「神の恵みと神との親しい交わりとを保ったまま死んで、永遠の救いは保証されているものの、天国の喜びにあずかるために必要な聖性を得るように浄化(清め)の苦しみを受ける人々の状態」 煉獄について Wikipediaより抜粋

序章

煉獄へようこそ

QCサークルとはサークル活動である。 当たり前である。 では、サークル活動と聞いたらどんな事を思い浮かべるだろうか? キャッキャウフフの楽しい活動だろうか? それとも、爽やかな汗を流す青春的活動だろうか? どれも違うッ!! そんな幻想は犬のクソだ! 今すぐ捨てろ! ここから先は会社の使い捨て歯車が命と精神を磨り減らし、ストレスと叱責と矛盾と嫌悪感、忌避感と現実とカルト感に苦しむ煉獄の光景があるだけだ! そう! QCサークルとは煉獄のサークル活動! 天国でも地獄でも無い煉獄にようこそッ!!!!

信長Take3の連載に影響がない程度の更新予定です。 連載作品ですが、長くはならないと思います。 あと怒られたら中止します。 ……行方不明になったら『そう言うこと』だと思ってください。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年3月8日更新

    【自分の限界を超えていけ】 「ようこそ、明鈴高校女子野球部へ」 全てはこの一言から始まった。 ────やっぱり野球が好き。 怪我で野球を辞めた高校生、藤崎巧は監督としてグラウンドに戻っていた。 巧が高校に入学して数日、中学時代の知人、明鈴高校女子野球部の『大星夜空』と再会した。 「アドバイスだけでもお願い!」 「夜空さんがやればいいじゃないですか」 「私感覚派だし、明日の練習試合を見てアドバイスをくれるだけでいいから!」 「それくらいなら……」 夜空のお願いを巧は渋々引き受ける。 そして翌日、練習試合の途中で夜空はとんでもないことを言い始めた。 「監督やってみない?」 一試合限りの監督をすることとなった巧は見事勝利を収めることに成功した。 そして試合後も勧誘を受け続ける。 監督を引き受ける気のなかった巧だったが、女子野球部のしつこい勧誘にうんざりしていた。 「私たちが勝ったら監督をする。負けたら勧誘はもうしない。だから勝負してよ」 「嫌だ」 「もしかして自信ない?」 同じクラスで女子野球部の神崎司の策略(挑発)よって、今後のしつこい勧誘をしないことを条件に女子野球部と対決する。 ──そして、 明鈴高校女子野球部の監督として藤崎巧はチームを導いていくこととなる。 派手なプレーとは裏腹にどこか闇を抱える全国総合力ナンバーワンワンのキャプテン、大星夜空。 怪我で野球を辞めたが、マネージャーとしてチームを支える、かつての全国ナンバーワンヒッターの本田珠姫。 県内トップクラスのピッチャーで巧にライバル心を抱く、クールで負けん気の強い瀬川伊澄。 煩くチームのムードメーカーながら繊細な守備でオールラウンダーな姉崎陽依。 地味で清楚な見た目からは予想とつかない嫌らしいリードを得意とするキャッチャーの神崎司。 高身長で豪速球を投げるがプレーはまるでど素人な豊川黒絵。 美少女だらけの明鈴高校女子野球部に巧は半ば強引に入部させられることとなる。 独特な個性を持つチームメイト、美少女の中に一人の男子。 美少女に囲まれながらハーレムとはほど遠い野球漬けの毎日。 明鈴高校女子野球部は、高校野球の全国大会、甲子園を目指す。

  • 「【BL】今日はなんの日」の続編です!!

    ♡1,800

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・6話・21,066字 hamapito

    2021年3月8日更新

    2月18日(木)より連載開始<毎週*月曜と木曜の2回更新予定> 『【BL】今日はなんの日』の続編 幼馴染の男子高校生、大和《やまと》と伊織《いおり》は変わってしまったお互いの気持ちを告白し、両思いになった。 「幼馴染」でも「親友」でもない「恋人」の距離感に戸惑いながらも、少しずつ近づいていく二人。 このまま幸せな日々がずっと続くと思っていたけれど——?