天つ乙女と毛獣〜舞台は房総半島、天女となりしある少女の運命と絆の物語〜(#あまおと)

読了目安時間:3分

エピソード:6 / 149

【03】守り神の啓示

 さて、まどろみの世界に入っていた百合子は、まもなくまっ白な雲に囲まれた。  どうやら、夢の中にいて訳もわからず右往左往をしていたのである。  例えるなら、童話・不思議の国のアリスでいうところのうさぎを追って異世界にいってしまうのと同じ感覚を彼女は抱いていたようだ。  このため。 「白く曇っていて前が見えないわ。どうすればいいのかな?」  百合子は、霧のごとく四方を取り囲む乳白色の雲に対し、ほとほとと困った顔を見せていた。  その直後、どこからともなく女の声が聞こえてきた。  声は、救急車のサイレンや電車・自動車の接近する音のように、最初は小さく、次第に大きくなっていった。 「あなたは、何者なの? 姿を表して!!」  百合子は、周囲に警戒という名の気を張り、姿形すら存在しない声の持ち主に呼びかけた。 「タキリ。生憎、そなたに姿は見せられぬ」  声の持ち主は、百合子に申し訳なさそうな口調で平謝りし、まるで穴に身を隠すモグラのごとく自らの姿を現さなかった。 「あなた、タキリって名前で私のことを呼んでいた。でも、私は、広瀬百合子でそんな名前じゃないわ。それと、姿を見せられないのなら、名前くらい教えてもらったって、罰当たりにはならないわ」  百合子は、すぐに頭の整理がつかずに心を揺さぶられ、声の主に尋ね返した。  そのときの彼女は、まさに強風に吹かれ、ひらひらとなびく木の葉と同じ状況だった。 【03】守り神の啓示の挿絵1 「忘れていても、無理はないね。人生の半分以上をアマツホシではない地球という世界で過ごしているのだから。それと、今は名前は教えられないが、すばる天女の守り神とでも言っておこう」  声の主は、百合子に言葉を発した。  また、声の主は自らを天女の守り(まもりがみ)と自称し、テコでも動じない大きな岩山みたいに平然とした様子でいた。 「えっ、そうだったの!?」  百合子は、何も知りえていなかった人の表情を浮かべ、姿なき天女の守り神に言葉を発した。 「そなたは、元々地球でないアマツホシという世界にあるすばる王朝の姫や天女の子・タキリとして生まれ、その国の正当な王位継承者である。今こそ、天女として目覚め、本当の名前を取り戻し、天女の仲間を集め、王朝に居座る獣を退けて苦行にあえぐ民を解放し、すばるの女王として国の再興を果たすのだ」  天女の守り神は、先ほどの口調で百合子の知りえていなかった過去の経歴などに触れた後、試練を課そうとした。 「天女、すばる王朝(すばるおうちょう)王位継承者(おういけいしょうしゃ)、天女の仲間、女王。何のことをいっているのか、私に分からないわ」  百合子は、守り神の話す内容をいまいち頭に飲み込めず、混線した電話交換機の状態となった。 「タキリよ、今は分からなくてもいい。いずれは、天女として目覚めたとき、わかることだ」  守り神は、百合子に結んだ紐のようにしっかりとした口調で声を掛けた。  その直後、百合子の周囲を覆っていたかすみ雲はまたたく間に黒色に変わった。  視野の先には、黒々としてうつうつそうな雰囲気が漂い始め、口から言葉を出せなくなってしまった。  言葉を発せられないことに、百合子はもがき苦しみ、思わず目からいくつものしずくをこんこんと湧かせていた。  そうしているなり、百合子の首の付け根の辺りが漆器のように赤い光を放ち、瞬く間に全身を覆った。 「きゃあ!?」  百合子は、夢から目覚め、何かにうなされた様子を見せ、バッと身体をゆだねていたベッドから起き上がった。 「さっきのは、夢だったのね」  百合子は、顔を左右に動かして確認し、ほっと胸を撫で下ろした。 「訳も分からない黒い男と女に追われることといい、このことといい、最近変な夢ばかり見ていて、頭がおかしくなりそうだわ」  百合子は、眉の両端を下げ、口元を上にあげ、もそもそと落ち着かない様子のまま苦言を呈していた。  百合子は、改めて時間を確認した。  時計は、朝の4時を指していた。  また、外の様子を見ると、暗闇の雲の間に宝石の如く春の星々が輝いていた。  彼女は、夢のことを忘れて気分転換をしようと、赤色のジャージ姿に着替え、腕や足を大きく動かしながら日課としているランニングに出かけた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リズムゲームプラスパルクール

    音ゲー戦国時代に現れた、次世代音ゲーとは

    600

    0


    2022年5月28日更新

    ・あらすじ かつて、音楽ゲームはアーケード、アプリ等の分野で多岐にわたって存在していた。しかし、システムがワンパターン化していくにつれてユーザーは集まりにくくなっていたのかもしれない。 その中で草加市で誕生した音楽ゲーム、それは一昔のスポーツ番組を連想するようなテイストを含んだゲームだったのである。その名は『パワードミュージック』。パワードスーツを思わせるアーマーを装着し、楽器なのか武器なのか不明な装備で音楽を奏でる物だとネット上で書かれていた。 システム的には別のARゲームであるARパルクールと似たような物であり、どう考えてもこれを音ゲーと言うには苦し紛れと言う前評判もあったほど。しかし、その複雑を極めるような内容やシステムに反し、予想外にもユーザー人気を得る事になった。その人気の裏には、一人のランカーと呼ばれる人物の存在があった――というまとめサイトもある位だ。 西暦2019年4月10日、他の音楽ゲームに満足できなくなった比叡が発見した物、それは草加市で流行していたARゲームだった。その中の一つ、『パワードミュージック』を目撃するのだが――初見印象は格ゲー、それも少年漫画を思わせる物である。 その後、ネット上の情報やアンテナショップへ足を運んだことで、音楽ゲームだと言う事を知ったのだが――未だに驚きを隠せない。次第に新たな音楽ゲームをプレイしたいという熱意が――『パワードミュージック』へと彼女を後押ししていた。 比叡の様子を見ていた人物――ビスマルク。そして、様々なランカーが『パワードミュージック』へと関心を寄せる中、大きな事件が幕を開けた。 これから始まるのは、リアルと架空の区切りさえも曖昧なARゲームで展開される、もう一つの物語――。 ※カクヨム、小説家になろうと同時掲載です。

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む

  • One/Hundred -異能力100人サバイバル-

    好きな能力を一つ選び最後の一人を目指せ!

    47,000

    10


    2022年5月28日更新

    一人一つ好きな能力を申請し、得た異能を駆使して最後の一人を目指すVRデスゲーム。 百人の参加者が目指す優勝商品は、高額賞金と好きな願いを一つ叶えてもらう権利。 各人が持ち寄った"俺だけの最強能力"同士が激突する中で、 プレイヤー『セナ』が選んだのは『洗脳』の能力だった。 襲い来るのは能力反射に時間停止、不死能力者、果ては死に戻り!? リアル過ぎるVRゲームを実現している運営サイドの動きもどこか怪しくて……? 常に一人しか洗脳できないデメリットを抱えながら、セナは持ち前の頭脳を活かし戦略を立て突き進む。 考え抜いた知謀で百分の一の最強に至れ! 異能力サバイバル頭脳バトルがここに開幕する! 現在は昼の12時と夜の20時で毎日二話投稿中です。 柏木 巧 https://twitter.com/takumikasiwagi

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間29分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る