現代/青春ドラマ 短編 完結済

青の彷徨

作者からの一言コメント

青に溶けていく

水族館は、名波とかなたの「逃げ場所」だった。 かなたとの出会いで、名波の日常が青に塗り替えられていく。--

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 青の彷徨
作者名 瑞浪イオ
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 現代日本 日常 HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月31日 20時06分
最終投稿日 2020年11月22日 20時18分
文字数 11,745文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 8件
ビビッと 7件
応援ポイント 10,000pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 乙女達と腐敗の夏 チート捕縛劇

    ♡175,574

    〇31,555

    現代/その他ファンタジー・連載中・47話・174,327字 兎野熊八

    2020年11月14日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • ヒトは生きてるだけで尊いんです

    ♡6,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・8,244字 しかのかの

    2020年11月25日更新

    悪役令嬢のアリア・アルバーニは自身が起こした悪事の報いを受け追放されん。 二度目の人生を異世界で体感することになった栞子。 転生のタイミングの悪さに泣くこともなく追放を受け入れる。 使用人のシャーロットと一緒に、遠方の自然豊かな土地「アルカロット」へと向かった。 そこで出会った精霊の力を借りての人助け。 最初はアリアを歓迎してなかった村人も徐々に彼女を受け入れるようになります。 そしていつしか彼女は願うようになりました――もっと多くの人を助けたい。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 諸事情によりなろうから転載

    ♡200

    〇未参加

    現代/青春ドラマ・連載中・16話・68,363字 御目越太陽

    2020年11月25日更新

    相楽遊人、十六歳。高校受験に失敗した彼は滑り止めで受けた私立の学校に嫌々ながら通うことになった。早急の転校という野心を抱えたまま、なんとも身の入らない高校生活も気づけば3ヶ月を過ぎようとしていた。 夏休みを目前に控えたある日、進路のことで担任に呼び出された遊人はちょっとしたきっかけで先生に勝負を持ちかけられる。そこに偶然居合わせた先輩を巻き込んで、先生が取り出したのは遊人には見覚えのないしゃれた装丁の化粧箱、ボードゲームだった。先生(と先輩)に促されるままゲームを遊ぶことになった遊人は、その時初めて自身の通う学校がカリキュラムの一環でゲームについて勉強するきわめて特殊な学校であることを知る。 学校の実体を知り、改めて転校への決意を固める遊人だったが、彼の意思とは裏腹に勉強の方はさっぱり結果が出ない。にもかかわらず、高校生活は遊人をゲームへ誘って行き……。 ボードゲームとの出会いを通して成長する少年の姿を描く青春エンターテインメント。

  • 年下メガネと探偵ごっこ。

    ♡300

    〇2

    現代/青春ドラマ・完結済・10話・73,685字 みやびつかさ

    2020年11月25日更新

    わたし、板井あおいは人付き合いのキライな高校三年生。 家族との関係もイマイチで、どうにも神経がイラ立ってしまって「うるさく」なってしまう病気っぽいもの持ちだったりする。 そういうワケで、放課後は最終下校時間まで静かな図書室へ逃げ込んでいる。 ところが、三年になった春から、いつもわたしが座っていた図書室の席に背の高いメガネ男子が居座るようになってしまった! 近所で起きた猟奇殺人事件をきっかけに、そのメガネ男子、一年生の河合颯太とお近づきになり、わたしは少しづつ人付き合いを取り戻そうとするも、あるトラブルに巻き込まれてしまう! 男に押し倒され、カッターナイフを突きつけられたわたしの顔面が急に剥がれてしまい……見た者に“ホンネを言わせる”超能力に目覚めてしまったのだ! 家族関係、連続殺人事件、超能力。……それから颯太くんとの関係。 カカオ73%でちょっとビターなわたしの高校生ライフ、いったいどうなっちゃうんだろう? ※当作品はフィクションで、実在の人物・事件・書籍等とは無関係です。 (毎日7時半に更新、全27話。小説家になろうさんでも同日更新中。ペースは同じ)