恋愛/ラブコメ 長編 連載中

俺がゲイだってことは絶対に秘密にしておいて

作者からの一言コメント

芸能人BL♡グループ内三角関係

読了目安時間:3時間3分

総エピソード数:51話

俺がゲイだってことは絶対に秘密にしておいての表紙

実力派ダンスボーカルグループのメンバー水沢拓海は、何でもソツなくこなすオールマイティなタイプ。一見完璧に見える拓海だったが、本人は自分が同性愛者だということにコンプレックスを抱いていて、それを隠し続けている。 同性愛者であることもだが、同じグループのメンバーでリーダーの片山広輝に五年も片思い中であることは、拓海にとって絶対に隠しておきたいこと。 しかし、なぜか同じグループのメンバーの一人、市川圭には拓海の二つの秘密が知られていた。さらには、圭は拓海のことが好きだという。 拓海も圭のことが嫌いなわけではないし、グループの後輩としてメンバーとしては可愛がっている。だが、恋愛対象として見たことは一度もなかったし、何より圭はノンケだ。 「ノンケのくせに俺が好きだなんて言われても信じられない。勘違いだ」 拓海も初めは強く突っぱねていたが、まっすぐな愛情を情熱的に伝え続けてくれる圭に次第に絆されていく。 そのうち圭が拓海の一人暮らしの家に押しかけてきて同居することになったが、引っ越してきた日の夜に性的な関係をもってしまう。 圭に惹かれていく一方で、親友として———時に親友以上に拓海を扱ってくる広輝のことが諦めきれない拓海。 広輝には親友としか思われていないことは分かっているけれど、親友以上に思われているのではないかと感じてしまう時もあって、その度に心が揺れてしまう。 親友で長年の片思いの相手広輝のことが諦めきれないけど、好きだと伝え続けてくれる圭のことも切ることが出来ずにずるずると関係を続けてしまう。 広輝か、圭か。拓海が最後に選ぶのは———。 そして、不毛でいびつな三角関係の行方は———。 2021.09.27〜

総エピソード数:51話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 俺がゲイだってことは絶対に秘密にしておいて
作者名 春音優月
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ BOYSFANコン BL ボーイズラブ 三角関係 溺愛 芸能人 主人公受け 親友 クール受け 現代 年下攻め わんこ攻め 年上受け 一途 グループ内恋愛
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年9月27日 8時01分
最終投稿日 2022年3月27日 19時23分
完結日 -
文字数 91,541文字
読了目安時間 3時間3分
総エピソード数 51話
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 顔採用の新人社員が部下になった。

    1章まで書きました。

    7,600

    14


    2022年12月4日更新

    彼女は僕の席に座ってスマホを弄りながらコーヒーを飲んでいた。一向に席へ座らない僕が気になったのか彼女はストローを咥えながら回転する椅子を動かして僕を見る。 目が合った。透明のストローだけが動き彼女の口へコーヒーが入っていく。 「……コレ新作のホワイトチョコたっぷりキャラメルフラペチーノ」 そっと手元の新作とやらを隠された。 「あげないよ?」 顔採用の新人社員が技術部に転向してきた。何も知らないど素人に席を取られた僕の新しい日常。

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • 翠眼の女騎士と偏愛公子の亡命譚 〜生まれ変わったら〝風〟になる。

    戦乱を駆け抜ける、北欧ファンタジーロマン

    900

    1


    2022年12月4日更新

    騎士学校を卒業したグレンダは、辺境の地で新米騎士として働き始める。 新たなご主人様・アルネは銀髪碧眼の美青年。しかし軍事国家の公子でありながら、剣術ダメ、戦術ダメ、内政は伯母や住み込みメイドに任せきりの、書類仕事すらままならないダメダメ領主。 グレンダがあれこれ世話を焼いているうちに、アルネはとんでもないことを言い出して…!? 「一緒に逃げようグレンダ。争いに巻き込まれない遥か遠くへ」 俊速の剣撃と男顔負けの度胸を武器に、女騎士グレンダが繰り広げるは前代未聞の〝亡命〟劇。 どんな雨風が待ち受けようとも、必ず最後までアルネを戦乱から守り抜く! そして国外逃亡の果てに明かされる、グレンダの〝翠眼〟が持つ秘密とは…。 愛と正義が忠誠の狭間で揺れ動くノルディック・ロマンス、ここに全力疾走中!! 【他サイトからの再掲です。1章までを限定公開!】

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る