前へ

目次

次へ

オオサカノスタルジー

 大学を卒業してから、もう何年も大阪には戻っていない。出身は大阪に違いないのだが、生まれは福岡だし、中・高と神戸の私立に通っていた。大学は京都だった。だから、大阪だけが故郷と言うわけでもないのだが、私のアイデンティティは、大阪の街にある。  福岡から大阪へ家族で引っ越してきたのは、父親の転勤がきっかけだった。大阪府八尾市の郊外の一戸建て、かなり古びた借家住まい。幼稚園に入園する前のことだった。  二人の弟はそこで生まれた。生粋の大阪人。私はそれが羨ましかった。私は両親と同じ福岡の生まれであり、ここでは異邦人だ。両親の影響で博多弁を、近所の友だちとの交流で大阪弁をごちゃまぜに喋る、中途半端な大阪人。  小学校六年生の時に、大阪市天王寺区のマンションに引っ越した。そこは、やたらと焼肉屋の多い街だった。  至るところにハングルが溢れていた。煤けた灰色と茶色い錆と、吹き溜まりに寄せ集められた油っこいゴミと、強烈なアンモニア臭の街だった。  お世辞にも綺麗な街とは言い難かったが、妙にそれが肌に馴染むのか、私はとても好きだった。  ※   ※   ※   ※   ※  東京で就職した会社はエンジニアを客先に常駐させる、SESという業態の小さなソフトウェア会社だった。賞与がまともに出ないのは当然のこと、残業代も支払わない癖に、ごま油をたっぷりと搾り取るように働かせまくるブラック企業だったが、心身共にタフだったお陰か潰れず生きていたし、がむしゃらに働いて、なんとか生活も出来ていた。  そうやって働き詰めで、気付けば十年以上、大阪には寄り付いてもいなかった。  その間に弟二人もそれぞれ独立し、両親は父親の定年を期に、故郷である福岡へと帰っていた。大阪のマンションは売り払われ、実家が勝手に大阪から福岡へと変わってしまった。もう、足がかりとなる大阪の拠点は無くなってしまっていた。  しかし、それなりに仕事で信頼を得て、抱えた部下と共にシステム開発を推し進める立場にやりがいを感じていた私は、大した感慨を覚えることがなかった。  ある日、客先の仕事の都合で大阪へと出張することになった。リリースしたシステムに対し変更要望がある、と呼びつけられての打ち合わせ。プロジェクトの予算はもう無いわ、要員体制は縮小するわで、とても要望を受けることは出来ない。ことごとく要望を断って、「火に油を注ぎながら」沈火させるという、無茶振りの過ぎる使命を遂行するために出向く。実に気の滅入る役割だった。  前泊が許されたので、移動日は大阪の街を探索してまわれた。大阪を離れて、十三年ほど経っていた。2009年3月のことだった。  ※   ※   ※   ※   ※  今をありのまま暮らす大阪の人にとっては当たり前の風景も、十三年も離れていた私にとっては、全てが驚きだった。  十三年ぶりの大阪は、ノスタルジアとエキゾチシズムに満ちていた。  歌舞伎座、南海なんば駅、日本橋高島屋、通天閣。懐かしくも特徴的な景色がジグソーパズルのピースのようにあちこちに散りばめられた、だけど、まるで知らない町。  それは、決して強くはないけれど、拒絶感すら感じさせた。あんたの世界とはちゃうんよ、と。  地下鉄の路線図に今里筋線なんてものが増えているし、中央線に乗ったら、近鉄電車の車輌が走っているし、ミナミには謎な形の建物がわらわらあるし、街並みも店も、何もかもが見知らぬものに置き換わっていた。  大阪という名のパラレルワールド。  ビジネスホテルが桜川で、翌日のミーティングが堺筋本町だったこともあり、必然的にミナミで徘徊することになったが、同行したメンバーの強い要望で、まずは新世界の串カツ屋へ。  なんだかステレオタイプな大阪のイメージだとは思いつつも、素直に従った。私も学生時代に何度も利用した店がまだあるのか確かめてみたかったのだ。  行ってみると新世界は、昔ながらの下町情緒を感じさせる店もあるにはあったが、間口の狭い店を押しのけるように、派手で大きな店が軒を連ねていた。そして、至るところにビリケン様がいた。  街並みが一変しているため見つけられないだけなのか、それとも残念ながらもう無くなってしまったのか、記憶の中の店は見つけられなかった。  串カツの次は、道頓堀でお好み焼きだ。どこまでもステレオタイプな大阪だ。しかし、メンバーの中では若輩だった私は渋々黙って従った。  それでも「きちんとプロが焼いたお好み焼き」を久しぶりに食べることができたのはよかった。東京のお好み焼き屋は客に焼かせる。あれだけは、まったくの謎だと思うからだ。  道頓堀もすっかり変貌していた。いかがわしい風俗店なんかが堂々と店を構えていたように記憶していたが、そこは電飾だらけの観光名所と化していた。加えて、小洒落た遊歩道まで整備されていたのには驚かされた。  どこへ行っても、何を見ても、すっかり異邦人と化していた。そして、十三年来一度も感じたことのない感情が私の中に湧き上がってきた。私は大阪の地に戻ってきたことで、ホームシックにかられていた。  もはや「私の大阪」は……、帰るべきあの原風景はどこにもない。あそこへは、もう二度と帰れない。私は波のように押し寄せる郷愁の思いに打ちのめされた。  ふと目をあげると、御堂筋線から千日前線への乗り換え通路の途中に、積年の汚れが浮いたタイルがあった。何度も目にしたシミだった。そのシミが見覚えのあるままの姿だったことで、私はようやく、ここが私の大阪に違いはないのだと気がついた。  ※   ※   ※   ※   ※  東京駅に到着して初めて、大阪ではまったく不要だったコートの前をかきあわせた。(なんて空気が冷たいんだろう)  そう思ってみると、大阪は暑かったなぁ。  いや、熱かったんか。  そうか。 「あんたの世界とはちゃうんよ」  あれこそが、めっちゃ心のこもった「おかえり」やってんな。  らしすぎて。らしすぎて。  気ぃついたら、泣いとった。  ※   ※   ※   ※   ※  あれから、さらに十年。  また大阪の街は変化していることだろう。  それでもええ。  私のアイデンティティは、大阪の街にある。  ありがとな。どんどん変わりながらでかまへんから、ずっと元気でおってくれ。  ほなな。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 十二単風ノベラ

