「だから質問に質問で答えるのは――」 「貴女だって、質問は交互に順番と言っておきながら」  ルール違反ですよと、亜緒は紫煙をくゆらせながら(とげ)のある口調で(わら)った。  小夜子は沈黙して心で舌打ちをする。どうにも、やりにくい相手だ。 「どうやら名前を知ることが、貴女に取っては重要な意味を持つらしい」  亜緒にとって、鍋島(なべしま)家が術士の家系であることは、この家に入った時から分かっていた。  最初に猫の鳴き声を聞いた。猫は術士の使い魔であることが多い。  それだけではない。小夜子が応接間を離れた際に確認したオルゴールの中のクローバー。そして彼女の左目に宿る禍々(まがまが)しい威圧感。  そして術士は、特に呪術を行なう者は名前を気にする。  亜緒とて術士の(はし)くれだ。慧眼(けいがん)(すなわ)ち魔眼であるし、(ぬえ)を猫の姿に(とど)めていたのにも意味があった。  術士同士は必然の癖を感じ取って、同業者の匂いを嗅ぎ取る。  もとより、(ただ)の人間にノコギリを拘束(こうそく)することなど出来るわけがないのだ。 「小夜子さんは家族で湖に行ったことを覚えていますか?」  今まで饒舌だった小夜子が言葉を失った。目の前の青年は何故その事実を知っているのか。そもそも、この質問自体、意味があるとも思えない。 「貴女はその湖の(ほとり)で四つ葉のクローバーと白猫を拾った。これは質問ではなく、独り言ですから気にしなくてもよい」  小夜子は心中で戸惑(とまど)う。どうしてそんなことが分かるのか。彼の言っていることは間違いなく事実だ。 「覚えています」  自身の心の中を覗かれているような錯覚を感じながらも、勤めて冷静に答える。  狼狽(ろうばい)しない小夜子に、亜緒は多少の感心を抱いた。 「貴方は何者なのですか?」  小夜子の質問は当然だった。目の前の青年は得体(えたい)が知れなさ()ぎる。 「(あやかし)に関係する厄介(やっかい)ごとを始末している者です。今日は()()め、化け猫退治と云ったところでしょうか」 「猫……」  小夜子の(つぶや)きに部屋の縫いぐるみが一つ転がって、彼女の足元で鳴いた。 「貴女の左目……ずっと気になっていたんですよ。その眼帯の下を見せてくれませんか?」  小夜子は眼帯に細い指で触れながら、青い眼光を見つめた。 「それは質問ではありませんわ」  小夜子の口調が(けわ)しくなった。  質問とは疑わしい点について問いただすことだ。亜緒が口にしたのは、ただの願望に過ぎない。  お互い相手の言葉には敏感に反応する。せざるを得ない。 「普通に瞳があるだけですわよ。ただ、今は(まぶた)が少し()れてしまっていて、恥ずかしいので見せることは出来ませんが……」  それでも小夜子は亜緒の言葉に答えた。次に質問できる権利を得るためだ。 「貴方の妹、雨下石 桜子さんの本名は?」 「ノコギリです。雨下石 ノコギリ。良い名前でしょう」  嘘だ。と、思った。  娘にそんな名前を付ける親など、居るわけがない。しかし、嘘にしてはあからさま(・・・・・)過ぎる気もする。もしかして、本当に――だとしたら、青年の名前のほうが嘘なのか。  小夜子の思考に迷いが生まれる。自分が一度だけ許される嘘を使ってしまったから、相手も当然使っているだろうと思い込む先入観念。  『投影』という心理だ。  防衛機制の一種で、自分を正当化して無意識にストレスから心を守る作用のことである。  亜緒は投影心理とノコギリという非常識な妹の名前、それと「自分は嘘に酔うのが好き」という言葉を(あらかじ)め相手の中に仕込むことで小夜子の心に迷路を作り上げたのだ。  これも一つの(しゅ)である。  疑心暗鬼(ぎしんあんき)という鬼を倒さぬ限り、小夜子は思考の迷路から抜け出すことが出来ない。  下等(かとう)ではあるが、鬼の使役(しえき)にはこんなやり方もあるのだ。  雨下石 亜緒に言霊(ことだま)で勝とうなど、小夜子には初めから荷が勝ちすぎた行為だったのかもしれない。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ファイ(えんどろ~!)

