放恣クトゥルフ神話短編集

読了目安時間:9分

エピソード:3 / 108

画廊

 なぜ、その画廊に入ってみようと思ったのかはわからない。寂れた町のうらぶれた路地にあった画廊だった。潮風と饐えた臭いのする町から逃れたかったのかもしれない。  ぎぃ、と軋んだ音と共に開いたドアの向こうには小綺麗な絵画と奇妙な彫刻が少し。なんとも取り合わせの悪い展示に苦笑が漏れる。 「いらっしゃいませ」  迎えてくれたのは、古風な立襟のシャツを着た青年だった。無邪気そうな笑顔が店主とも思えない、店番だろう。少し見せてもらうよ、断った私に彼は照れくさそうに微笑む。  ――おや?  その態度に店番とは誤りかと感じた。あるいは作者かと。ならば小綺麗な絵画の方にと私は向かう。絵の心得などまったくなかったけれど、さして感銘を受けない綺麗なだけの絵だった。 「中々に綺麗な絵だね」 「ありがとうございます」 「私みたいな無骨者にはちょっとああいった彫刻はねぇ」 「すみません」 「うん?」 「僕の作品なんです、その……」  失敗した、と天を仰ぎたくなった。作者本人の前で褒めたつもりが逆だったとは。まさか彫刻の方だとは夢にも思わなかったせい。  ――こんな青年がなぁ。  気弱そうな、優しげな青年であるのに、と私は不可解な気分だった。もっとも芸術とはそのようなものであるのかもしれない。 「それは悪いことを言ってしまった。いい機会といったらなんだけれど、よく見せていただくよ」  見る目が変わるかもしれないからね。言いつつ彫刻の前へと移動した。青年は気にしないでくださいと身を縮めていたが、どこか嬉しげな佇まいにほだされたのかもしれない。  少しばかり飾ってあるだけの彫刻だった。鑿跡というのだろうか、彫った痕跡も鮮やかであるのに、だがしかし奇妙にも生々しいぬめりを感じるような。  まるで粘体だった。どろりと蕩けた物体が見事に彫り込まれ描かれているさま。伸びた触腕は蛸のようで蛞蝓のようで、正直に言えば気味が悪いのに、なぜか心惹かれるものがある。 「こういうものは、はじめて見たよ」 「慣れない方は苦手だと思います」 「そうだね。苦手な部類なんだが……なぜだろう、そもそも彫刻に興味がなかったんだが、あなたの作品は目が惹きつけられてしまう」  自分で口にしていて、本当に不思議だった。排水溝に溜まった泥とてこれほどではないと思わせるほど、汚く悍しい粘体。この世のものとは思えないこれを、眼前の青年が作り上げたとは。人とはわからないものだとしみじみ思う。 「あなたは、こういうものをどう作るのだろう。抽象的な質問で申し訳ないが」 「そう、ですね。夢、でしょうか」  含羞む青年に私は納得していた。夢ならば悪夢だろうそれを、青年は彫刻という形で昇華するのだろうと思えば素晴らしいことにも思える。  旅の目的は別の街にあり、だが私はこの町に滞在し、そして毎日画廊に通い続けた。そのうちに絵画の方は生活のために展示販売しているだけの、彼の作品ではないと知った。さもありなん、私はうなずく。あの彫刻とは似ても似つかない。絵画にはただ綺麗だとしか感じなかった。彫刻は、気持ちが悪いのに、目が離せない。心に突き刺さり、そのまま拡散しては私という存在を侵食していくかの力強さがある。 「何度見てもいいな」  数日で青年と私は他愛ない世間話をかわすようにもなっていた。互いに名乗り合い、気安く呼び合うようにも。けれど多くは彫刻について語り合う。まるで素人の私に彼は快くなんでも教えてくれた。 「ありがとう。嬉しく思います」  照れた眼差しも心地よい、昨今稀な青年だと思う。そんな彼が彫刻に関して語り出すと滔々と持説を述べるのだから面白い。 「そういえば、作品にタイトルはつけていないのかい?」  どこを見てもそれらしき題が書いていなかった。見れば絵画の方にはきちんとつけられているから、彼の方針なのかとも思ったのだが。 「ちょっと、気恥ずかしくて。聞いていただけますか?」 「もちろんだとも。是非」 「――落とし子、と言います」  ほう、と声を上げてしまった。何を以てしてそのような題をつけたのか、私にはわからない。それでいて、これ以上ない題だとも思う。 「もしよかったら、触れてみてください」 「いいのかね? もし――」 「大丈夫です。触ることを想定して作っているんです」  触れて感触を楽しむ、そのような作品なのだ、彼は言う。ならば遠慮はいらない、と私は嬉々として手を伸ばした。実のところ、触れてみたくてたまらなかった。  このような、粘体を表したものに触れたいとは、我ながらわからないものだと苦笑する。だが、そうしたいと思わせる作品だった。 「これ、は……」  知らず息を飲む。彼からは素材は木と聞いている。なのに、これは、本当に木なのだろうか。木材にある温かみがまったくなかった。逆に指先に感じたのはひんやりとした粘液質。 「どうぞ、思い切って」  にこりと笑った彼に促され、私は掌全体で触れた。ぴしゃり。音がしたのは錯覚に違いない。だけれど、そう感じてしまうほどの冷たさ。慌てて引き剥がせば、掌に粘りつくような。 「すごいな……」 「どうでしたか?」 「本当に、ねばねばした物を触っているような気がしたよ。素晴らしい」 「ありがとう存じます」  恥ずかしげに頭を下げた青年を私は絶賛し続けた。彼がもうやめてくれ、と半ば悲鳴じみた声を上げるまで。