現代/青春ドラマ 短編 完結済

まりもは転がった。メロンを抱えた彼女は微笑んだ。

作者からの一言コメント

とんこつ毬藻さんのお題小説です。

読了目安時間:5分

とんこつ毬藻さんのお題小説です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 まりもは転がった。メロンを抱えた彼女は微笑んだ。
作者名 伊藤大二郎
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月3日 21時20分
最終投稿日 2021年5月3日 21時21分
完結日 2021年5月3日 20時25分
文字数 2,594文字
読了目安時間 5分
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 4件
応援ポイント 1,300pt
ノベラポイント 1pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 江戸に立つ、龍の麺

    令和から江戸時代へ、ラーメンのお話です

    35,700

    110


    2021年5月12日更新

    駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君の主君松平信義 の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望――― 転生グルメストリーが今幕を開けるーーー

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • やまとなでしこ異世界転移

    お嬢さまロマンティック異世界転移

    200

    0


    2021年1月31日更新

    ちまたで流行していると噂の異世界召喚。 日の本が皇木家のお嬢さま、皇木桜子(すめらぎさくらこ)は「やまとなでしこ」を目指すため、異世界への旅を渇望していた。 ある日、彼女自室に黒い渦が現れる。それはきっと、異世界へのゲート。サクラコは意を決してゲートに触れて……。 お嬢さまが異世界で出会ったのは、おちゃめな王さま、はねっかえり魔法使い、スケベな盗賊に、勇者さま!? 運動はからっきしでノー魔力のお嬢さまが「ガツン!」とやったり「パチン!」とやったり、「あらまあ」とやったり、「ごめんあそばせ」とやる展開は来るのか!? 今更ながらにステレオタイプなお嬢さまと送る、涙あり、笑いあり、色鮮やかな異世界ドタバタロマンティックストーリー! ※当作品は2019年3月に小説家になろうさんで公開していた拙作の、山ほどの誤字や文章の修正を行ったものです。ストーリーの変更はありません。 ※上記の都合により小説家になろうさんではすでに全話公開状態ですが、作品をより多くのかたに見ていただくのと、サイトの活性化のために順次公開設定にしています。一日一話、0時更新。1月31日に完結します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間20分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お茶を飲みながら ー季節の風にのってー

    様々な出会いを通し、主人公の成長を描きま

    36,100

    21


    2021年5月12日更新

    les quatre saisons フランス語で 『四季』 と言う意味の紅茶専門のカフェを舞台としたお話です。 主人公茉莉香は、ふとしたきっかけで、ここでアルバイトをすることになり、いろいろな人に出会います。 全編を通して、美味しい紅茶と甘いお菓子が登場し、読者の方も、ほっと一息ついていただけると思います。 ぜひ、お立ち寄りください。 ※なろう、カクヨムにても連載中です。

    読了目安時間:9時間6分

    この作品を読む

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    1,600

    50


    2021年5月12日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 私はそんなに文章が得意ではなく、書きながら上手くなりたいというところで執筆を始めました。マンドリンについて知らなくても楽しめるようなアツい青春部活ものの路線を目指していますのでぜひお気軽にお読みください! マンドリンは世界的に見ても日本で特に盛んな楽器です。しかし一般の方々への認知度は非常に低いです。しかし楽器としてとても優れた楽器であり、特に高校のマンドリン部では毎年夏に開催される全国大会も熱く、愛好家の間で大変盛り上がります。 そこで、もっとマンドリンの認知度を上げることができたらと思い、この作品を執筆することになりました。ご覧いただいた方がインターネットでマンドリンオーケストラについて検索し、その音色を味わっていただけたらとても嬉しいです。楽曲名や作者名はサイトのガイドラインを見ながら特に、存命の作曲家や作品については慎重に扱いながら進めます。そのために私のイメージを100%皆さんに伝えることができるかやや不安もありますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。 ※目次最初の「マンドリン・音楽関連用語解説」と、章ごとの「キャラクター紹介」があるため、本編の文字数と表示されている文字数は異なります。 ※すでに「小説家になろう」さんのサイト内でかなり連載しているため、そちらに追いつくまでは一日複数話を更新していく形をとります。(毎日8時台、11時台、14時台、17時台、20時台、23時台、1時台を目安に公開しています。) あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。そのため、あとがきに該当する話数をつけてあります。 挿絵を追加しました。イメージしやすいようにマンドリンを描き、ちょっと文芸本の表紙っぽくしてみました。

    読了目安時間:3時間58分

    この作品を読む