天つ乙女と毛獣〜舞台は房総半島、天女となりしある少女の運命と絆の物語〜(#あまおと)

読了目安時間:9分

エピソード:21 / 149

【05】両虎共闘の戦い

 さて、二人の出てきた地上には、穴が貫通したことにより、周囲に警戒にあたっていた数人のハイドが長槍を持って集結し、何ともいえないものものしい雰囲気を漂わせていた。 「おんどれら、すばるの王妃や。シコメを人質にとっている。早よういってまえや!!」  その中の一人の男のハイドが、シコメ姫を背負っているヤカミ妃の姿を見つめた後、まわりにいた仲間のハイドに指示を下した。  彼は、赤々しくて目立つ鎧を身にまとい、顔は怒ったサルジュウみたいにいかつく、シコメ姫やヤカミ妃が話す際に使うすばる語を用いていた。  ハイドらは、ヤカミ妃の真下に集結し、いかつくて思わずぞっとしたくなる目線で見つめ、長槍にてすぐにでも攻撃ができるようにした。 「お母様。あいつは、ゲアシオ。名だたる他国の国王や武将を血一色に染めてきよったヨモツの宰相で、うちのほんまもんの父親や。油断しよったら、一撃で殺されてまうで。」  おんぶしてもらっているシコメ姫は、鎧のハイドを見た瞬間、はっと驚いた様子でヤカミ妃に言葉をかけた。 「シコメ。分かってる。わての剣をもってすれば、奴らは恐れおののいて逃げてわな。」  ヤカミ妃は、生真面目で恐怖すら感じさせない顔でシコメに言葉を返し、ゲアシオやその他のハイドに交戦するため、土面からわずか一尺ほど離した位置まで身体をもってきた。  これを見計らい、シコメも自信に満ちたヤカミ妃のことを娘として半ば心配して地に足を付け、自らの背中にある長槍をぎこちなさそうに用意して構えた。 「すばるのヤカミ、わいが相手や!!」  背後にハイドの群れを連れた赤鎧のハイド、ゲアシオは、慣れた手つきで長槍を振り回し、ヤカミ妃に切りかかった。 「ふっ。わてに比べれりゃぁ、あんたらは、へぼい奴や。」  ヤカミ妃は、言葉まじりに身体を浮かせたまま、手持ちの青い光を放つ剣にてゲアシオや彼らの長槍を跳ねよけた。  続くように、 「このあほんだら。人を閉じ込め、えげつないことばかりしてる。そないなこと、人間の娘のうちとして許すことは、でけへんわ!!」  シコメ姫は、顔をしかめつつ長槍を構えて声を発し、次々とハイドに攻撃を仕掛けた。  彼女は、自ら持っているヨモツ国の姫君という名高くて、大銭では買えない地位を捨て、母方のすばる王朝に寝返る覚悟を抱いた。  このとき、シコメ姫として、心の中でヨモツ国と縁を切る決心がついたように感じられた。 「シコメ姫様がすばるの王妃に寝返ってわれわれをやっつけている!?助けてくれ。」  ハイドたちは、味方のシコメ姫が裏切り、自分たちに攻撃を仕掛けてくる様子を見て、思わず驚いた声を発するのとともに浮足を立たせた。 「シコメ。娘のくせに、父親のわてやミタマ様たちのことを裏切りよった。死に値する罪やわ。」  ゲアシオは、顔のまわりにしわをつくり、シコメ姫に対するぐつぐつとした怒り感情を心の中で爆発させた。  天女のヤカミ妃と彼女の味方として寝返ったシコメ姫、ヨモツ方のゲアシオやハイドらによる戦いは、一進一退の攻防が続いた。  初めは、剣の天女のヤカミ妃と娘のシコメ姫が、圧倒的な動きの早さ、また剣・槍さばきにてゲアシオらハイドの一団を劣勢に追い込んだ。 「このまんまやと、わてらがシコメどもにわやされてまうわ。」  ゲアシオは、シコメ・ヤカミにおされてあせっているのか額のあたりに汗を流し、挽回する機会がないか探った。 「そうや、あれを使うたら、必ずシコメは恐れおののいてひるむ。その間に、すばるの王妃に毒を仕込めば、わてらで一石二鳥に始末でけるわな。」  ゲアシオは、両手に長槍をもってヤカミ妃に立ち向かう最中、少々顔ににやけた表情を描いて作戦を考え出した。 「にやけよっても無駄や。おんどれらは、あくどいことばかりしかせぇへんし、べぼくて古臭い槍で立ち向かおうとしてる。そないなことしてる限りは、わてやシコメに勝てんで。」  ヤカミ妃は、顔に正義感が満ちあふれた様子を見せ、ゲアシオを揺さぶろうと言葉を発していた。  そして、彼は、一旦左の手を槍からはずし、それを用いて仲間のハイドたちに指示を下した。  なお、それは指による合図らしく、はじめは手を広げた状態からはじまり、親指・人差し指をぐるぐると動かした。  次に、薬指から小指までの二つつの指を手のひらの方向に寄せた。  その合図は、地球でいうフレミングの法則(左・右)を思わせるものであった。  それとともに、 「早くしろ!!」  ヤカミ妃・シコメ姫を取り囲んでいたゲアシオ以外のハイドは、掛け声をしながら戦から離脱した。  ハイドたちは、そそくさとした足取りで現場より離れ、近くに生えている林の中に向かった。 「何でやろ? ハイドたち、うちらの目の前から逃げていってしもうたんやけど。」  シコメ姫は、ハイドたちが撤退してゆく様子を見て、頭の中にもくもくと立ち上がる雲のごとく疑問符を浮かべた。 「あいつら、しょんべんしたかったんやろな。まぁ、逃げたことやし、お母様の助太刀に加わろ。」  彼女は、納得した顔で目の前にいたハイドたちが逃げたと解釈し、急ぎヤカミ妃の元に赴こうとしていた。  そのときだった。  空から何匹かのくねくねとした生き物があらわれ、シコメ姫のまわりにふってきた。  生き物は、身体にぼんやりとした黒と赤・褐色の地の縞があり、長さは二尺前後、紐のようにくねくねと動かしていた。  それは、ヤマノカガシという水田や湿地、森の暗所などにすみ、普段はおとなしいものの、興奮して噛まれたらいかなる生物でまひ、または、死に至る毒を持つ蛇であった。 