    ありあ

    ♡2,000pt 〇1,000pt 2019年8月28日 22時05分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    センスに脱帽です

    ありあ

    2019年8月28日 22時05分

    ファイ(えんどろ~!)
  • かぼのべら

    音叉

    2019年8月29日 22時14分

    いつも高pt応援、頭が下がる思いです~~。いつも読んでくれて本当にありがたいです!毎回、胃が痛くなるくらい頭を絞ってアイデアを捻り出している甲斐があります。嬉しい!左団扇だけに「センス」いっぱい欲しいw

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2019年8月29日 22時14分

    かぼのべら
  • アマビエペンギンさん

    北大路 夜明

    ♡1,000pt 2019年8月31日 11時44分

    は~ため息が出るほどこのお話好きです(*´ω`*) 言霊バトル白熱してきましたね! 小夜子ちゃんもまさかノン子ちゃんの本名が「ノコギリ」だとは思いますまい。 まさか群青さんはこの日のために「ノコギリ」と名付けたのではw

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    北大路 夜明

    2019年8月31日 11時44分

    アマビエペンギンさん
  • かぼのべら

    音叉

    2019年9月1日 22時35分

    音叉もこの話好きなので、こういう話をこれからもちょいちょい挿し込んでいけたらなぁと思います。エブ本編ではあと数話でとうとう亜緒と蘭丸が初めて会うことになります。更新、遅れております(汗)群青はあらゆる未来を見通せますが、これは偶然かもw息子や娘が妖に殺されても別段何も思わない男で

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2019年9月1日 22時35分

    かぼのべら
  • 文豪猫

    芥生夢子

    ♡500pt 2020年2月18日 21時22分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    神かな…?

    芥生夢子

    2020年2月18日 21時22分

    文豪猫
  • かぼのべら

    音叉

    2020年2月19日 19時09分

    夢子さん、スタンプとptありがとうございます!このスタンプ、多分貰ったの初めてですよ音叉は(゚∀三゚三∀゚) ウホー!嬉しい!「化け猫」は今のところ音叉が一番気に入っている御話なので、どうぞ最後のエピローグまで楽しんでもらえると嬉しいです!亜緒好き必読の章ですね♪

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2020年2月19日 19時09分

    かぼのべら
  • みりたりステラ

    中村尚裕

    ♡400pt 2020年1月19日 20時55分

    丁々発止! 言霊を操り言質を取らせず、噛み合わせない会話に火花が匂いますね。 本作ならではの駆け引き、勝負の行方に注目です。 これからも頑張って下さい!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    中村尚裕

    2020年1月19日 20時55分

    みりたりステラ
  • かぼのべら

    音叉

    2020年1月22日 15時06分

    中村さん、いつも読んで頂き本当に感謝です!亜緒、女子供だろうが容赦ないです(笑)まぁ、そういうヤツですけどw応援、ありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2020年1月22日 15時06分

    かぼのべら
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    櫛田こころ

    ♡200pt 2020年5月20日 14時13分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    櫛田こころ

    2020年5月20日 14時13分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • かぼのべら

    音叉

    2020年5月23日 14時22分

    ありがとうございます。亜緒は妖刀を持っていませんから「一発で決める」という戦い方が出来ない(汗)ならば言葉の勝負をさせてみようと考えてみました。亜緒の場合は相手の考えや過去やなんかが視える瞳を持っているからズルイんですけどねw

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    音叉

    2020年5月23日 14時22分

    かぼのべら

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界×リアルな警察24時(not転生)

