魔王帝国の姫殿下がはじめる、すてきな都市計画。

すてきな都市計画編を始めましょう

#001 魔王帝国の皇女、システィーナ16歳、素敵な街づくりを始めます

星歴1229年 8月17日 午後14時00分 魔王帝国 中央帝都 第一魔王城 大会議堂 〈ナレーション〉  漆黒色のドレスをまとった少女は、付き従う獣人騎士団を振り返って、微笑んだ。 「行きましょう」  少女と揃いの漆黒色の騎士服で身を包んだ、獣人たちが無言でうなずいた。  魔王帝国は、魔族とその眷属からなる巨大な帝国である。  かつて、始祖の魔王は、人類の国をひとつ制圧し、彼らの王都を奪い、魔王城とした。始まりの地、それが現在の中央帝都であり、第一魔王城である。  その後も――  魔王の子孫たちは、成人すると、新しい土地へ赴き、人類の王国を征服し新しい魔王城にした。魔族の国は、複数の魔王城を束ねた強大な魔王帝国へと発展した。    中央帝都で育った少女もまた、十六歳の誕生日を迎えた。  彼女もまた、新しい魔王城を手に入れるため、眷属たちを引き従えて、新しい土地へ旅立つ時が来た。 〈システィーナ〉  舞台にあがる。私付き獣人騎士団の靴音が続く。大司祭様へ軽く会釈する。演台へ向かう。リハーサルどおりに歩む。  演台に着き、居並ぶ魔族たち眷属たちの群れに、ゆっくりと一礼した。 「偉大なる魔王皇帝陛下の孫娘、システィーナ・イス・シクストゥス姫殿下は、十六歳になられた」  大司祭様の低い声が、大会議堂に響き渡る。 「魔王皇帝陛下のご裁可が下りました。システィーナ姫殿下には、メイルラント地方六王国の制圧が命じられました」  私は、キッと虚空というか、大会議堂の三階席の方向を見詰めていた。 「メイルラント六王国の制圧戦に際して、姫殿下の隷下へは、魔族兵団三千、眷属兵団九万七千、竜騎兵三百が与えられます」  大会議堂がどよめいた。  これは魔王帝国軍の全戦力のおよそ四分の一。近年にない規模の大遠征だった。お爺ちゃんじゃなくって…… 魔王皇帝陛下が、孫娘の私のこと可愛がってくれるのはありがたいけど、さすがに、こんな大軍団は大袈裟すぎるってば。  この大遠征の前の大集会は、大司祭様が進行役となって仕切ってくれる。主役のはずの私は、少しだけ最後にご挨拶のセリフをしゃべるだけ。綺麗なドレス姿で突っ立っているだけ…… というシナリオになっていた。  でも、それじゃあ、面白くないでしょ? ね? 「では、システィーナ姫殿下、来席の魔族諸侯並びに眷属の将兵らへ、宣誓を……」  大司祭様のセリフが大会議堂へ響き渡る。三階席まで満席の大会議堂が静まり返る。  さあ、シナリオを逸脱します。 「大司祭様、私からもお話をしてもよろしいでしょうか?」  左手をすっと挙げた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 王道RPG風な剣と魔法のハイファンタジー

    ♡300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・480字 いがぐりマロン

    2021年1月19日更新

    アスヴァーン=サンアーク連合帝国。大陸に名だたる三大超大国の一角であり、遠い昔から様々な種族の人間が共に暮らしてきた。 長らく続いた大乱の末訪れたのは〈星の乱れ〉と呼ばれる異変であり、それは星を巡る脈に怒る異常で、その結果魔物の増加・活発化を招いてしまう。 帝国はこの艱難に際し冒険者ギルドを発足。各地に支部、出張所を設置し、冒険者たちに魔物の討伐と星の脈――星脈の乱れの修繕にあたらせた。 ネロ・ウェバースは辺境の村に暮らす若者だったが、ある日竜人族の少女、クラム・ファヴールと出会う。 彼女は冒険者であったが、体目当ての仲間から逃げ出してきたのだと言った。 ネロはクラムを助け、ある出来事をきっかけに自らも冒険者になることを決意する。 チート・ハーレム・転移転生・レベルアップもステータスもなしの、古き良き王道RPGを意識した剣と魔法の異世界ハイファンタジー。

  • 読んで頂ければ幸いです

    ♡10,668

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・224話・422,176字 我滝基博

    2021年1月19日更新

    現実世界とはまた違う世界。エルフや獣人などの亜人、ドラゴンや魔獣が存在する世界。 そんな世界の、勇者と魔王の戦いが神話として語られるようになった時代。そして、文明が近代化へと進み始めた時代。人々は争いを止めず、その争いは酷く悲惨なものになり始めていた。 そんな中、1人の男が前世の記憶を持ったまま転生する。 転生者なのにスキルが無い。 魔法の世界なのに魔法が使えない。 兵隊でありながら銃も当たらない。 極め付けは仕事をサボる駄目人間。 しかし男は、上級貴族との謀略戦、宿敵達との知略戦を繰り広げながら、前世での知識と価値観を活かし、仲間達と共に、時代を大きく揺るがす英雄へとなっていく。 転生者が紡ぐ英雄譚、ここに開幕。