現代/その他ファンタジー 短編集 連載中

中途Real

作者からの一言コメント

よろしくね

読了目安時間:27分

「私は私で居続けられる記憶が欲しい」 「いつになったら、俺は死ねるかな?」 記憶を三日間しか保てない男と 不死身な男の日常。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 中途Real
作者名 さいはて
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ ギャグ シリアス ほのぼの 男主人公
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年3月6日 18時00分
最終投稿日 2020年3月11日 18時00分
完結日 -
文字数 13,650文字
読了目安時間 27分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    790,269

    15,971


    2021年7月29日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む

  • ペルソナぼっち

    他人に興味を持てない高校生のお話。

    16,800

    100


    2021年7月29日更新

    戸部ショウは他人に興味がない。過去に何かあったというわけではなく、生まれつき。今日も今日とて一人で過ごす、孤独を愛する者だ。 高校に友だちはいない。そもそもクラスメイトの名前を覚えていないし、顔と名前も一致しない。面白くない授業は聞き流し、自分の殻に籠もる日々に満足していた。 しかし、高校二年生に上がった時、それをおびやかす存在が現れた。 東野シノ。学内で一番の美人とうわさの少女。彼女と同じクラスになってしまった。しかも隣の席で、さらには同じ委員会に任命され、否応なく彼女と関わりを持つことになってしまう。 平穏な孤独を恋しく思う一方で、何気ない会話を積み重ね、彼女もまた孤独を抱えている人間だと知り、ほんの少しずつだが彼女に惹かれていく。 他サイトで同時掲載中。 週一回ペースでの更新を予定しています。

    読了目安時間:57分

    この作品を読む