トゥーリとヌーッティ Tuuli ja Nuutti

読了目安時間:2分

「恐怖のチョコレート三題噺短編コンテスト」に応募予定のお話です。そのため、コンテスト用にこのお話のみ分割させましたが、継続してこちらでもお読みいただけます。

欲望のトライアングル

1.リュリュの策謀

 オコジョ姿の雪の精霊リュリュは指折り数えてその日を待っていた。  あと3日後に迫るその日の名前はバレンタインデー。好きなひとへチョコレートを贈り想いを告げる日として日本で有名な2月14日は、フィンランドにおいては「友だちの日」(Ystävänpäivä(ユスタヴァンパイヴァ))と呼ばれている。フィンランドでは、この日、男女関係なく友人とプレゼントやメッセージカードを贈り合うのである。  リュリュが目をつけて思いを巡らせていたのは、日本式の過ごし方であった。リュリュは自身の想い人たるトゥーリにチョコレート菓子を贈ろうと考えていた。お菓子作りや料理をすることが得意ではないリュリュだが、魔術を使った「調理」は得意であった。  材料の調達に問題はなかった。すでに板状のミルクチョコレート1枚と、漢方にも使用される薬草リコリスから作られたお菓子ラクリッツ4粒は入手してある。問題はーー 「手駒が要りますわね」  リュリュは卓上カレンダーを見つめつつ、ぼそりと呟いた。手駒が必要とリュリュが考えたのには理由があった。風の精霊アレクシから妨害される可能性があるからである。リュリュに好意を寄せているアレクシの対処法に困っていた。そして、もう一つ理由があった。それは作ったチョコレートの味見役が必要であった。こういう時に便利な人物。もはや、彼以外考えられなかった。 「何してるヌー?」  求める人材は向こうからリュリュの元へやって来た。小熊の妖精ヌーッティはビスケットを頬張りながら、カレンダー前に立つリュリュへ歩み寄る。  リュリュはにやりとほくそ笑んだ。 「ヌーッティはチョコレートがお好きでしょう?」  リュリュの言葉を、正確に言えば、チョコレートという言葉を聞いたヌーッティは目を輝かせた。 「好きだヌー! 食べたいヌー!」  何の疑問も抱いていない様子のヌーッティは身を乗り出すようにリュリュに迫る。 「では、私のチョコレート作りの手伝いをしませんか? 手伝っていただけるならチョコレートを少しお分けいたしますわ」  にっこり笑みを浮かべているリュリュは、ヌーッティにそう提案した。 「やるヌー! ヌーッティはこう見えてお手伝い上手だヌー!」  胸を張って答えるヌーッティに、リュリュは拍手を送った。  こうして、「リュリュのバレンタイン大作戦」ーーヌーッティによる捻りのない作戦名のミッションが始動した。  この時、リュリュとヌーッティは気づいていなかった。喜び跳ねる2人の姿を窓の外から見つめる一つの影に。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • くのいち

    みぱぱ

    ♡1,000pt 2021年2月3日 20時55分

    リュリュよ、なぜヌーッティを巻き込んで上手くいくと考えるのか? まあ、他に手伝ってくれそうな人はいませんが。 フィンランドではバレンタインは恋人の日ではないんですね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みぱぱ

    2021年2月3日 20時55分

    くのいち
  • あかべこ

    御米恵子

    2021年2月3日 21時04分

    手近なヌーッティで手を打ったのでしょうw フィンランドでは2/14はお友だちの日なのですよ。毎年この時期になるとフィンランドの友人とプレゼントやメッセージカードの話で盛り上がります。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御米恵子

    2021年2月3日 21時04分

    あかべこ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ドラばあと、みらくるスリー

    ほのぼの可愛い魔法バトルコメディ

    10,100

    30


    2021年6月18日更新

    これは、小型戦闘人形(ロボ)に転生してしまったゴッドドラゴンと、魔女っ子三つ子姉妹が、異世界の驚異から地球を守る、バトルでコメディな物語。 異世界の守護神、ゴッドドラゴンがその生涯を終え、人間への転生を試みた。 だが、それを利用しようとした悪意により転生に失敗。 なぜか地球に、小型戦闘人形(ロボ)として転生してしまった。 その地球では異世界からの侵略が始まっていた。 迎え撃つのは魔法少女みらくるスリー。 小型戦闘人形(ロボ)となったゴッドドラゴンは魔法少女と共に故郷である異世界からの驚異に立ち向かう! 魔法でロボでドラゴンなファンタジーバトルコメディ、是非、お楽しみ下さい。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

    とてもやさしい終わりを作ろう。

    34,600

    0


    2021年6月18日更新

    二〇八八年六月十二日——「歌姫」が戦場に現れたこの日を境にして、世界は確実に変わってしまった。圧倒的な戦闘力を有する「歌姫」たちは、たったの二人で戦争を変えてしまった。当時私は八歳だったけど、その時に聞こえた「歌」に得体の知れない恐怖を感じたのを覚えている。 「歌姫」のことはその前から知っていた。あの人たちは私たちにとって絶対的なアイドルだったから。だから、まさかその二人が、あんな巨大な——「戦艦」に乗っていると知った時には、本当に言葉を失った。 時は過ぎ、私が十五の時、軍の人たちが私の住んでいた施設にやってきた。そして士官学校の「歌姫養成科」を案内された。その時にはすでに、私の「歌姫」としての能力は発現していたらしい。軍の人たちは何らかの方法でそれを知って、だからわざわざ訪ねてきたのだ。同期のみんなもそうだって――。 そして同時に、その頃には、この忌々しい「歌姫計画」が――戦争継続のメソッドが、動き始めていたのだろうと思う。歌姫計画――セイレネス・シーケンス。多くの人を狂わせる歌。当事者である私たちですら、その流れには抗えなかったんだ……。 ----- 作者注:途中で使われているイラストは全て作者(=一式鍵)が描いたものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む