完結済 短編

令嬢は恋に落ちるも婚約破棄されてしまう

作者からの一言コメント

宜しくお願い致します。

令嬢である安里は一人の男性と恋に落ちて 婚約までいくのですが、その男性から婚約破棄されるのです。 婚約破棄された安里はどうなってしまうのか。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 令嬢は恋に落ちるも婚約破棄されてしまう
作者名 RARUTI
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 令嬢 御曹司 婚約破棄 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月24日 14時26分
最終投稿日 2020年4月24日 14時27分
文字数 1,714文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡103,511

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

  • 最高位超能力者と新人警官

    ♡2,600

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話 藤也

    2020年7月12日更新

    人々の持つ能力細胞は、人により持てる量に大きな差があり、持てる量が一定を超えると超能力が発現する。 国は国民一人ひとりの細胞を持てる量をランク付けして一定を超えた人々を登録管理していた。 警察官なりたての田中真一は先輩の同級生である松田秋とであう。春生まれなのに秋(しゅう)という青年は街を歩けば誰もが振り向くような眉目秀麗な男であった。 見目美しい彼には秘密がある。 認定ランク最高位8、国に登録された超能力者である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 兄・彼氏・同級生、オレってどれ!?

    ♡32,140

    〇260

    恋愛/ラブコメ・連載中・95話 沢鴨弓摩

    2020年7月13日更新

    兄・彼氏・同級生……オレってどれ!? 知らない人はいない程に綺麗な双子の妹と、男女問わず惹かれる美人な弟。 そいつらの兄がこのオレ、藍原サダメ。 オレは海外での仕事で不在な両親の代わりをすることに。 弟妹はめっちゃモテる! 日中、高校生であるオレが中学生である弟妹を守ることは不可能。 心配し過ぎて神経をすり減らし、授業を受けるのもやっとということもよくある。 でも、帰宅すれば三人から愛の剛速球を受け取れる、と思いたいのだけど。 家では疲労が癒されるや否や、三人から愛の応酬、愛・愛・愛―――― オレとしては癒される程度の愛が欲しいんだ。 それなのにアイツらったら……。 シスコン&ブラコンな藍原家を中心に描かれるイチャラブコメディ。 (小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しております)

  • 祖国の復讐し損ねて仇国で永住を検討する話

    ♡1,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・88話 俗物

    2020年7月13日更新

    突然故郷を奪われた少女・灰白が復讐を誓い仇の国・風月の城に潜む話。故郷を奪われた少女・灰白は避難の果てに辿り着いた森の中で世捨て人のような青年・朽葉に出会い、故郷襲撃の話を聞く。そこで灰白は避難先であり故郷を襲撃した風月国へ、朽葉の知人である飲んだくれ無職・縹の助力により風月国の城に叔父と姪の関係を偽り潜伏する。しかし風月国には主はおらず第三公子・珊瑚だけがいた。こうして城の留守を預かる官吏・群青や世話係の少女・紫暗と共に風月王と第二公子の帰還を待つことになり復讐を遂げようとするものの邪魔が入る。灰白は顔面に大きな傷を負い目の前で大切な人を失う。(〜47話までのあらすじ) なんちゃってアジアンテイストでテクノロジーもごっちゃごちゃ。ルビはガチの読みだったり意味が同じものだったり。