「へっ、蛇や。うちのこと、かみ殺したヤマノカガシや!?」  長槍を構えていたシコメ姫は、にょろにょろと身体をのたうちまわす蛇ことヤマノカガシを見るなり、ぞっとした様子で顔を青ざめさせたまま、その場にてでくの坊のごとく動けなくなった。  顔や様子から察するに、彼女には毒蛇によるトラウマがあるようだ。 「シコメ、何してんねん。毒蛇にかまってる暇はないはずや。」  ヤカミ妃は、ゲアシオと槍・剣を交じえて戦っている最中、蛇により往生しているシコメ姫に対し、母親として注意をした。  そうしているなり、勾玉を思わせる星空の下に佇む木々の枝がぎしぎしと音をたてて上下に揺れ、その合間から四組の束にされた矢が放たれた。  矢は三本あり、藁や麻でたばねられ、くろがねの素材で作られたと思われる矢じりには、不気味な紫色の液体が塗られ、それはゲアシオとの交戦などに気をとられているヤカミ妃の方を向いていた。  放たれた矢の束は、軽やかに空気をきるはやぶさどりみたいに空間を進んでゆき、痛々しい音とともにヤカミ妃の右腕・両腹・左脚の四か所に命中した。  彼女のまとう紺・薄青の着衣・羽衣と王・王妃しか身に付けられない黄金色の腰帯、皮膚、地面などには、矢が命中し負傷したことにより、つつじの花のような色の液体が付着していた。  この戦いにおいて、シコメ姫が蛇により往生し、ヤカミ妃が負傷したという出来事は、すばるとヨモツの形勢が逆転したのを象徴するもののようであった。 「うぅ。おんどれら、図ったな!?」  ヤカミ妃は、顔をしかめてゲアシオを見つめ、恨むかのような物言いで声を発した。  このとき、彼女は、ふわふわと身体を地面から三尺強ほど宙に浮かせたまま動きを鈍らせ、全体にはしる鋭利な刃物でつらぬかれたのと同じ痛みをこらえた。 「あんた、女のくせに口は一人前やけど、注意力がえらく劣ってるやん。おかしな戯言をいうんのも、ええかげんにせいや!!」  ゲアシオは、すさまじい顔色でヤカミ妃をにらみつけ、鼓膜が破れるほどの大声で怒鳴った。  それとともに、彼は、衝動的に両腕をぴんと伸ばし、指先がヤカミ妃の細くて短い首に食い込むくらい強く握り、剣先みたいに尖った爪を皮膚に突き刺した。 「そないなことしよっても無駄や。たとえ、わてが殺されたとしても、娘のシコメや姪のトヨタマ、向こうの世界にいったタキリがあんたのことを追いつめに来るわな。」  ヤカミ妃は、ぎゅっと首を絞められて呼吸ができず、そこから赤い液体が流れて意識が遠のく状況下、渾身の力を振り絞り、ゲアシオに対して言葉を放った。  時同じくして、森の方から再びハイドの集団が姿を表し、往生しているシコメ姫を逃げられぬよう取り囲んだ。  取り囲んだハイドたちは、各々に武器の長槍を繰り出せるようにしており、顔の面を漆器みたいに赤々とさせてヤカノカガシの蛇を両手にもった。 「シコメ姫様。よくも、味方のわれわれのことを裏切りましたね。これは、ミタマ様やクイーン様を直に冒涜する行為であり、死罪に値するものである由、すぐにでも始末させてもらいます。」  ハイドらは、一気に殺気だった表情でシコメ姫を見つめ、口々に怒りのまじる言葉を放った。  そして、彼らは、ごりごりと押さえつけるように両手でつかんでいるヤカノカガシの蛇をシコメ姫に対して放った。  放たれた蛇は、強く握られて興奮したのか、落ち着きがない様子で、しゅるしゅると身体をくねらせ、シコメ姫に迫ってきた。 「やめろや、うちにかまうんやないわ!?」  シコメ姫は、顔を青く染めさせたまま、恐怖からか何も考えられずに叫んだ。  それとともに、ヤカノカガシの蛇に対して持っている長槍を振り回した。  彼女は、ただヤマノカガシの蛇をその場からよけたいがために長槍を動かしていたが、恐怖感からむやみにまわしているため、蛇に当たらなかった。  それどころか、蛇たちは、身体をにょろにょろと動かしてシコメ姫の元に迫り、うち二匹は長槍や足の部分に巻き付いた。 「うち、蛇に囲まれてしもうた。前と同じように、蛇に噛まれて死ぬんや。」  シコメ姫は、ついに蛇に取り囲まれた状況で氷柱みたいに身体が固まり、戦であることをいざ忘れ、大粒の涙をながしながら天上の世界に届かんばかりの弱音をぶつぶつとつぶやいた。  そうしているなり、長槍をぐるぐるとまわり、のぼってきた一匹の蛇が大きく口を開けてためらう様子もなくシコメ姫の左腕に噛み付いた。  このとき、シコメ姫の身体全体に釣り針で刺されたかのような激痛が走り、噛まれた傷口から濃くて鴇羽鳥の色の液体がたらたらと流れ出た。 「きゃあ!?」  シコメ姫は、全身に走る痛みに耐え切れず、叫び声とともに身体をうつぶせて地面に倒れこんだ。 「お母様のこと助け出すことできへんかった。うち、いっつもわがままで言ったことをやりとげられへんやつや。」  シコメ姫は、身体に毒がまわりしびれが生じている最中、目から水を溢れさせて自らの行いを悔いた。 「結局。お前は、強がりに見えてただのおつむが幼稚なちびだけじゃないか。」  ハイドらのうち、一人は、倒れているシコメ姫に対し、かわいそうという気持ちを抱く様子を見せず、身もぞっとするおぞましい口調で言葉を掛けた。  続けて、そのハイドは、身体を屈ませ、片手でシコメ姫の灰色の髪をぎゅっとつかみ、一気に持ち上げて落とした。 「シコメ、どないすればええの?このまんまやと、お母様ともどもハイドに皆殺しにされてまうわ。」  シコメ姫は、蛇の毒により全身にしびれがおよび、刻一刻と意識が遠のく中、迷いにも似た気持ちを抱いた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リズムゲームプラスパルクール

