俺がゲイだってことは絶対に秘密にしておいて

読了目安時間:3分

エピソード:50 / 51

軽い気持ちで言ったわけじゃない

「圭」 「何?」 「寝ないのか?」 「今日はここで寝る」  リビングに置いてあるソファーに寝転がり、スマホをいじっていた圭に声をかけたけど、圭は俺と目を合わせようともしない。  あの後。広輝を家まで送り届け、それから俺たちも自分の家まで帰ってきた。シャワー浴びて先に寝室に行ってたけど、いつまでたっても来ない圭を呼びにきたら、こんな調子だ。 「広輝のことで怒ってるなら、俺が悪かった。ごめん」  俺が頭を下げると、圭は姿勢を正し、小さくため息をつく。 「別に怒ってないよ。ただ結局拓海さんは広輝さんなんだなって思っただけ」  明らかにふてくされている圭にそう言われ、俺もムッとしてしまった。 「何でそうなるんだよ」 「俺がプロポーズした時は即拒否したくせに、広輝さんにはOKしてたじゃん」 「本気なわけないだろ? 広輝だって酔ってただけだから」  OKした記憶もないし、酒の上でのことだ。  圭からしたら面白くないのは分かるけど、それにしてもだ。今の俺は圭のことが好きだって何度も伝えてきたのに。 「そうだとしてもだよ! 酔ってたにしても何にしても、あんなこと聞きたくなかった」 「……圭」    圭の名前を呼ぶと、声を荒げていた圭も少し落ち着きを取り戻す。 「俺は、軽い気持ちで結婚したいって言ったわけじゃないよ。実際に出来るかどうかは別として、今だってそうしたいと思ってる。それなのに……」  絞り出すようにそう言った圭の苦しそうな表情に胸をつかれた。  圭のことを軽く見ているから拒否したわけじゃない。広輝だから断らなかったわけじゃない。  圭は本気で、広喜は酒の上での冗談だと分かっていたからだ。圭が本気だから俺も本気で考えければいけないと思ったし、広輝は本気じゃないから適当にあしらっても大丈夫だと思った。でも、……。 「ごめん」  今さら何を言っても言い訳にしかならなさそうで、ただ謝罪の言葉だけを口にした。 「何について謝ってるの?」 「何って……」  圭にじっと見つめられ、答えに詰まって視線をさまよわせる。  たしかに、何に対して俺は謝ってるんだろう。自分でもよく分かっていないのだから、それを言葉にして伝えられるはずがない。  結局答えられずにいると、圭は大きく息を吐き出した。 「俺は結婚したいけど、拓海さんがしたくないならしなくてもいいよ。拓海さんとずっと一緒にいられたら、それでいい」 「俺もだよ」  圭の言葉にすぐに同意したけど、圭はそれについては何も言ってくれなかった。   「拓海さんと別れたくないし、別れる気もないよ。ただメンバーにも家族にも言えず、ずっと隠さなきゃいけないのは辛いんだ」  そう言った圭はやっぱり苦しそうで、その表情と言葉の重さに息をのむ。  結婚なんて出来ない、隠さなきゃいけない。  そうするのが2人のためだって信じたけど、俺は自分の考えを圭に押しつけてただけだったのかもしれない。 「そんなに辛いんだったら……」 「え?」 「そんなに辛いんだったら、俺と別れて、もっと楽しく付き合える相手と付き合ったら?」 「……っ!」  顔を歪ませている圭の顔を見て、これだけは言うべきじゃなかったとようやく気がついた時には、もう遅かった。圭は瞳を潤ませ、唇を噛み締める。 「……そうだね。拓海さんがそう言うなら、そうした方がいいのかも」  すぐにでも圭に謝って、さっきの言葉を取り消すべきだったのかもしれない。  それでも俺は、顔を伏せて「もう行って」とつぶやいた圭の言う通りにするしかなかった。圭をリビングに残し、1人で寝室に戻る。  どうしていつもこうなるんだろうな。俺はただ圭に幸せでいてほしくて、笑ってほしいだけなのに。俺はどうするのが正解だった?  次の日目が覚めたら、荷物ごと圭が居なくなっていた。なんとなく予測はしていたものの、想像以上にショックを受けている自分に驚く。  失ってから気づいたって、もう遅いのにな。  どれだけ圭が大切で、失いたくない存在だったのかって。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    『魔女編』ついに完結! 『英雄編』胎動…

    299,630

    665


    2022年8月12日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を秘密裏に解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし重要な任務の最中、別行動をしていたジオに不穏な影が忍び寄る———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。 *小説家になろう、エブリスタ、魔法のiらんどにて同時連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間38分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,806,971

    4,611


    2022年8月14日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33時間35分

    この作品を読む