文芸/純文学 短編 完結済

オオサカノスタルジー

作者からの一言コメント

故郷を離れ頑張るあなたにエールを

オオサカノスタルジーの表紙

作者の実体験をベースに、望郷の念と、故郷って良いよねって気持ちを詰め込みました。 「あー、わかる」 そう言っていただけると本望です。 カクヨムにて 板野かも様主催「第5回 #匿名短編コンテスト・過去VS未来編 【過去サイド】」に参加した作品です。 【過去101】オオサカノスタルジー

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 オオサカノスタルジー
作者名 塵 薫
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 男主人公 日常 短編 切ない ほっこり 大阪
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月16日 10時33分
最終投稿日 2019年11月16日 10時34分
完結日 2019年11月16日 10時34分
文字数 2,474文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,750pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 身分に抗う青少年たちの物語

    ♡8,500

    〇420

    異世界ファンタジー・連載中・32話・91,061字 紫さん。

    2021年3月4日更新

    その世界の青少年たちは身分制度に苦しんでいた。 大人教という宗教の教えにより、上級者と下級身分者に別けられ 差別し合っていた。 そこへ異世界からアラサー主婦が転移してくる。 そして救世主(オタク)カウンセラーとして 時間跳躍の過去改変を駆使して 子どもたちを教え導き、鍛えていった。 子どもたちは変わっていく。 自分の価値に気がつき、差別に抗い、 自分で考え感じるままに行動していく。 そして、自分たちの国を作ることを決意し、 ついに大人に対して独立を宣言する! 打倒!大人絶対主義!! 大人の理不尽に異世界の青少年が斬れる! 夫婦カウンセラーであるメンタリスト(自称)の主婦が 自己啓発セミナーで学んできたことを使って ママとして青少年をサポートしていく物語である! ◆作者より 多くの応援ポイント&ノベラポイント、ビビッとに心から感謝しています! 本当にありがとう! 作品が楽しいエンターテインメントになり、 感動するような執筆を心がけております! 応援よろしくお願いします♪ ◆応募 挿絵を描いてくださる絵師さんを募集しております。 正当な報酬と信頼をお約束いたします。 ご連絡ください。

  • 2021年3月4日更新

    『貴方の運命をお返し致します』 手紙に書かれていたその一文が、全ての始まりだった。 その言葉を始まりとして、一人の少女の物語は動き出す。 ◆簡単なあらすじ◆ 黒髪ロングの活発な美少女がガンカタ(拳銃を使った格闘)で暴れ回る物語。 ◆真面目なあらすじ◆ とある小さな町。孤児たちが暮らす教会で育った少女、オウカ。 救国の英雄と同じ黒髪黒眼という異端として見られてしまう容姿を持ちながらも、オウカはいつも明るく前向きな少女だった。 変わらない平凡な日々を過ごしながら、しかし、その日常に幸せを感じていた。 大好きな教会の子供たちや、親切にしてくれる町のみんな。 そして何より、親代わりのシスター・ナリアと過ごす日々は、彼女にとってかけがえのないものだった。 そんな彼女の十五歳の誕生日に、一つの小包と手紙が届く。 小包には、この世界に存在しないはずの紅白の拳銃と、謎の言語が刻まれた小さな指輪が入っていた。 そして手紙には、不思議な一文。 『貴方の運命をお返し致します』 自身の生まれと手紙に書かれた不思議なメッセージの意味を突き止る為に、馬車で王都に向かう途中、オウカは魔物の群れと遭遇してしまう。 通常であれば複数人で対処するべき敵。冒険者のパーティでも手を焼くような相手。 それを単独で撃破出来た自分に対して、更なる疑問を抱く。 全ての謎を解決する為、手紙の送り主に会うために冒険者ギルドに向かうオウカ。 自分は何者なのか。運命とは何か。 そして、手紙の送り主とは何者なのか。 これは、一人の普通の町娘が。 日常を送り、戦ったり、料理したり、冒険したり、周りの人にお菓子を貰ったりして。 やがて、御伽噺の英雄や国全体を巻き込みながら。 慌ただしい日々を過ごしていく物語。 ジャンル別日刊ランキング69位行きました! ◆注意事項◆ ※基本的に主人公がガンカタ(拳銃を使った格闘)で戦う話です。 ※とりあえず0話を読んだら大体の流れが分かるかと思います。 ※戦闘3:日常3:料理2:冒険2くらいの割合です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る