深夜の公園には悩みが集まる

成人式に行きたかった男・新田の場合

「成人式、中止になったんだって」 「え、マジで」 ニュースの内容を伝えてきた母親の言葉に、僕は驚いた。 成人式が中止になることなんてあまりない。 だけど同時に納得もしていた。 「今、ウイルスが流行ってるでしょ?その影響」 「大勢の人間が一箇所に集まれない世の中だもんね」 僕は成人式に行くつもりだった。 仲の良い友達はいないけど、あの日あのとき関わっていたみんながどんな大人になったのか、純粋に興味があったから。 それにもしかしたら、自分が昔好きだった人間と再会できるかもしれないし。 というかまあ、こっちが本音なんだけど。 だけど今年は、世界中に蔓延したウイルスのせいで中止になってしまったらしい。 正直ショックだった。 なんていうか、これから起こりうる未来の可能性が消されたような気がして。 「はあ……」 十二月の深夜。 寒さに絶えながら僕はひとり、公園のベンチに座っていた。 なんだか胸がモヤモヤしていて落ち着かない。 成人式がなくなったことがそんなにショックだったのだろうか。 「あの……間違ってたら悪いんだけど。もしかして、新田(あらた)くん?」 そんなことを考えていると、いつの間にか隣に座っていた女性が声をかけてきた。 「そうだけど、君は……?」 「覚えてないかな?滝本(たきもと)陽菜(はるな)だよ。ほら、同じ委員会入ってた」 「えっ、マジで?ちょ、それは」 「?なに慌ててるの?」 彼女は、僕が中学生のときに好きだった人間だ。 会話する勇気も、仲良くなる勇気もなかった僕は、ただ遠巻きに彼女を見ながらニヤニヤしているだけの人間だった。 今考えると、気持ち悪いな。 「ごめん、なんでもないよ。外で毎朝、挨拶してたよね。校門の前に立って」 「そうそう!懐かしいねえ、冬は寒かったなあ」 「そうだね」 「あとさー、風が強い日に私のスカートが捲れた時。新田くん、全力で目を逸らしてたよね」 「いや、それは、その。なんかごめん。気づいてたんだ……」 「当たり前だよ。女子はそういうの敏感だから」 そう言って彼女は笑った。 数年ぶりに見る笑顔は、深夜でもやっぱり眩しかった。 「そもそもなんで滝本さん、こんな深夜にここに来たの?なんか今、普通に話してるけど」 僕は純粋に不思議だった。 彼女はいつもキラキラしていた。 こんな深夜に公園に来る理由が分からない。 「成人式さ。中止になったじゃん?私、行く予定だったんだよね。振袖も用意してた」 「僕も行こうと思ってたよ」 「そうなんだ。じゃあ私と同じだね」 彼女はまた笑った。 笑顔が似合うとつくづく思う。 「だから、なくなったのがショックでさ。なんかやる気もなくなっちゃって、気づいたらここに来てた」 「なんだ。じゃあ、僕と同じだ」 「え、ほんと?」 「うん」 「だけどよかった。新田くんに会えて。成人式に行く理由の中に、新田くんのこともあったからさ」 「僕に?」 「実は私、中学のとき、新田くんのことが好きだったんだよ?全然気づいてなかったでしょ。しかも、そのことをずっと引きずってきた」 マジかよ。 僕と滝本さんは両想いだったってことか。 「だから会いたかった。会って、また話がしたかった。今度は委員としてじゃなく、友達として」 「滝本さん……」 「まあでも、新田くんは私のこと別に」 「好きだよ」 「……え?」 「僕も滝本さんのことが好きなんだ。中学の頃から今までずっと、そう思ってる」 「はあー。ぜんっぜん気づかなかったよ。そっか、私たち両想いだったんだね。もっと歩み寄ってればよかったなあ」 「付き合おうよ、僕たち。これからの未来を二人で創っていこう」 「もう。いきなり何言ってんの?まったく、会わないうちにカッコよくなったね」 雪が降っていた。 まるで二人の再会を祝うように、頭や肩に降り掛かる。 「クリスマスだね」 「最高のクリスマスになったよ。ありがとう、新田くん」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る