異世界ファンタジー 長編 連載中

魔王帝国の姫殿下がはじめる、すてきな都市計画。

作者からの一言コメント

異世界で、街づくりするお話です。

読了目安時間:2時間10分

総エピソード数:33話

魔王帝国の姫殿下がはじめる、すてきな都市計画。の表紙

16歳になった魔王帝国の皇女システィーナは、盟約の経典の定めにより、新しい魔王城をつくるため、人類の王国へ侵攻することになった。 魔王帝国は、始祖の魔王が開いた中央帝都を頂点に、複数の魔王たちの城都が連なる巨大な帝国だった。魔王たちのさらに高みに君臨する魔王皇帝―― その孫娘、システィーナは、大遠征を始める前、大会議堂で魔族や眷属たちに、新しい都市計画を発表した。 魔族による人類城都への攻略は、圧倒的な武力を背景にした制圧戦が本来だった。 しかし、システィーナは違った。 人類の都市を襲撃し、占領支配して新たな魔王城にするのではなくて、魅力的な新・魔王城下町を建設し、住民も、公共施設も、人類の城都から誘致することにした。 魔王皇帝の孫娘、システィーナの魔法力は驚異の22兆5800億ポイント。 ゴーレムを大量生産し、運河を開削する。建設資材もすべて石材ゴーレムに変えて運搬する。城壁も、橋梁も、敷石舗装も全部ゴーレムでつくる。 さらに、領域魔法や認識阻害魔法を駆使して、人類の城都へ潜入も… みんながしあわせになれる街を一緒につくろう! システィーナのちょっとハートフルな? 街づくり物語です。

前へ

1-33

次へ

前へ

1-33

次へ

作品情報

作品名 魔王帝国の姫殿下がはじめる、すてきな都市計画。
作者名 天菜真祭
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 最強主人公 女主人公 魔王 人外 エルフ 悪役令嬢 西洋風 異世界都市計画
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年1月2日 23時00分
最終投稿日 2021年7月16日 23時00分
完結日 -
文字数 64,815文字
読了目安時間 2時間10分
総エピソード数 33話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 10件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 禁断の果実に幻想を求めたらなんか楽しくなってきたので奴隷なんてやってられなくなった件について

    禁断の果実を求め、レッツゴー!

    43,200

    0


    2021年11月28日更新

    女性が圧倒的に少ない世界で魔族に奴隷として労働させられていたヒース。 『おっぱいに触れるまでは死なない』という誓いを胸に脱走、森の奥深くに一人住む鍛冶屋のジオに保護される。 まだ見たことのない妖精族を求め、ヒースの修行が始まった。鹿のクリフに武器商人のおしゃべりなハンも時折やってきて、予想していなかった賑やかな毎日を送るヒース。 そこで出会ったのは、あちこちぷるぷるで可愛い王女様に、ちょっと毛並みの変わった赤毛の美少女。 彼女達に振り回されつつもジオと共に目標に向かって突き進むヒース。 いつかその手におっぱいを掴む為。 なろうとカクヨムでも投稿してます。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間40分

    この作品を読む

  • Märchenica League Baseball ~問題児ばかりが集う球団の監督になった件~

    ペンギンズのベースボール物語です。

    1,600

    0


    2021年11月28日更新

    建国歴12000年のメルへニカ王国。この世界は相も変わらずベースボールが世界的な人気を博していた。 メルへニカリーグベースボール、通称メルリーグが創設されてから2000年目となる節目のシーズンを終えたこの年の年末、メルへニカの首都アウグストでは、ウィトゲンシュタイン家が建国千年紀に加え、メルリーグ誕生2000年を祝う千年記念パーティが行われていた。 そこに老年期を迎えたオリュンポリティア・ペンギンズの元監督、ブレッド・ベイカーが招待された。ブレッドを招待したのは、かつて低迷期から黄金期にかけてペンギンズを共に支えたウィトゲンシュタイン家の分家にあたるバロン家当主、エステルハージートルタ・バロン・ウィトゲンシュタインの曾孫にして、ウィトゲンシュタイン本家に在籍しているプリンツレゲンテントルテ・ウィトゲンシュタインであった。 世間話を繰り返す内、ブレッドはプリンツがエステルの偉大な功績を知らなかったことに驚愕する。 ブレッドはエステルが持っていた記念のボールをプリンツから譲られ、何らかの意図を感じながらも、エステルの思い出が詰まった記念のボールをその手に持ち、自らの若年期を鮮明に思い返すのであった。 他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • アルビオン王国宙軍士官物語~クリフエッジと呼ばれた男~(クリフエッジシリーズ合本版)

    ハヤカワ文庫さんのSF好きにお勧め!

    393,100

    4,190


    2021年11月22日更新

    人類が宇宙に進出して約五千年後、地球より数千光年離れた銀河系ペルセウス腕を舞台に、後に“クリフエッジ(崖っぷち)”と呼ばれることになるアルビオン王国軍士官クリフォード・カスバート・コリングウッドの物語。 ■■■ 宇宙暦4500年代、銀河系ペルセウス腕には四つの政治勢力、「アルビオン王国」、「ゾンファ共和国」、「スヴァローグ帝国」、「自由星系国家連合」が割拠していた。 アルビオン王国は領土的野心の強いゾンファ共和国とスヴァローグ帝国と戦い続けている。 4512年、アルビオン王国に一人の英雄が登場した。 その名はクリフォード・カスバート・コリングウッド。 彼は柔軟な思考と確固たる信念の持ち主で、敵国の野望を打ち砕いていく。 ■■■ 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間22分

    この作品を読む

  • デッドエンドフロントライン 〜絶望戦線、滅びゆく世界で死線を彷徨いながら戦う少女達〜

    ポストアポガリプス×ヒューマロイド戦記

    11,050

    110


    2021年11月27日更新

    惑星プロメテア、かつて人類が超文明を誇り繁栄していたこの星は見る影もなく荒廃していた。 とある科学者が遺伝子改良によって生み出したワームと呼ばれる生物が機械に寄生し、人々を殺戮し始めたからだ。 ワームは人間の心臓を食べることで増殖することが出来、瞬く間に世界を席巻していった。 さらに恐るべき事に進化した上位ワームは人の脳を食らうことでその人物に擬態することが出来ることが明らかになる。 これにより統制が取れず疑心暗鬼に陥った人類は成すすべもなくワームに蹂躙されていった。 ——惑星歴P.S.2245年 世界の大半以上をワームに奪われ、 地下シェルターに隠れ住むように生き残った僅かな人類は最後の望みを賭け、 魂同調システムであるソウルリンカネーションを開発する。 これは人間の意識を機械に同調し自在に操ることができるシステムである。 および同調者は人間の深層意識、すなわち魂を可視化することができ、 これまで不可能と思われていたワームか人かの判別も可能となる。 戦闘用ヒューマロイド型ロボット、通称ドッペルオートマタの操縦者に選ばれたのは、年端も行かない少女だった。 魂を同調する性質上、親和性が最も高いのが彼女達だったのだ。 過酷な訓練の末、人類とワームとの戦闘の最前線に実践投入された彼女達は戦姫(レギナマキア)と呼ばれ畏怖された。 11/23 現代/その他ファンタジー 日間3位 週間11位 ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む