ホラー 短編 完結済

必ず散る命

作者からの一言コメント

未来を知ることが救いとは限らない。

読了目安時間:3分

総エピソード数:1話

必ず散る命の表紙

主人公が未来に電話をする。 しかし電話にでた未来の自分は、いま黄泉にいると言い出し……。

前へ

1-1

次へ

  • 投稿日2021/11/23 22:50 文字数1,296文字

前へ

1-1

次へ

作品情報

作品名 必ず散る命
作者名 DANDY
ジャンル ホラー
タグ シリアス 男主人公 現代日本 純文学 ヒューマンドラマ ホラー 切ない 電話 どんでん返し
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月23日 22時50分
最終投稿日 2021年11月23日 22時50分
完結日 2021年11月23日 22時51分
文字数 1,296文字
読了目安時間 3分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【BL】バズる間取り

    売れないアイドルが事故物件に住むBL

    38,500

    0


    2021年11月30日更新

    あらすじ 元人気子役&アイドルだった伊織は成長すると「劣化した」と叩かれて人気が急落し、世間から忘れられかけていた。ある日、「事故物件に住む」というネットTVの企画の仕事が舞い込んでくる。仕事を選べない伊織は事故物件に住むことになるが、配信中に本当に怪奇現象が起こったことにより、一気にバズり、再び注目を浴びることに。 自称視える隣人イケメン大学生狗飼に「これ以上住まない方がいい」と忠告を受けるが、伊織は芸能界生き残りをかけて、この企画を続行する。やがて怪異はエスカレートしていき……

    読了目安時間:1時間55分

    この作品を読む

  • コフィン・イン・ザ・フォレスト

    図書室で出会った新しい友人は……幽霊?

    3,000

    0


    2021年11月30日更新

    代わり映えしない毎日に飽き飽きしていた、夕凪(ゆうなぎ)高校二年生の朝比奈麗美(あさひなれみ)。 五月のある日、麗美は第一図書室で、望月絵美子(もちづきえみこ)という美少女と出会う。二人はすぐに打ち解けるが、この新しい友人には謎が多く、麗美は徐々に違和感を覚えるようになる。また、学校内では次々と不可解な出来事が発生、日常に少しずつ影が差してゆく。 梅雨に差し掛かる頃、麗美は母方の叔母であり、夕凪高校の卒業生でもある星崎百合子(ほしざきゆりこ)と、数年振りに再会する。学校生活でおかしな事はないかと百合子に尋ねられた麗美は、絵美子と不可解な出来事の数々について話す。 「そんな……どうして」 百合子は明らかに動揺していた。 「叔母さん?」 「絵美子は死んだのよ。二〇年前、私の目の前でね」 百合子は語った──二〇年前、夕凪高校で起こった、やはり不可解な出来事の数々を。そしてその裏に隠された、ある衝撃的な真実を。 ※若干暴力的・残酷な描写がございます。 ※他投稿サイトでも公開しております。 ※矛盾点や誤字脱字、その他変更すべきだと判断した部分は、予告・報告なく修正する事がございますのでご了承ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年、人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    1,929,810

    5,495


    2021年11月30日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間45分

    この作品を読む