現代/青春ドラマ 長編 連載中

猫耳幼女育児日記

作者からの一言コメント

猫耳おねロリ。略称「ねこいく」

 漫画家・猫崎神奈は愛猫・アメリと死別してしまう。  しかし、アメリは猫耳人間の幼女として生き返り、二人のほのぼの生活がふたたび始まるのであった。  ひたすら平和な作品です。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 猫耳幼女育児日記
作者名 みなはらつかさ
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ほのぼの 女主人公 人外 現代日本 ノベプラオンリー スローライフ 日常 百合 猫耳少女 おねロリ 猫耳 幼女 溺愛
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月3日 19時01分
最終投稿日 2020年10月28日 19時01分
文字数 169,266文字
ブックマーク登録 50件
コメント 58件
スタンプ 627件
ビビッと 6件
応援ポイント 420,800pt
ノベラポイント 1,280pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • その絶望に、引き鉄を。【縦組み推奨】

    ♡350,275

    〇4,010

    SF・連載中・207話・795,463字 中村尚裕

    2020年9月26日更新

    【予告編】 賞金稼ぎジャック・マーフィ。「目標は?」 電脳空間を渡る擬似人格“キャス”。『いま現れたわ』 植民惑星の片隅、いつもの狩りのはずだった――だが。 彼らが触れた透明なデータ・クリスタル――その時。 背を向けてきたジャックの過去、その絶望が牙を剥く。 猟兵と化したジャックの復讐――その銃口が向く先は。 電脳の深淵で垣間見るクリスタルの秘密――その真意は。 未来型ガン・アクション、撃発! 表紙は 美風慶伍 様よりいただきました。

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡152,074

    〇29,455

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話・170,098字 兎野熊八

    2020年10月26日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 限りある余白の中で何を伝えますか?

    ♡4,600

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・6話・19,309字 カムクラ マカ

    2020年10月29日更新

    もしあなたが死んでしまったら、 限りある余白の中で、残された者達に何を伝えますか? とある街の、とある住宅街の外れにある小さなスープ屋さん。 その店には不思議な力を持った少女がいた。 少女は、そう。 かの有名な「霊井陰陽師一家」の末裔である。 彼女は霊井家に伝わる「霊文術」というものを使い、死者の思いを手紙に記すことのできる力を持っていた。 この物語は、そんな少女が様々な人の「別れ」に「霊文術」を使って触れていく、少し変わった日々の物語。

  • 高校のヨット部を舞台にした青春ドラマです

    ♡2,500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・28話・167,110字 赤葉小緑

    2020年10月29日更新

    いつかは、ディンギーのレースを物語にしたいと思っていました。オリンピックの種目にも入っているヨット(セーリング)ですが、細かい描写や専門用語を説明するのがとても難しいです。明らかに漫画やアニメで表現した方がわかりやすいのですが、絵が下手くそなので、がんばって小説で挑戦しています。本格的にヨットをされている方にはお叱りを受けるところも多々あるとは思いますが、海上陸上を通してはつらつと生きていく主人公たちの青春ドラマを中心に読んでいただければと思います。 あらすじ 平成9年4月、只々,海が好きな主人公柴田千恵は、『海が近い高校』という志望動機で、南薩摩高校へ入学した。海に関する部活動を探していた千恵は、3年生の南條冴子に勧誘されヨット部に入部する。 千恵は、FJ級と呼ばれる2人乗りヨットに乗り、時に爽快に,また、時に激しく荒れる海の中で行われるヨットレースの中で、特殊な能力を覚醒していく。それは,千恵にとって驚きと喜びの連続だった。 南薩摩高校は,常勝のヨット強豪校だったが、昨年の全国高校総体は、他校に優勝を奪われてしまった。しかも優勝したのは、同県の錦江院学園1年生の操船するヨットだった。冴子と千恵はペアを組み今年の優勝を目指す。 ヨットハーバーで知り合った画家志望の神妙な青年と冴子との淡い恋愛やライバルとの確執などに心を動かされながらも、刻々と状況を変える海の上を舞台に、ヨット部の部員たちに明るく励まされ、高校総体優勝を目指し、日々頑張る千恵だった。 ※タイトルの後半を変更しました。