それでも言い足りない気分であったのだが。 「もう……本当に恥ずかしい……。そこまでお褒めを頂戴しましたから、もしよかったらアトリエをご覧になりますか」 「いいのかい! 嬉しいよ、ありがとう」 「とんでもないことです。ただ、都合がありまして夜になってしまいますが」 「問題ないとも」  勢い込む私に彼はアトリエの場所を教えてくれた。なんのことはない、この画廊の裏手だという。ならば迷う気遣いもないと私は一旦画廊をあとにして時間を潰した。  気もそぞろ、とはこれを言うのだろうと思っては自らを笑う。早く見てみたい。彼が制作中の作品はいったいどんなものなのか。画廊にあるものだけでは私は飽きたらなくなっていた。  そのアトリエは、画廊よりなお暗かった。それで私ははじめて違和感を抱く。思えば画廊は明かりも少なく、作品が見にくいこともあった。  ――違う、絵の方だけだ。  見えにくく感じたのは絵画だけ。彼の彫刻はまったくそんなことはなかった。ならば彫刻にだけ光が当てられていたのか。否。私の記憶にそれはない。 「どうぞ、入ってください」  散らかっていますが。照れた声音に私の違和感は飛んでいく。妙なことを気にしたものだと苦笑する程度に。それもすぐさま消えた。  アトリエは彼が言う通り、物が散乱していた。素材なのか、木切れがあちこちに落ちている。絵の具と思しき染みもあった。 「絵の具だったのか……」 「違うと思ってくださったならば望外の幸せです」 「そうかな?」 「それだけ生々しく感じてくださった証ですから」  もっともだった。彼の言葉通り、私はあの彫刻が着色されたものとはついぞ思わずここまできた。いまもまだ塗ったもの、とは思えない。  彼の案内で狭いアトリエを見てまわった。塑像らしきものもたくさんあって目に飽きない。どれもこれもが粘体だった。落とし子、と名付けた作品は一連のものなのかもしれない。 「スケッチも、よかったら」  画帳を差し出してくれた彼の手から、私は奪い取ったのではないだろうか。己の興奮ぶりが恥ずかしい。が、彼は嬉しげに微笑んでいるばかり。画帳を開けば、そこには彫刻よりなお悍しいスケッチが。 「それをいつか、表現できればと思うのです」 「なんと……」 「技術が足らなくて」  含羞む彼をまじまじと見る。彼ならばいつか、そう思ったままに告げた私に、頼りなく微笑んだ青年は「あなたならば」と言っては壁際へと連れて行ってくれた。  制作中の何かがあるのだとばかり私は思っていた。なぜならば、白い布をかけた大きな物体がそこにはあったせい。まだ人目に晒したくない習作かもしれない。しかし彼は私を振り返り、小さく微笑む。そして布を取り去った。  ばさりと音がして、私は息を飲む。驚いたのもあった。布の向こうは鏡であった。否、違う。鏡であったのは一瞬のこと。我々二人が映ったと思う間もなく、それは別のものを映しはじめる。  声もなく見据えていた。自分の目が、見ているものが信じられない。鏡にして鏡ではないものの中、彼の作品に酷似した何かがあった。否、いた。動いていた、蠢き、もがいていた。足掻き、くねり、這い出そうとしていた。ぬらぬらと光る黒い粘塊から伸びる触肢がちろちろと周囲を探る。触肢は時に口であり目であった。歪んだ手足であった。 「映像……」 「違いますとも。どうぞ、もっとよくご覧になってください」  無邪気に並んで向こうを覗く彼につられた。私を見やっては楽しげに微笑む彼に、私まで同じように。  あまりにも生々しかった、映像と口にした私だが信じてなど端からいない。これは、現実だと。だがしかし、いったいどこにこんな現実があるものか。 「美しい、そうお思いになりませんか」  胡乱げなところなどまったくない青年だった。ただただこの景色に美を見ている彫刻家がそこにいた。私が間違っているのか。これは美なのか。再度、向こう側に視線を戻した私は飛び上がる。 「い、いま……!?」 「どうされました?」 「目が。目が……あった……」 「それくらいはよくあることです。落とし子たちは、生きていますから。ほら」  屈託なく微笑んだ彼が手を伸ばした。鏡であった何かに触れようと。私の呼吸は止まる。 「可愛いものだと思いませんか?」  そうして、彼が伸ばした手は、鏡の、向こうに。断じて目の錯覚などではない。私の見ている目の前で彼は向こうに手を差し入れ、あの悍しい粘体に触れている。私は確かに見た。彼の手が、粘体に塗れるのを。黒とも思えない黒に染まりゆくのを。  悲鳴を上げて逃げ出した。身も世もなく駆け出して、私はどこをどう通ったのかすら覚えていない。気がついたときには、自宅だった。手にはしっかりと旅行鞄を持っていたから、ホテルには寄ったのだろう。まったく記憶にない。  それでもまだ怯え慄いていた。自宅のポストには旅行前に頼んでおいた仕事の資料が届いている。何もかも忘れたくて、私はその百年ほど前の新聞記事にと取りかかった。読みにくいそれを読んでいれば、あの経験など忘れてしまえるに違いないと。  だが、そんな私を嘲笑うよう目に飛び込んできた記事。とある彫刻家の死亡記事だった。悪魔的と評された作風から風紀紊乱の咎で逮捕されたこともあるとか。自然と私の目は記事を追う。そこには、彼の名があった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女神官

