現代/その他ファンタジー 長編 完結済

死んだ地球に生きる僕ら

作者からの一言コメント

ラノベの作風に染まらない。

2066年、地球は死んだ。 人類の活動、災害などによって地球温暖化は進行し続け、 残り26年で、この星では人類は生きられなくなるということが分かった。 あまりに身勝手な人類は、宇宙船に乗って「第二の地球」への避難を開始した。 しかし宇宙船の定員の問題から、全ての人類が「第2の地球」に逃げられる訳ではなかった…。 2086年現在。 地球が人類の生存に適さなくなるまで6年となった今。 ______これは地球に残された、高校3年生の浩成とその同級生翔の、終末世界の話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 死んだ地球に生きる僕ら
作者名 ふじゆうさん
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 届け、言葉の力PJ 第2回ノベプラ大賞 デンドロコンテスト シリアス ほのぼの 男主人公 現代日本 近未来 日常 ハッピーエンド ノベプラオンリー バッドエンド
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年2月8日 23時27分
最終投稿日 2020年2月13日 18時32分
完結日 2020年2月13日 18時32分
文字数 10,643文字
ブックマーク登録 6件
コメント 1件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,750pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • "過去"を求めて荒廃世界を旅する冒険活劇

    ♡73,200

    〇550

    異世界ファンタジー・連載中・19話・64,427字 行里ゆんや

    2021年3月4日更新

    100年前の悲劇、葬送の災厄(エントゥーム)によって文明が埋葬され、途絶した世界セラスティア。 かつての文明の遺物、埋葬品(レリック)を求めるグレイブディガーの少女アマナ・フライハイトは、相棒のフェザー・バイク〈サラソージュ〉とともに、世界各地をさすらっていた。そんなある日、新たに発見された埋葬遺跡の中で、アマナたちは一人の青年と出会う。 記憶も名前も持たない彼が持っていたのは、正体不明のレリックただひとつ。 ナナシと名付けた青年の記憶と、謎のレリックの正体を求めて、運命が動き出す。 レリックという過去を通して、未来へ進むアマナ。 自身の記憶という過去を閉ざして、未来を憂うナナシ。 過去を掬い未来を救う、その果ての物語が、ここから始まる。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 週2~3回程度の更新を予定しています。 ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです! 作者Twitter @ikuri_yunya --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  • 美桂ちゃんと拓海くんのイチャラブ日常系

    ♡2,600

    〇300

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話・4,895字 松本 せりか

    2021年3月4日更新

    美桂と拓海が出会ったのは、幼稚園の頃。 その頃の幼稚園は、空前の結婚ブームだった。 『僕ねぇ。結婚したら、奥さんと子どもといつまでも仲良く暮らしたいんだ』 同じクラスの相沢拓海くんは、女の子に囲まれながらそんな事を言っていた。 そんな無邪気な拓海くん5歳の発言に、私こと美桂の幼稚園生活は黒歴史に代わった。 その後も、美桂の世話をせっせと焼き続け。 お互いの両親も攻略して、どんどん外堀を埋めていく拓海くん。 一応、抵抗はしたのだけど。 私は仕事が出来なくなるくらいなら、結婚もしないし、ましてや子どもも欲しくない。 子どもが欲しいのなら他の人を選ぶべきだと……。 そう言ったのに、拓海くんはそれでも良いと了承してくれた。 そうして、気が付いたら、結婚生活が始まっていた。 このお話は、とある夫婦のこぼれ話。 恋愛時代や結婚後のお話を一話完結でお届けしています。(R15) 番外編に『午前三時の小さな冒険』 真夜中まで、眠れなかったのは幼い頃には良く見えていた。ある現象を待っていた。 ベッドの上でうずくまっていると、横で寝ていた拓海くんに布団の中に引き込まれ、彼の腕の中で見た夢のお話。 『~記憶の迷宮~』 会社でこけて頭を打ってしまい、記憶を無くしてしまった美桂。 病院からの帰る場所に、実家では無く夫の拓海のそばにいる事を選んでしまった。 僕たちは、夫婦だったんだよ。大丈夫? と言って、戸惑いを見せる拓海はそれでも優しく記憶の無い美桂を支える。 美桂の記憶が戻るまでの、お話。(R15) おまけの『妊娠・子育て編』 妊娠への戸惑いと産後の大変さを夫婦で乗り切ります。 拓海の娘への愛情たっぷりのお話もあります。 ※小説家になろう カクヨム ノベルデイズ にも掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る