トゥーリとヌーッティ Tuuli ja Nuutti

読了目安時間:4分

3.ヌーッティ、背中で語る

 アキは視線を感じていた。  それはただじっと見られている感覚ではなく、アキの一挙手一投足を観察して、分析されているかのような熱い視線であった。この背後に張り付く熱い視線を、アキは帰宅してからずっと感じてる。  デスクの上を整理しているアキの手が止まった。  アキは振り返ってベッドの上を見る。  そこには楽しそうにカードゲームをしているヌーッティたち4人がいた。4人は真剣な面持ちでそれぞれが手にしているカードを見つめている。  アキはじっと4人を見据えた。彼らの挙動を窺った。しばらく凝視していたが特段怪しい動きがなかったので、アキはデスクのほうへ向き直す。  同時に、再びアキの背中に視線が刺さった。  アキはすぐに振り返った。  ヌーッティと目が合った。 「ヌーッティか…」  アキは妙なポーズで硬直しているヌーッティの名を呼んだ。  ヌーッティは手に持つカードで顔を半分隠し、立ち上がろうと腰を上げた瞬間を切り取ったかのような姿で静止していた。 「何か用?」  アキに問われ、ヌーッティの視線が泳ぐ。 「また何かやらかしたの? それとも、おやつ食べ過ぎたとか?」  どれもヌーッティに当てはまることではあったが、ヌーッティが口笛を吹き始めたので、アキは別の何かであると推量した。  2人のやり取りを見ていたトゥーリとリュリュとアレクシは頷きあって、カードをベッドの上に伏せて置いた。 「あのね、アキ。アキに教えてもらいたいことがあるの」  トゥーリがアキに依頼を乞う。 「アキじゃないとできないことですの」  リュリュがトゥーリのアキへの依頼の後押しをした。 「本当はぼくのほうが様になるんだけど、ヌーッティがぼくを信用してくれなくてね」  アレクシは肩をすくめた。 「で、何を教えるの?」 「背中で語っているところを見せてあげて欲しいんだ!」  トゥーリとリュリュとアレクシの声が重なった。アキは不可解な表情を浮かべた。 「よくわからないんだけど?」  ごく自然な反応がアキから返ってきた。  そこでトゥーリはこれまでの経緯を話し始めた。一通り話を聞いたアキはヌーッティが何をしたいのか理解した。ヌーッティはきりっとした目で、トゥーリから事情を聞いていたアキを見つめていた。ヌーッティにとって、アキが最後の頼みの綱である。 「つまり、背中で語るっていうシチュエーションを体験したいってことか。それなら簡単だよ。今すぐにできるよ」  その言葉にヌーッティは歓喜の叫び声を上げた。他方、トゥーリとリュリュとアレクシは腑に落ちなかった。それが簡単にできるものではないと思っているからである。 「ヌーッティが背中で語れるようになるの? 今すぐに?」  トゥーリは思っていた疑問を躊躇なくアキに投げかけた。 「できるよ。見てて。ヌーッティ、ちょっといい?」  アキは答えてから、喜びのあまりベッドの上で踊っているヌーッティを呼んだ。 「なんだヌー? さっそく教えて欲しいヌー!」  嬉しさいっぱいのヌーッティをアキは見つめると、部屋の奥のクローゼット手前を指差した。ヌーッティたちの視線がアキの指差す方へ向く。1人掛けのソファが部屋の隅に置かれ、その前に円形のラグが敷いてあった。 「あそこにある食い散らかしと絵本の出しっ放し、およびタブレットとブランケットの無造作な放置をしたのはヌーッティだよな?」 「そうだよ。昨日の夜、ヌーッティはブランケットに包まって動画を観ながらお菓子食べてたよ」  トゥーリが何を今更と言った風に答えた。 「ヌーはいい子だから寝る前はちゃんとタブレットを閉じて、絵本を読んで寝たヌー」  ヌーッティが自信満々に答えた。 「うん、知ってるから。だから、今からあれを一人で片付けて。片付け終わるまでおやつはなしな」 「なんでそうなるヌー⁈ ヌーは背中で語りたいってお願いしてるヌー! お片付けじゃないヌー!」  アキの宣告にヌーッティは異議を唱えた。 「制限時間は三時間。よーい、スタート!」  ヌーッティを無視してアキは片付け開始を告げる。  うろたえていたヌーッティではあったが、おやつの権利を目先にちらつかせられては否が応でも片付けざるを得なかった。  アキ、トゥーリ、リュリュとアレクシは静かに、黙々と片付けているヌーッティの背中を見ていた。その背中はヌーッティのおやつに対する執念のようなものを語っていた。 「ほら、背中で語ってるじゃん」  アキがトゥーリを横目で見た。 「うん、ほんとに語ってる」  トゥーリは驚きの顔でアキを見た。 「たしかに語っていますわね。おやつに対する執着というか何と言いますか……」 「食い意地が張っているってことさ」  リュリュの言葉をアレクシが言い換えた。  ヌーッティはくるっと顔を後ろにいるアキたちへ向けると、 「もう、ヌーッティは背中で語らないヌー!」  声高に宣言した。  こうして、ヌーッティの背中で語りたいブームは終わった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • くのいち

    みぱぱ

    ♡2,000pt 2021年2月1日 11時00分

    ヌーッティ、背中で語れてよかった、よかった。(。´・ω・)ん? 怒られて、哀愁ただよう背中かと思ったら、お菓子への執念を背中で語るとはwww

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みぱぱ

    2021年2月1日 11時00分

    くのいち
  • あかべこ

    御米恵子

    2021年2月1日 11時58分

    ヌーッティの願いが一応成就したので、良かった良かったです。しかし、3時間以内にヌーッティは掃除を終えることができるのかが謎ですね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御米恵子

    2021年2月1日 11時58分

    あかべこ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 消えゆく世界で星空を見る

    人の行動は、善と悪の二面を兼ね備えている

    78,450

    3,942


    2021年7月25日更新

    現実の世界。妄想の世界。夢の世界。 どれも同じ世界。 七百年間に渡る人間と神の死闘の末、救世主によって神は殺された。 それから五十年の歳月が流れ、人々は穏やかな暮らしを取り戻していた。 月見里諦止は生まれ落ちてから二十七年間を、幼馴染の鳥柿咲音と共にポソリ村で過ごしてきた。 だが、そんな穏やかな日々に再び暗雲が立ち込める。 二人の前に現れたのは、星空をそのまま切り取ったかのような存在。遥か昔に世界を滅ぼしかけた星影という生物だった。 御伽噺として語られていた星影という存在は何故再び現れたのか。 その理由を探るために、神殺しの救世主として知られる男が統べる国、桜樹国に月見里諦止は向かう。 果たして、世界が滅びる前に再び星影を封印することができるのか。 月見里諦止の前に現れた謎の男は何者なのか。 愛から始まった復讐の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    1,023,972

    38,873


    2021年7月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれの答えを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくれる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間50分

    この作品を読む