    プチ猫

    ♡700pt 2021年12月1日 21時26分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    プチ猫

    2021年12月1日 21時26分

    女神官
  • クトゥルフ

    浅葱亮

    2021年12月1日 21時45分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしい!

    浅葱亮

    2021年12月1日 21時45分

    クトゥルフ
  • アマビエペンギンさん

    光屋尭

    ♡500pt 2022年3月6日 21時39分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    光屋尭

    2022年3月6日 21時39分

    アマビエペンギンさん
  • クトゥルフ

    浅葱亮

    2022年3月6日 21時47分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしい!

    浅葱亮

    2022年3月6日 21時47分

    クトゥルフ
  • ありちゅ

    巽☆

    ビビッと ♡500pt 2020年11月20日 22時10分

    《胡乱げなところなどまったくない青年だった。ただただこの景色に美を見ている彫刻家がそこにいた。私が間違っているのか。これは美なのか。再度、向こう側に視線を戻した私は飛び上がる。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    巽☆

    2020年11月20日 22時10分

    ありちゅ
  • クトゥルフ

    浅葱亮

    2020年11月20日 22時40分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    君の応援が力に変わる‼

    浅葱亮

    2020年11月20日 22時40分

    クトゥルフ
  • 探偵

    坂本 光陽

    ♡200pt 2020年11月21日 9時13分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    坂本 光陽

    2020年11月21日 9時13分

    探偵
  • クトゥルフ

    浅葱亮

    2020年11月21日 14時00分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    励みになります…!

    浅葱亮

    2020年11月21日 14時00分

    クトゥルフ
  • ステラ

    鷲巣 晶

    ビビッと ♡200pt 2020年11月20日 21時03分

    《声もなく見据えていた。自分の目が、見ているものが信じられない。鏡にして鏡ではないものの中、彼の作品に酷似した何かがあった。否、いた。動いていた、蠢き、もがいていた。足掻き、くねり、這い出そうとしていた…》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    鷲巣 晶

    2020年11月20日 21時03分

    ステラ
  • クトゥルフ

    浅葱亮

    2020年11月20日 21時07分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    わ~い!

