トゥーリとヌーッティ Tuuli ja Nuutti

読了目安時間:2分

2.アレクシのカウンセリング

 アレクシはヌーッティが強く関心を抱いた雑誌をざっと見終えると、 「なるほどね。きみはイメチェンをしたいんだね?」  紙面を開いたまま、上目遣いでヌーッティに尋ねた。 「そうだヌー! 可愛い小熊からかっこいい熊になりたいヌー!」  ヌーッティは目を輝かせて願望を口にした。そこでアレクシは一つの素朴な疑問を抱いた。 「気になっていたんだけど、きみは自分自身のことを可愛いって思っているのかい?」  ヌーッティは丸い目をさらに丸くし首を傾げると、 「ヌーは可愛い小熊の妖精さんだヌー。どうして訊いたヌー? アレクシ、変だヌー」  さも当然といったふうに答えた。  その返答を聞いたアレクシは肩をすくめて、呆れた様子で溜め息を吐いた。 「それで、具体的にどうしたいんだい?」 「髪型を変えたいヌー!」  ヌーッティの答えを聞いてアレクシは、ヌーッティの頭部をじっと見ながら、 「無理じゃないかな」  現実を突きつけた。 「できるヌー! できないって思うからできないヌー! 例えば、パーマだってかけられるヌー!」 「螺髪(らはつ)に?」 「違うヌー! ……ところで『らはつ』ってなんだヌー?」  アレクシは目を細め、戸惑いの色を表情に浮かべているヌーッティを見据えた。  ヌーッティは気を取り直すべく、鼻をふんっと鳴らすと、 「ドレッドもできるし、ゆるふわパーマもできるし、モーツァルトみたいにもできちゃうヌー!」  握り拳を作って、力いっぱい主張した。 「カツラで決まりかな」 「だめだヌー! 地毛で遊びたいヌー!」  地団駄を踏みながらヌーッティは駄々をこね始めた。  面倒臭そうな面持ちでヌーッティを見やるアレクシは、 「どの髪型にしたいか、もう決まっているのかい?」  投げやりな口調で尋ねた。  アレクシが醸し出す、怠そうな雰囲気に飲まれることのない、あるいは気づいていないヌーッティは首肯すると、雑誌をめくり、 「これだヌー!」  右手の人差し指で、紙面の隅の小さな写真を指さした。  ヌーッティの指の指し示す先にある写真を見たアレクシは驚愕した。 「本当に?」  咄嗟に口から出た言葉はそれだけであった。  アレクシはヌーッティの目をじっと見た。  ヌーッティの目は力強い意志を灯した色を湛えていた。  ヌーッティとアレクシは見つめ合った。  アレクシの唾を飲み込む音が静かな部屋に響いた。  ヌーッティは深く頷いた。 「ヌーはいつだって本気だヌー」  アレクシも頷いた。 「わかった。ぼくの本気をすべてきみにぶつけるよ!」  そして、いよいよヌーッティが変わることになるのである。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • くのいち

    みぱぱ

    ♡3,000pt 2021年4月20日 9時36分

    螺髪でも、ドレッドでも、ゆるふわパーマでも、モーツァルトみたいなのでもないヌーッティが選んだ髪型……気になります。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みぱぱ

    2021年4月20日 9時36分

    くのいち
  • あかべこ

    御米恵子

    2021年4月20日 11時04分

    すでに執筆前から心の中で決めていた髪型があるのです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御米恵子

    2021年4月20日 11時04分

    あかべこ
  • くのいち

    みぱぱ

    ♡2,000pt 2021年4月20日 10時01分

    「そうだヌー! 可愛い小熊からかっこいい熊になりたいヌー!」 「気になっていたんだけど、きみは自分自身のことを可愛いって思っているのかい?」 アレクシ、良い突っ込みだ! 私も心の中でツッコんだwww

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みぱぱ

    2021年4月20日 10時01分

    くのいち
  • あかべこ

    御米恵子

    2021年4月20日 11時06分

    ヌーッティの性格上、本気で自分自身を可愛いと思っていますからねw むしろ、今まで誰も突っ込まなかったことのほうが驚きです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御米恵子

    2021年4月20日 11時06分

    あかべこ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • まいにち三題噺・再放送

    およそに投稿したやつの再放送です。

    0

    0


    2021年6月18日更新

    そこそこ追いつくまでは、どしどし再放送します。 下から読むのを推奨します。 新しいほど上手なので。 たまにABCでない固有の名前が登場します。 私のファンサービスです。 セルフレイティングをすべてつけています。 たまにあるので。 字数の表記に誤差があります。 改行コードや空白の扱いが異なるので。 時間は、お題を見た後で書き始める前を含みません。 時間は、書き始めた後のトイレやおやつや休憩を含みます。 成長を見守ったり、 普段は誰も見せない要素を使ったりしてね。 お題は下記のページを使いました。 https://shindanmaker.com/58531 以上です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間9分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    1,090,165

    1,267


    2021年6月18日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:2時間50分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹の星剣 〜神に挑みし虹の星剣と星が紡ぎし7人の剣王〜

    王道ファンタジー始めました。

    17,200

    20


    2021年6月18日更新

    遥か昔、7つの流星が大陸に散らばった。 星は永い年月をかけ、剣にその姿を変えた。 この世界の名はセントアンドオーガスタ。 各大陸を統べるのは星剣に選ばれし7人の王。 【 全ての星剣を集めし者 この世界の真の王になる 】 という古い言い伝えが残る中、存在するはずの無い8本目の星剣を持つ少年 デルシア・R・ソル。 均衡を保っていた世界のバランスが今、崩壊を迎えようとしていた。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 神様なんじゃがVtubeでお酒レビューしてみた

    狼の神様がVtuberに変身!?

    8,000

    0


    2021年6月18日更新

    自作『おおかみさまとお酒レビュー配信してみた』のスピンオフ作品になってます! こちらでは配信要素強めでお酒紹介してみようかなと思ってます。 🐺🍶読んでなくても気軽に読める、一話読み切りで進めて行く予定です! 秘境の神社から人里に降りてきた狼の土地神様がVTuberになって、ウイスキーと日本酒を紹介するお話だよ(^-^)v はじめまして色 しおりと申します。 自宅にいる機会が増えてお酒を飲む機会が増えたので趣味で書かせていただきました。 ウイスキーと日本酒をメインに紹介できたらと考えています。実在のお酒を紹介しているので問題があれば直ちに修正しますのでこちらもお手数をおかけしますが報告していただけると幸いです。 味わいの表現難しいー、伝わりにくいかもですが頑張って続けていきたいです!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む