連載中 長編

温かいものが飲みたい。

作者からの一言コメント

愛されたくて淋しくて、自分がキライ。

お兄ちゃんのことが好きで、尊敬しています。 パパとママのことはどう思っているのか分かりません。 自分のことはキライです。 いつも心配です。 お兄ちゃんに嫌われたらどうしよう。 冷たくされたらどうしよう。 誰からも愛されなかったら、どうしよう。 心が寒いので、温かいものを下さい。 ※不定期更新です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 温かいものが飲みたい。
作者名 白雪冬桜
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 女主人公 現代日本 日常 R15 兄妹 禁断
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年6月4日 2時06分
最終投稿日 2020年7月2日 20時22分
文字数 49,805文字
ブックマーク登録 30件
コメント/スタンプ 174件
応援ポイント 53,200pt
ノベラポイント 280pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡180,900

    〇1,683

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡374,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • この作品であなた本当の幸せを知る

    ♡7,014

    〇0

    文芸/純文学・連載中・19話 古明地 蓮

    2020年7月3日更新

    あなたはこの小説で、初めて本当の幸せを理解する 病気と闘う少年の前に現れた少女と、その姉を救う物語 少年は末期の病気を患いながらも、残された時間を人の幸せのために使おうとする。 その幸せをどうか逃がさないで

  • 三十路の女性が人生の旅路を辿る

    ♡4,700

    〇0

    文芸/純文学・連載中・6話 六月のjuly

    2020年7月3日更新

    『私の人生は、旅とと共にあったと、思う』 三十歳を迎えた遊乃(ユノ)は恩返しの旅に出る。 今まで出会った人、衝突した人、お世話になった人。私はこれから、二度と会えなくなるのだから。 だから、後悔の無いように全てを振り返る。親切にしてくれたコンビニ店員、農家のおかあさん、近所の麻雀好きのおじさん、通りすがりの学生、冷えた麦茶の氷とグラスがぶつかる音、家のドアの取っ手の触感、海の潮風、些細な事も含めて全てを振り返る旅。 これが、今の私の現状であり、三十歳を迎えた私の全てだ。 旅の途中、バイク乗りの青年龍朗(タツロウ)と遊乃は出会う。 縁がありバイクに乗せて貰う事になった遊乃は龍朗に誘拐すると宣言され、共に旅をする事となる。 互いに言えぬ秘密を抱えたまま、旅を続けた先で世界から忘れ去られていく遊乃。 彼女の秘密を知った龍朗は「消去」から遊乃を救う為に、思わぬ行動に出て――。 そして彼女が旅路の果てに見つけるモノとは――。 Illustr 六月のjuly