異世界ファンタジー 長編 連載中

弱者が悪を目指した黙示録

作者からの一言コメント

弱者が最強の仲間たちと共に贈る悪の物語

──この世には、正義と悪が存在する。 正義と悪。組織化こそしてはいないものの、確かにこの世界にはその二つが存在した。今では正義代表やら悪代表やらもいる始末で、おまけにその代表を決めるために三年に一度、トーナメント形式のバトルコンテストまで開催しているという話だ。 因みに開催場所はその時々により異なっていると聞く。 そんな世界に主人公、ジル・デラニアスは産まれ落ちた。死を経て新たな世界に産まれた彼は、とてつもない弱者である。人間と獣族、その間に生まれ落ちた彼が誇れるのは人より優れたその身体能力のみ。それ以外はてんでダメな主人公である。 彼が13歳になったある日、とあるチラシが家に届いた。それは悪への招待状。力を求め、弱き少年は悪になることを決意する。 旅立った彼はスライムに敗れた道中、不思議な少女、ミーリャと出会う。呪術師と名乗る彼女は凄まじい力を有しており、彼はつい死んだ目に。その後ある町でオルラッドと名乗る悪を嫌う世界最強の剣士と出会い、流れのままに共に旅をすることになった。 最強で最凶かつ最恐な彼らに囲まれた雑魚。これからどうしようか、悩んでいた矢先、彼は『予知夢』という能力を目覚めさせる。自身の身の回りで起きること、他者の身に起きたことなどを読みとることのできるその力を上手く使い、彼は度重なる死を回避。上手く生存していくことに。 だが、スライムにすら敗れる雑魚を守る、強い仲間の死を目にし、彼は焦る。なんとしてでも、このフラグを折らねばならないと──! なぜ無残とも言える死を与えられたか。 なぜ予知夢という、不可思議な能力が目覚めたのか。 なぜ、悪への招待状が、平凡な家に届いたのか。 弱き少年の進む先にはなにがあるのか……。 最弱の主人公が最強の仲間達とともに悪を目指してがんばる、ほのぼのでシリアスなバトルファンタジー(もどき)。 ※流血、死亡など残酷でえげつないと思われる表現を多々取り入れる予定です。苦手な方は閲覧をお控えください。 ※小説家になろうからの転載です。 なろう版は後編辺り。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 弱者が悪を目指した黙示録
作者名 ヤヤ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル ほのぼの 転生/転移 チート 男主人公 R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月7日 5時34分
最終投稿日 2020年9月19日 17時19分
文字数 426,374文字
ブックマーク登録 9件
コメント/スタンプ 114件
応援ポイント 18,050pt
ノベラポイント 280pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 神を刈り取る死神と吸血姫が綴る血の物語

    ♡4,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・29話・71,470字 アタホタヌキ

    2020年9月28日更新

    ――――僕は君の右腕だから。 五年前、神の子とされる神仔族≪ジ―クぞく≫と、反乱軍との間で戦争が起きた。異世界から召喚された四人の勇者によって勝利がもたらされ、ジ―クヴェルト王国は神仔族が、改めて統括することとなる。 反乱軍の者たちが主張していた奴隷問題についても、奴隷省と呼ばれる国家組織によって管理され、奴隷であっても、ある一定の権利を主張できるようになった。生殺与奪も主人の思いのままだったこれまでとは大きく変わり、奴隷であっても普通の人間と同じように暮らすことが許されるようになっていた。……見た目だけは。 異世界勇者達が勝ち取った世界は、実際には法の抜け道が多く、あらゆる奴隷はまだ自由を持てず、先の見えない暗闇の中に閉ざされていた。勇者達もまた、それぞれの理由によって奴隷制度を受け入れていた。そうして、問題を先延ばしにしたまま五年の月日が流れた。 ある男によって性奴隷にまで落とされた少女、フランツェスカ=ヒルデブランド。屈辱に震え、純潔を散らそうとした、その時……鮮血の雨が降り注いだ。冷たい牢獄の中で救いを求めた少女は、願い通り救われた。 ただし……彼女を救ったのは死神だった。 神を刈る死神……神死≪ディオ・モルテ≫、ヴァン=リベリオン。 吸血姫≪ヴァンピ―ロ≫の末裔、赤翼の吸血姫、クレア=アルカ―ド。 血の物語≪うんめい≫に翻弄されつつも、死神達は運命≪ものがたり≫を綴る――――。 *** アピールポイント *** 流行りの異世界転生チート物に飽きた方におススメです! ダークファンタジー物としての鬱展開はもちろん、伏線を多く盛り込んでますので、ぜひ最後までお楽しみください。(すでに一話の時点で数章後のための伏線も隠してあります) 神を刈り取る死神と、吸血姫との血の物語≪うんめい≫を巡る物語。ぜひご一読ください!ブックマーク,感想、レビューもお待ちしております‼

  • 黒蝶ゴスロリ衣装が最強装備って、まっ!?

    ♡137,600

    〇9

    異世界ファンタジー・連載中・269話・854,250字 べるの

    2020年9月28日更新

    美少女廃ゲーマーがゲーム内で手に入れたアバターと最強防具を纏い 異世界で姉と慕う妹たち(シスターズ)を守る為に戦う少女のお話です。 黒と白を基調とした、ゴスロリドレスに、背中には小さな蝶の羽根。 剣や魔法は使えないし、装備も出来ない。それでもゲーム内最新防具。 使える能力は、透明な壁と、背中の羽根の鱗粉。 その少女は、中身は30過ぎのトップランカーの透水澄香。 ゲーム内アバター姿のままで訳も分からず異世界に来てしまう。 その見た目とは裏腹な強さの為、厄介ごとに巻き込まれるも、澄香を姉と慕う少女が増えていく。 そんな澄香は大事な妹たちを守る為にその力を奮っていく。 自称、姉(澄香)と妹たちが異世界を楽しく冒険をするお話です。 (※多少百合百合な展開が含まれますがご了承ください) ◆現在のシスターズたち◆ ※9章まで ボクっ娘少女 ユーア ツンデレ魔法使い ラブナ ロリ巨乳双子姉妹 ナゴタ&ゴナタ のじゃロリハーフ ナジメ 従魔(ウルフ系) ハラミ ※タイトル変更しました。1/21 ※少女同士の絡みがあります。 ※性的な表現が少しあります。 ※残酷な表現があります。 ※カクヨム様、アルファポリス様、 なろう様に時差投稿しております。