    ♡39,150

    〇250

    異世界ファンタジー・連載中・44話・127,909字 片栗粉

    2020年10月16日更新

    【異世界人だろうと職質するし切符も切ります】 ある日、I県とC県の県境に、異世界の大陸が地震と共に出現した。 現代日本と文化も種族も原生植物も違う大陸、【ガーランド王国】。 ゴブリンは畑を荒らし、ドラゴンは空を飛び、異種族が不法入国してくるわの大騒ぎでI県警は大パニック。 そんなこんなで県警だけでは対処しきれないと、政府が対応に乗り出した。 種族雇用均等法。正規の移民手続きを経て戸籍を獲得した者は種族問わず日本国で仕事ができる。 それは、警察官も例外ではない。 異種族相手に少ない人員で対応できないと、I県警は種族にかかわらず警察職員の採用を始めた。 今日も異世界との境にある境島警察署の警察官達は、不法就労の異世界人達を強制送還し、自称勇者や騎士を職質するのだ。 元リザード族戦士の 毒島(ぶすじま)巡査部長。 鑑識一筋ドワーフ族 土井頭(どいがしら)警部補。 オーガ族 会計課長 緒方(おがた)課長。 エルフ族 江田島(えだじま)主任。 亡きガーランド王の二男、新人巡査 ユリウス・フォン・ガーランド巡査 個性豊かな面々が、今日も地域の安全を守っている。

  • 我等を舐めるな、〈自称〉現実!!

    ♡129,780

    〇277

    異世界ファンタジー・完結済・120話・1,151,726字 博元 裕央

    2020年10月25日更新

    「ビキニアーマー、だとぉ……!?」「我等《ファンタジー》を舐めるな、〈自称〉現実《リアル》!!」 半裸《ビキニアーマー》の美少女、それは世界で最も恐るべき抜き身の刃! 水で満ちた宇宙に浮かぶ泡の世界・混珠《こんじゅ》。 その片隅で仲間達との冒険者生活を慈しんでいた、かつてとある地球の少年であった転生者の少女リアラの日常は突如崩壊した。 邪悪な異世界転生チート達の秘密結社、新天地玩想郷《ネオファンタジーチートピア》の攻撃に惨たらしく殺される仲間達。 そんなリアラを救ったのは、ビキニアーマーを纏う美少女、チートに抗う力を持つ竜の勇者ルルヤ。 今、敢えて古の道を行く時代遅れな奴等の逆襲が始まる! (表紙は風見屋様に書いて頂いた物、挿絵は同じく風見屋様に書いて頂いた物に加え、忍坂けの様に書いて頂いた物、瑠華様に書いて頂いた物、まふゆとら様に書いて頂いた物、鉄機様に書いて頂いた物です)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 厨二病っぽいダークファンタジーです

    ♡21,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・24話・27,651字 星来 香文子

    2020年10月29日更新

    祖母が死んで49日経った、あの夏の日、空から落ちてきたのは人間の顔だった———— 見えてはいけないソレは、人間の姿を装った、怪異。ものの怪。妖怪の類。 その右目にかけられた呪が覚醒した時、少年は“呪受者”と呼ばれ、妖怪たちから追われる事となる。 呪いを解くには、千年前、先祖に呪いをかけた“呪掛者”を完全に滅するしか、方法はない———— ※いつの間にか挿絵を入れたりしてます

  • 友人が神になって暴走してるのでシバきます

    ♡191,000

    〇859

    現代/その他ファンタジー・連載中・50話・109,735字 Maw

    2020年10月29日更新

    ※第1章 鬼ごっこ編 完結 奇怪な能力を持つ同級生たち。 僕はそんな彼らの力を“特質”と呼んでいる。 この学校には何故かそういう生徒が一定数、存在する。 「なんで君たちは変な特質しか持ってないんだ」 『それが現実だよ。見栄え良くて強いとかいう都合の良い能力なんて空想の世界だけだと思う』 「で、お前の特質は何だ」 『僕は何時間でも水中で泳いでいられる』 つ、使えねぇ! そんな異質な能力を持つ学生たちが送る非日常な物語。 ______________________ 中学校のとき、友達が身内がそのまま登場する学園物ファンタジーみたいな話を作っていて、身内同士ではかなり面白かったので内容を覚えてるうちにここに書いていこうと思います。 かなりカオスな身内ネタです笑 学園物で変な能力バトル系(まともな能力もある)でギャグもありみたいな内容です。 身内が登場すると言いましたが、ここでは本名ではなく、架空の名前を使います。 興味のある方は読んでみてください。 ちょっと変な能力の一部を紹介。 オナラで空を飛んだり、自分のよだれを足の裏に塗って滑走したり、地面に埋まって巨大なブロッコリーを大量に生やして敵の動きを封じたりとまぁまぁカオスな能力が出てきます。