完結済 短編

品詞の生贄

作者からの一言コメント

日本語から一つ、品詞が消えることになった

神の怒りに触れた日本語は、品詞を一つ、生贄として差し出さねばならなくなった。 自分がいなければ日本語は成り立たない、と喧々諤々の議論を交わす品詞たち。 そんな中、生贄に選ばれたのは……。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 品詞の生贄
作者名 るうね
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月29日 12時05分
最終投稿日 2020年7月29日 12時06分
文字数 2,009文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 16件
応援ポイント 9,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • あなたには戻りたい思い出がありますか?

    ♡89,650

    〇70

    現代/その他ファンタジー・完結済・46話 カムクラ マカ

    2020年8月10日更新

    3分で読める物語を、たくさん詰め込んでいきます。 . . かなり独特な構成となっております。ご了承ください。 . . ※後書きに用語解説や、作品の考察における参考になるようなものを載せておきます。 ですが物語の大半が「答えは読み手によって決まる」ようになっておりますので、あくまで参考程度に使っていただけると幸いです。 . . . 気付いたら僕は、記憶がなくなっていた。 記憶を思い出すべく、追懐の塔の番人と人々が塔に残した数々の思い出に触れていく…。 少年は記憶を思い出せるのかーーーー そして…追懐の塔の番人の正体とはーーーーー!?

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡201,200

    〇1,843

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 性格の良くない三人組の依頼解決物語

    ♡23,700

    〇500

    童話/絵本/その他・連載中・10話 砂乃路傍

    2020年8月11日更新

    ここは大宇宙。アンドロメダ銀河の片隅にある、水が豊かなアルビオン星。しかし、目に見える差別もあり、目に見えない差別もある。 差別のある窮屈な世の中だから、いい奴ばかりじゃない。 でも、わるい奴ばかりでもない。 そんな世界の隙間を縫いながら、たくましく生きていくネスファ、ベル、ミオ。性格の良くない三人組は貧乏暇なし。 三人組は昼夜問わず、口八丁手八丁。これも全部、依頼解決のため。 ベル「ブエノスディアース」 ネスファ「ようこそ、こちらブロッサム相談所」 ミオ「立ち話も何です。さあ、おかけになって下さい」 三人揃って、今日も来客を迎える。 ※すべてフィクションであり実在の人物・団体・法律等とは一切関係ありません。

  • エロ・グロ・ユリ・大分アウトな物語です。

    ♡69,300

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・35話 レシェフ

    2020年8月10日更新

    特殊部隊として武力勢力を蹂躙し、行く先々で女性と関係を持っていた兵士・ジュリア。ある時、ある戦場で地雷を踏んであっけなくその人生を終えたと思っていた。 目が覚めたジュリアは、小鳥と呼ばれる少女となり、楽しい楽しい学園ライフ……。レズビアンであるジュリアからすれば喜ばしい楽園。女学園へと通う事なる。 そんな楽しい学園ライフ。終わりの会でランダムに呼ばれる少女達。それが何を意味しているのかジュリア、もとい小鳥は選ばれて知る事となる。”お泊り会”における学園の裏の顔。死と懲罰、通称・鬼百合を見る事になる。 何をしてもいい”お泊り会”は何の為に行われているのか。 ※だいぶアウトな感じの描写が散見されますので、苦手な方はお控えください。