俺がゲイだってことは絶対に秘密にしておいて

読了目安時間:3分

エピソード:38 / 51

おかしくなりそう

「俺と拓海は性格は正反対ですが、好みや趣味がよく似てるんです。服の趣味も合うし、今日もたまたま履いてきた靴が同じだったんですよ」  初めてのソロライブが無事に終わった数日後、早めにスケジュールを終えて家でテレビを見ていると、少し前に収録した番組がちょうどオンエアされていた。  俺と広輝が2人で出演した収録を圭が真剣な顔で見ている。 「たまたま履いてた靴が一緒だったなんてある?」 「そういうこともある。メーカーから提供受けることも多いし、広輝とじゃなくても誰かと持ち物が被ることはよくあるよ」  ソファーにもたれかかり、テレビに向かって話しかけていた圭の隣に行く。圭もこちらを向いたけど、俺の胸元を注視していた。 「そのネックレス広輝さんのじゃなかった?」 「ああ、これな。この前の俺のライブの時に片方もらったんだよ」  付けているネックレスを持ち上げると、圭はジト目で俺を見てくる。 「ネックレスはペアで、スニーカーはお揃い? 何だよそれ。もう付き合っちゃえよ」  顔をそらし、あからさまに拗ねる圭に俺も小さく息をつく。  広輝がライブを見にきたことは圭にも言ってあるけど、ネックレスをもらったこととステージで一緒に歌ったことは言えてない。別に浮気したわけでもないけど、なんとなく後ろめたいところもあるし、実際広輝に未練がないかと聞かれればあると答えないといけないだろう。 「俺の彼氏はお前じゃないの?」  広輝からもらったシルバーのチェーンのネックレスを外し、圭の頬に触れると、今度は圭の方が大げさにため息をついた。 「彼氏の俺はステージの上でいちゃつくの禁止されてるのに、広輝さんとはペアのネックレスとスニーカーまで履いて、公共放送でのろけてるじゃん。おかしくなりそう」 「お前にも服あげただろ?」 「あれはいらない服をくれただけでしょ。拓海さんとペアのアクセサリーは一つも持ってない。どうせ俺とはファッションの趣味も合わないし、別にいいけど」  別にいいとは言いつつも、明らかにいいとは思ってない顔だよな。広輝からもらったネックレスを圭の前で付けていたのは、俺のミスだ。わりとめざといとこあるし、もう少し気を配るべきだったな。 「そんなに怒るなよ。それなら今度ペアのアクセサリーでも買いに行く?」 「いかない。前の人と同じことして嬉しいと思う?」 「じゃあお前は元カノとキスしたからって、次に付き合う彼女とはキスしないんだな?」 「そういうことじゃない」  だったら、どういうことだよ。  それを聞こうと思ったけど、テーブルの上に置きっぱなしだった携帯ゲーム機を圭がやり始めたので、俺ももう話しかけないことにした。  人前でベタベタするなとこの前俺が強めに言ったこともあるし、広輝とのこともあるし、最近圭の機嫌を損ねてしまうことがよくある。  俺の心が定まってないのが良くないんだろうけどな。  でも、——。たしかに広輝に未練はあるけど、俺の彼氏は圭だけだし、俺はちゃんと圭のことが好きだ。圭はそれが分かってないみたいだが、……。  ゲームに集中している圭の横顔を見ながら、どうしたものかと頭を悩ませた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

    おねしょたと変態ストーカーが書きたい

    166,100

    1,782


    2022年8月17日更新

    帝国によって国も両親も奪われた公女クラスは、騎士達の治癒係として帝国城内で暮らしていた。第一皇太子妃からのいじめに耐えつつも、第二皇子兼騎士団長のヴォックスと婚約者であるユツィ、第三皇子シレが助けになってくれたおかげで幸せな日々を過ごしていた。 入城してから三年後、帝国城に新興王国の公爵がやってくる。公爵は神童と謳われた六歳の男の子サクだった。サクはクラスと出会い側を離れなくなる。ツンとしたサクが態度を軟化し始めた頃、第一皇太子がサクに国家反逆の罪を着せ処刑しようとする。それを知ったクラスはサクを逃がした。サクは迎えに行くと約束の言葉を残す。 十年後、サクの逃亡幇助の罪で追放刑になったクラスは自身の故郷である元公国の森深く、ドラゴンとフェンリルと暮らしていた。ここで静かに過ごすのかと思っていた矢先、成長したサクが押しかけて同じ屋根の下に住む事になる。 サクは以前のツンツン具合はどこにもなく、鼻血を出したり奇妙な言動もあった為、ドン引かれたり、ドラゴンとフェンリルから「気持ち悪い」と言われるがめげる事はない。変貌しすぎて戸惑いつつも、昔のサクが垣間見えたり、言葉と行動の中から彼の本音を見つけたクラスが絆された結果、サクに想いを寄せるようになる。 二章通して繰り広げる二人の関係が縮んでいく話。 2章構成 1章はツンデレショタっ子が十歳年上のヒロインを好きになる話 2章は変態に目覚めた絶対結婚するマンなヒーローが執拗にヒロインを溺愛しつつ過去の思い出やり直しをした末に結ばれる話 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間54分

    この作品を読む

  • これは俺が幸せになるためのラブコメだ!

    特別な関係とは何か、それを追い求める物語

    0

    0


    2022年8月17日更新

    過去のいじめからどこか他人を恐怖を抱いてしまう主人公の東条空は高校に入学してからもどこか空虚で他人の顔色を窺いながら過ごしていた。 そんなある日空が入部しているバスケットボール部を退部にさせられてしまう。 その理由は何か? 退部してからもバスケで繋がる新たな出会いで空はどう成長していくのか。 空が求め探し続けている特別とは一体何を指すのか。 これは一人の男が一つの信念を追い続ける物語。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 白い魔女と小さな魔女

    魔女とお客さんの物語。

    37,550

    5


    2022年8月16日更新

    どこにでもありそうな普通の住宅地。 その片隅には異人館を彷彿とさせる小さな洋館が建っており、そこには白い魔女が住んでいた。 髪も肌も、心までどこまでも白く清純で、瞳もまた透き通るように青く美しいその魔女は、モノを修復する魔法を生業に暮らしていた。 これは、その白い魔女と小さな魔女、そしてお客さんの物語。 イラスト:mia(@mamia_14)様

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 木々井 やや の小説まとめ

    自作品の紹介文をまとめてみました。

    59,300

    550


    2022年8月17日更新

    木々井(ききい)やや と申します。 閲覧いただきありがとうございます。 2021年5月2日に会員登録させていただき、次第に投稿数が増えてきましたので、小説まとめを作ってみました! もし気になった作品がありましたら、お読みいただけますと嬉しいです! 今後も定期的に更新していきます。 ‹‹⸜(*ˊᵕˋ* )⸝››‹‹⸜( *)⸝››‹‹⸜( *ˊᵕˋ*)⸝››

    読了目安時間:27分

    この作品を読む