    浅葱亮

    2020年11月20日 21時07分

    クトゥルフ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×ロボアクション

    1,012,200

    12,595


    2022年11月23日更新

    もし今日生きる世界が明日に繋がらないとしたら……あなたならどうしますか? 平坦で窮屈な毎日がガラリと様変わりして人知れず悦びます? あるいは、充実した日々を何の脈絡もなく奪われて涙します? この青年、ごく普通の高校生:水奈 亮(17)は現在まさにそんな状況下に置かれている。 『昨日』と同じような『今日』を過ごし、『今日』に似た『明日』を迎える、そう信じていたのに…… ◇◇◇ 『昨日』に通じるようで通じない世界。突如襲来した謎の存在:外来生物により既存の秩序・規則が崩壊し、人類は新たなる国家・制度・価値観のもとに生まれ変わろうとしていた。それは日本とて例外ではなく、実質的な首都:東京と人口の約60%という尊い犠牲を払いつつも、新たなる首都:神奈川県新都小田原のもとで立ち直りをみせていた。 しかし、そんな日々をまたしても危機が襲う。5年前に世界の理を強制的に変えた存在、外来生物が首都近くの海域:日本のEEZ域内に侵入したのだ。 突然の出来事。『昨日』とは全く異なる状況から逃れることも戸惑うことすらも許されず、ごく普通の高校生は『昨日』とは少し違う親友と全く異なる幼馴染らとともに、迫り狂う『滅亡の再来』に対し特殊装甲ARMAで挑む! それが人類に与えられた【最後の希望】だと告げられて…… ◇◇◇ 現代世界に似た世界を舞台にしたSF長編作品。異世界転移を基本ベースにしつつ、ロボットアクションに、政治的な駆け引きに、早熟で未熟な恋愛劇にと、自身が好きな要素を「これでもか!」と加えています。登場人物が割と多めですが、主役・準主役以外にもスポットライトは当てるつもり。毎回いろんなことを調べながら記しているので更新は週1程度ですが、どうぞ最後までお付き合いませ♪ 【ジャンル別ランキング日間1位獲得】(2022.11.02) 【ジャンル別ランキング週間1位獲得】(2022.10.08) 【ジャンル別ランキング月間1位獲得】(2022.10.15) 【ジャンル別ランキング年間4位獲得】(2022.11.02) 【総合ランキング日間1位獲得】(2022.09.28) 【総応援数1,300件到達】(2022.10.28) ※日頃よりのご支援・ご愛顧ありがとうございます(*'ω'*) ※表紙イラストは伊勢周様作(掲載許可取得済)(2022.10.29)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間39分

    この作品を読む

  • 世界の平和より自分の平和

    神の子(超不器用)と愉快(?)な仲間たち

    404,750

    980


    2022年11月26日更新

    (物理的に)不器用な神様の子とその周囲の人々がわちゃわちゃする、90年代ライトノベル風味の現代ダークファンタジー。 スプラッタや、稀に同性愛表現が含まれます。 ****** 人間の両親と聖獣“朱雀”のミトコンドリア置換で生まれた『試験管ベイビー』の主人公、翔。そんな彼は不器用で、能力の扱いはイマイチ。痛覚が鈍く、しかし痛いのが大好きで、自傷癖持ち。一番の友だちは、百舌鳥の寒太。 ふわふわの薄栗色の髪の毛には太いアホ毛。とても目立つワインレッドの眼は、いつも眠そう。顔付きは可愛くもなければ、男前でもない。 特性だらけのモブ。 成り行きで婚約者となった未来の嫁は魔女らしく、超絶美人な日本×ドイツのハーフ。その嫁の使い魔は、自分が殺してしまった父親。 だが、翔は婚約者がどうも苦手だったりする。 そんな彼らに忍び寄る、他組織の影。 時に爆発を起こし、時に自分を刺したりしながら、家庭内や、自らが所属している組織内でマイペースに成長していく。……のかもしれない。そんな話。 ================ ☆小説家になろうからの転載 ☆週1~2回更新 ☆ブックマーク、感想、スタンプなど頂けると踊って喜びます!(ただし、作者はおぼろ豆腐のようなメンタルの持ち主です) ☆挿し絵も自作 『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』(完結済)の、ちょうど二年前の話(『ウサギ印』の親的なお話)になります。 (連載開始は『ウサギ印』より早かったのです……) キャラ多過ぎ! をコンセプトに書いてるお祭り小説なので、キャラが多いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間45分

    この作品を読む