異世界ファンタジー 短編集 連載中

レクスタリア流星雨 王都の冒険者たち

作者からの一言コメント

冒険者が受ける依頼や日常とか

読了目安時間:57分

総エピソード数:5話

レクスタリア流星雨 王都の冒険者たちの表紙

王都レクスタリアにある冒険者ギルド「流星雨」。そこに所属する者は冒険者と呼ばれ、魔物の討伐や遺跡の調査、迷子のペットの捜索——その他様々な依頼を受け、報酬を得て生活をしている。マクベスとロウゼンもその一人だ。 そんな彼らが主役だったりそうじゃなかったり、シリアスだったりギャグだったりする短編〜中編集 (流血表現等につきR15。この物語は法律や法令に反する行為を容認及び推奨するものではありません)

総エピソード数:5話

作品情報

作品名 レクスタリア流星雨 王都の冒険者たち
作者名 たくあん魔王
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界 冒険者 剣と魔法 短編集 アクション/バトル R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2023年1月26日 3時04分
最終投稿日 2023年1月26日 3時08分
完結日 -
文字数 28,572文字
読了目安時間 57分
総エピソード数 5話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ソラニア冒険譚

    王道ファンタジーで冒険したい! 挿絵有

    159,300

    1,193


    2022年6月23日更新

    空に浮かぶ”永遠の楽園”(ソラニア) そこには地上の出来事が記録されている ”ィストレコーディア(歴史記憶)”が存在するという。 彼らはそれぞれの理由を胸に旅をする ひとりじゃない 分かち合える だから世界はいつだって輝いてみえた たとえどんな悲しみや苦しみを、罪を背負う事になろうとも 青年カイが出会った愉快な仲間たち (弟思いをこじらせたイケメン騎士や弟の美少女系男子や豪腕聖女に喋り方悲しきモンスターな顔怖い人など) と出会い巻き起こす冒険譚。 挿絵もあります。 webサイト▼ https://sorania.mystrikingly.com/ キャラ紹介やイラスト等。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間29分

    この作品を読む

  • 精霊の贈り物

    王道中の王道物語【王道冒険ファンタジー】

    3,900

    0


    2023年2月6日更新

    ★異世界転生・転移ものではありません。 魔王軍と争い続ける中、人はそれぞれ大まかに 「近接攻撃能力」、「攻撃魔法能力」、「遠隔攻撃能力」、「回復能力」の能力を持っている。 そして貴族社会の中で生まれた時から、僅かしか能力を持っていない者、圧倒的な能力を持っている者。 ある日、庶民の主人公が12歳の時に両親が突然姿を消し、 主人公が両親を探しに行く旅物語である。 そんな主人公には何か珍しい能力が…!? 能力を使いながらバトル、冒険をする【王道冒険ファンタジー】です。 展開は昔からよくある王道中の王道です! 「小説家になろう」様 「ノベルアップ+」様でも掲載しています。 ※1/23追記 1話から内容を具現化していきます。 随時更新していく予定なので改変していない話は 暖かい目で読んで頂けると幸いです。 物語の内容は変わりません。

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Lost World〜時空使いの少女〜

    空間と時間を操る少女の物語

    115,800

    310


    2023年2月7日更新

    異世界ルーンフェルク。そこに住む少女、聖月は自分の世界と別世界を繋いだり、時間を操る力を使って、人々の依頼を受けることで生活していた。 ある日、彼女の前に現れた謎の青年、煌翔は、聖月の持つ力が危険なものであると告げる 。 2022.5.16 今更ですが、登場人物が多くなってきた為、登場人物紹介追加しました。 話が進むごとに追加していきます 多少のネタバレ含みますので、嫌な方は本編から

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間29分

    この作品を読む

  • ひねもす亭は本日ものたり

    日常モノ×怪異退治?モノ ※水・日更新

    87,900

    2,400


    2023年2月5日更新

    陽之戸国の都、貴墨に住む三流作家の丞幻(じょうげん)はある夜、祟り神が出るという噂の荒れ寺で男を拾う。 埋められていた土の中からずるずると這い出て、力尽きたように倒れている男を見て、丞幻は思わず呟いていた。 「――あらやだ、ネタだわ」 これは、怪異を見聞きする力を活かして関わった事件を小説にしているものの、いまいち売れない三流作家が愉快な仲間達と共に(次回作のネタの為に)怪異に挑み。 神隠し調査の為に異界に突撃し。 美味しいものに舌鼓を打ち。 賭博ですってんてんになり。 時には盗人捕縛に駆り出され。 はよ次の話を書けと、版元に物理で尻を叩かれる。 そんなお話である。 ※キャラはコミカル、ホラーはまったりな、なんちゃって和風怪異モノです。よろしくお願いします。 ※話の展開上、人の売買や殺人・強盗などの犯罪行為の描写がある場合があります。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※毎週水曜日、日曜日の午前0時前後更新します。 ※複数の小説投稿サイトでも公開しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間1分

    この作品を読む