魔王帝国の姫殿下がはじめる、すてきな都市計画。

#004 都市計画を発表します -3

 ファレンカルク伯爵は、四年前に財務卿を引退した後、魔王皇帝陛下のご命令を受けて、孫娘、つまり私の家庭教師をしていた。  私にとっての彼、ファレンカルク伯爵は優しいけど容赦ない家庭教師の先生だった。だって、商が立ちにくい割り算のひっ算を三千問も解かせたんだよ。あと、因数分解は五千問だし、連立方程式は一万問も問題を解かされた。死ぬかと思った。  おかげで筆算のスキルはカンストした。  そんなご縁で、私は、新魔王城下町を作ると決めてすぐ、彼に相談したの。  もうわかったでしょ?  鬼のコストカッターに、予算要求書を書かせたら最強だってこと。   そういう彼も、「予算要求とはこうやるものだ、諸君!」というのを内心はやりたかったらしい。結果、最初は私のお話にあきれていた彼も、いつの間にか嬉々として新魔王城下町建設事業の計画概略案の作成に取り組んでくれた。  実のことを言うと、現・魔王帝国財務卿にはファレンカルク伯爵を通じて、内々に今回の新魔王城下町建設計画について、内諾を得ているの。私は、今日という日のために、ずいぶん前から準備してきた。  ほら、舞台隅に下がった大司祭様の元へ、魔王皇帝陛下のお使いが走ってきた。大司祭様は、驚いたような、呆れたような顔をしていた。  お使いが伝えた魔王皇帝陛下からの伝言は、「もし、この大集会でシスティーナが魔族諸侯並びに眷属の将兵らを説き伏せたら、遠征計画の変更を認めよ」という内容のもの。これも、私がお爺ちゃん、じゃなくって魔王皇帝陛下に願い出て、事前に勅令状を書いてもらったの。  勅令状の巻物を手に、大司祭様は、どこか愉しそうに喧噪で満ちた大会議堂を見遣っていた。遠征の前の大集会は、本当はもっと粛々と進めるはずのもの。それが、誰もが好き勝手にしゃべり出していた。  次々と発言を求める手が挙がり、私とファレンカルク伯爵、さらにはビックホーン男爵や、後ろに控えていた獣人騎士団たちもが進み出て、回答を始めた。 「ゴーレムと石材がたくさんいるのか? 俺たちにも出番はあるんだろうな」  小人族の召喚術士たちが、わらわらと舞台にあがってきた。 「はい。歓迎します。よろしくお願いします」  けほん。  真横で咳払いがした。    「これでよろしいかな、姫殿下」  小人族の長老が長い白髭をしごいている。舞台の上だけに、長老も一張羅を着込んで、カッコよく決めていた。 「はい。感謝します。エルイット長老様」  小人族を束ねるエルイット長老にも、事前にお話をしていた。ただし、エルイット長老は、私が魔族諸侯から了解を得られたら、村の者たちを連れて舞台にあがってくれるという、条件付きのお約束だったの。    とは言え、ちゃんと一帳羅を着込んで準備してたあたり、内心は面白い話があるなら参加したいという、乗り気満々だったようね。  彼ら小人族の召喚術士たちには、ストーンゴーレムを召喚して、都市建設の基盤整備を担ってもらう。  巨大都市を丸ごとひとつ新規に作るんだから、石材が山ほど必要なの。本当に、原石山をひとつまるごと石材に変えて、建設現場へ運搬して、指定の形状に加工し、積みあげる必要がある。ストーンゴーレムは、施工に欠かせない戦力になるわ。  だけどね、ストーンゴーレムなんて旧式で時代遅れなモノ、最近の戦いでは使われなくなっていた。何と言っても重量があり過ぎで、動きが緩慢。最近は、中央帝都工学院で高性能な鋼鉄ゴーレムが開発、実用化された。デカくて取り回しの悪いストーンゴーレムは、魔王帝国軍では廃棄処分されてしまったの。  以来、小人族の召喚術士たちは、ゴーレムじゃなくて、もっと小型の魔獣や精霊を召喚するようになっていた。つまり、戦いの第一線からはお払い箱になった。  そんな、彼らに、私は、「ストーンゴーレムを主戦力に都市攻略戦を始めるから、来てください」とお誘いを出した。彼ら小人族召喚術士たちは、ふて寝ばかりの生活を送っていた。来てくれるのかは、正直微妙だったけど、大勢の小人族の仲間を集めてくれたエルイット長老には、感謝しかない。  うん、毎日、肩たたきをしよう。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡515,700

    〇3,508

    SF・連載中・84話・478,673字 新星

    2021年1月17日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡124,800

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・60話・208,406字 ぷりん頭

    2021年1月16日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 第一部完結!第二部から読み始めてもOK!

    ♡296,400

    〇5,000

    異世界ファンタジー・連載中・95話・226,068字 邑弥 澪

    2021年1月19日更新

    【第一部:はじまりの詩(うた)】 「〈龍の盃〉――聖杯の伝説を知っているか?」 北国の少年ノエルは、雪積もる荒野で戦士と出会った。 重大な決意を胸に秘めたその戦士は、「最強の魔導師」を探して旅をしてきたとノエルに語る。 四人の仲間とともに、最強の少年魔導師が世界を救う旅に出る。 「最果ての地」の先で、少年は一つの真理に至る。 【第二部:魔王の手紙】 白魔導師のエルフ・ヴァイスの元に舞い込んだのは、「伝説の魔王」の復活を知らせる故郷からの一通の手紙だった。 世界を救った5人の仲間が、新たな冒険を繰り広げる。 空中都市や世界樹のあるジャングルを抜け、ついに追い詰めた魔王の正体とは?! 個性豊かな五人が、剣と魔法の世界を舞台に色鮮やかな物語を紡ぎ出す。王道冒険ファンタジー! <キーワード> ●第1部:剣と魔法/魔導術/創世と救世の伝説/神話/龍の盃/精霊/冒険図鑑 ●第2部:魔王/手紙/飛空艇/空中都市/人魚/獣人/世界樹/ドワーフ/ドラゴン/魔女/悲恋/童話 ●第3部:色と音/天使と悪魔/仲間との絆/親子の絆/女主人公 ※表紙の五人が登場します。髪色等は作中の描写と若干違いまが、イメージとして見ていたければ幸いです。 ※「幕間」の物語は世界設定やサブストーリーなので、サラッと読み飛ばしても大丈夫です。 ※ブクマや応援、感想、励みになります!ありがとうございます!m(_ _)m✨

  • ダークっぽいコメディーファンタジー

    ♡23,200

    〇40

    異世界ファンタジー・連載中・45話・105,117字 山口遊子

    2021年1月19日更新

    街中で急におっちんだ俺は、ゾンビになったようだ。ゾンビとして生きた?まま病院で解剖されそうになった俺は何とか逃げ出すことができたのだが、その過程でもうボロボロ。何とか車に轢かれて転生できたのだが、転生したらまたもゾンビだった。しかも、今度は全身のお肉が腐った本格派。どうなる俺、どうする俺。迷宮内で出会った敵をたおしていたら、とうとうスケルトンに進化! やったぜ俺、でかした俺! 裏切りにより迷宮に捨てられたダーク・エルフの少女や、自分の属する暗殺組織の誰かにはめられて暗殺に失敗したあげく返り討ちにあったハーフリングの少女を助け、ともに闇の眷属として進化していく。トンデモマシンに最凶スライムたちも仲間に加え、俺たちの進化への伝説が始まった。 なろう、カクヨムにも投稿しています。