Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

トゥーリとヌーッティ Tuuli ja Nuutti

読了目安時間:3分

ヌーッティのイメチェン

1.ヌーッティの企み

 ある暖かい春の日の午後。  明るく眩い明かりがカーテンの開けられた窓を通して2階の角部屋に差し込んでいた。  その部屋の壁面は書棚で覆われており、棚の中には大小様々な本で目一杯埋め尽くされていた。本の大半は「Mytologia」と銘打たれた分厚く古びた書籍に「Suomen kansan」から始まる書籍群、「Folkloric」「Anthological」と冠された英文献や「Kalevala」という文字が書かれた書籍であった。  また、棚に収まりきらない本は書棚の下、床の上に乱雑に積まれている。そして、部屋の窓寄りには大きな木製のデスクが鎮座している。  重厚な造りのデスクに上に一冊の雑誌が置かれていた。その雑誌のタイトルは、本棚に収められている書籍の表題とはやや趣きが異なっていた。雑誌の表紙には中年の男性がキメ顔で載っており、「Tule(トゥレ) kauniiksi(カウニークシ) karhuksi(カルフクシ)!」と書かれていた。 「『かっこいいくまになれ』? これ、なんだヌー?」  雑誌のもとに立つ小熊の妖精ヌーッティはタイトルを口に出して首を捻った。  ヌーッティはしゃがみ込むと表紙を一枚めくった。それからページをぱらぱらとめくり、ヌーッティは雑誌を斜め読みし始めた。すると、あるページでヌーッティの手がぴたりと止まる。 「今年のイケメンはこの髪型でキマる?」  紙面の見出しを音読したヌーッティの目が輝いた。ヌーッティはさらに一枚めくると、今度はゆっくりと読みだした。  ページをめくる度に様々な男性が色々な髪型でポーズをとっている写真がヌーッティの目に映る。 「アキのおじーちゃんはこういうのよく読んで、かっこよくしてるというわけだヌー」  そう独り言ちたヌーッティは、アキの祖父の部屋の机に置かれていた雑誌を、好奇を湛えた表情で読み進める。  そして、あるページの写真にヌーッティは強い関心を惹かれた。 「な、なんだヌー⁈ このかっこいい髪型は! ヌーもやってみたいヌー! どうしたら……あ! そうだ! いいこと思いついたヌー!」  ヌーッティは目をさんらんと輝かせ立ち上がると、助走をつけて机の上を走り、窓へ向かって跳躍した。だが、運動神経の鈍いヌーッティが一跳躍で窓に到達することができるはずもなく、窓まであとわずかというところで宙に浮く体が落下し始めた。  しかし、ヌーッティは咄嗟にカーテンを両手で掴んで落下を防いだ。そうして、カーテン伝いに窓へ無事に着いた。  窓に着いたヌーッティは窓硝子をどんどん叩き、 「アレクシー? アレクシいるヌー?」  友人である風の精霊アレクシを呼んだ。  同時にカーテンがふわりと揺れた。 「何の用だい?」  片手にブルーベリーを持った赤リス姿の風の精霊アレクシがヌーッティの背後に現れた。  声を聞いてヌーッティは振り返ると、 「かっこよさを追求しているアレクシに相談したいことがあるヌー!」  意気揚々とアレクシに頼んだ。 「イケリスの僕に?」  アレクシの言葉にヌーッティは強く頷いて答える。それを見てアレクシはほくそ笑む。 「いいよ。それで相談っていうのは?」  ヌーッティは満面の笑みで口を開ける。  こうして、ヌーッティの新たなる企みが始まったのである。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • くのいち

    みぱぱ

    ♡4,000pt 2021年4月13日 22時21分

    「イケリスの僕に?」 イケリスってなんぞやって二度見しました。 だから、ヌーッティ、なんでアレクシに相談するんだよwww

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みぱぱ

    2021年4月13日 22時21分

    くのいち
  • あかべこ

    御米恵子

    2021年4月13日 22時31分

    いつもありがとうございます! 自称イケリス(謎)のアレクシとの共同作業! 果たしてヌーッティの運命やいかに⁈ 確実に相談相手を間違えている気がするヌーッティですね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御米恵子

    2021年4月13日 22時31分

    あかべこ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内で。。。

    809,196

    1,123


    2021年7月29日更新

    Twitterでのコンテンツ用に作ったお話です。 ---------- 「結果的連作」の お品書き:https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 100文字ショート

    100文字きっかりです。

    187,154

    0


    2021年7月29日更新

    小説を書く力を取り戻す為のリハビリとしてTwitterに投稿を始めたのが、この作品を創るきっかけになりました。タイトルも含めて、100文字完結型の短編集です。誰もがやったことがあるだろう日常の失敗、勘違い、自慢などを100文字にまとめてみました。皆さんにクスッと笑ってもらえる作品を目指します。 ※モバスペにも掲載しております。

    読了目安時間:1時間1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    32,630

    120


    2021年7月30日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    深い闇からも少女を救い出す為に動き出す。

    47,500

    365


    2021年7月16日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む