エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

夜食にはカップ春雨

作者からの一言コメント

妄想と現実が交錯する。

ぼくは過度なカロリーを摂取することへ恐怖をいだいているくせに、腹をすかせていた。 やっと作業ができるのに。 空腹で気が散る。 何か夜食を……。 ラーメンか。本当にそのカロリー分だけぼくは何かを遂げられるのか? コロッケは、唐揚げは、おにぎりは……。 こんな時にまで優柔不断だ。いやになる。 そうだ、あれを。カップ春雨を食べよう。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 夜食にはカップ春雨
作者名 鈴稀あわひと
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 禁断の夜食コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月30日 10時14分
最終投稿日 2020年10月30日 10時15分
完結日 2020年10月30日 10時15分
文字数 1,488文字
ブックマーク登録 0件
コメント 1件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る