    月媛(*'-'*)♪

    ♡1,000pt 2019年11月17日 9時12分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    月媛(*'-'*)♪

    2019年11月17日 9時12分

    十二単風ノベラ
  • ひよこランチャー

    塵 薫

    2019年11月17日 18時20分

    切ない望郷の念を共感いただけたこと、嬉しく思います。ありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月17日 18時20分

    ひよこランチャー
  • 刑事

    水沢ながる

    ♡500pt 2019年11月16日 11時03分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは名作

    水沢ながる

    2019年11月16日 11時03分

    刑事
  • ひよこランチャー

    塵 薫

    2019年11月16日 16時44分

    Σ(゚∀゚ノ)ノキャー「熱かった」「切なかった」「ほっこりした」「ベストタイトル」と各賞総なめの水沢さまにお褒め頂けて光栄です!というか、この返信コメントをご覧になった方は、水沢ながる様の「継承、マスクライザー」を読みましょう!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月16日 16時44分

    ひよこランチャー
  • コウテイペンギンさん

    ぽち

    ♡100pt 2019年11月16日 12時57分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    ぽち

    2019年11月16日 12時57分

    コウテイペンギンさん
  • ひよこランチャー

    塵 薫

    2019年11月16日 16時56分

    ぽちさま!こちらの作品でもポイントやスタンプありがとうございます!どの辺が興味深かったか、機会があれば教えてくださいね。ありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月16日 16時56分

    ひよこランチャー
  • 闇百合ちゃん

    すすき

    ♡100pt 2019年11月16日 12時20分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    すすき

    2019年11月16日 12時20分

    闇百合ちゃん
  • ひよこランチャー

    塵 薫

    2019年11月16日 16時57分

    すすきさま、こちらの作品でもポイントやスタンプありがとうございます!まだ宣伝ツイもしていないのに捕捉してくださって、感謝しています。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月16日 16時57分

    ひよこランチャー
  • コウテイペンギンさん

    双子烏丸

    ♡50pt 2019年11月16日 12時32分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    双子烏丸

    2019年11月16日 12時32分

    コウテイペンギンさん
  • ひよこランチャー

    塵 薫

    2019年11月16日 18時11分

    双子烏丸さま。こちらの作品でもポイントやスタンプありがとうございます!皆さんこうして、宣伝ツイもしていない作品に駆けつけて下さり、嬉しい限りです。感謝しています。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    塵 薫

    2019年11月16日 18時11分

    ひよこランチャー

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 〜異世界問題はこちらまで〜 ギャル勇者メーシャちゃんに、まとめて全部まかせろし!

    とりま異世界救っちゃうし!

    117,200

    920


    2021年4月12日更新

    『──力が、欲しくねえか?』 ちょっと偉そうな俺様系神様が異世界を救うために選んだ勇者は…………ギャルな女子高生"いろはメーシャ"だった! 『おけ。その"力"ってやつ、使ったげてもイイよ!』 って、軽すぎ!? そんなこんなで勇者になったメーシャに待ち受ける試練は……。 『邪竜にさらわれたお姫様を救う』 それきた! 『おじいちゃんおばあちゃんの足腰を治す』 医者か! 『封印されしモンスターの討伐』 ファンタジーっぽい! 『迷子探し』 地球と変わんないじゃん! そんでもって『神様を倒した邪神の討伐!』 って、神様倒されてたんかい! 『不意打ち食らっちまってな……』 しゃーない! こうなったら、異世界問題ドンと来いだ! このギャル勇者メーシャちゃんに……まとめて全部任せろし!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間46分

    この作品を読む

  • 召喚士が陰キャで何が悪い

    底辺が異世界で成り上がり無双するまで

    3,754,398

    19,708


    2021年4月9日更新

    現実とゲームのような異世界を行き来するファンタジーです。 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりにファンタジーRPGのような異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇する。これがすべてのはじまりであることを、透はまだ知らなかった。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になっております! (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間47分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る