    音ゲー戦国時代に現れた、次世代音ゲーとは

    600

    0


    2022年5月28日更新

    ・あらすじ かつて、音楽ゲームはアーケード、アプリ等の分野で多岐にわたって存在していた。しかし、システムがワンパターン化していくにつれてユーザーは集まりにくくなっていたのかもしれない。 その中で草加市で誕生した音楽ゲーム、それは一昔のスポーツ番組を連想するようなテイストを含んだゲームだったのである。その名は『パワードミュージック』。パワードスーツを思わせるアーマーを装着し、楽器なのか武器なのか不明な装備で音楽を奏でる物だとネット上で書かれていた。 システム的には別のARゲームであるARパルクールと似たような物であり、どう考えてもこれを音ゲーと言うには苦し紛れと言う前評判もあったほど。しかし、その複雑を極めるような内容やシステムに反し、予想外にもユーザー人気を得る事になった。その人気の裏には、一人のランカーと呼ばれる人物の存在があった――というまとめサイトもある位だ。 西暦2019年4月10日、他の音楽ゲームに満足できなくなった比叡が発見した物、それは草加市で流行していたARゲームだった。その中の一つ、『パワードミュージック』を目撃するのだが――初見印象は格ゲー、それも少年漫画を思わせる物である。 その後、ネット上の情報やアンテナショップへ足を運んだことで、音楽ゲームだと言う事を知ったのだが――未だに驚きを隠せない。次第に新たな音楽ゲームをプレイしたいという熱意が――『パワードミュージック』へと彼女を後押ししていた。 比叡の様子を見ていた人物――ビスマルク。そして、様々なランカーが『パワードミュージック』へと関心を寄せる中、大きな事件が幕を開けた。 これから始まるのは、リアルと架空の区切りさえも曖昧なARゲームで展開される、もう一つの物語――。 ※カクヨム、小説家になろうと同時掲載です。

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む

  • One/Hundred -異能力100人サバイバル-

    好きな能力を一つ選び最後の一人を目指せ!

    47,000

    10


    2022年5月28日更新

    一人一つ好きな能力を申請し、得た異能を駆使して最後の一人を目指すVRデスゲーム。 百人の参加者が目指す優勝商品は、高額賞金と好きな願いを一つ叶えてもらう権利。 各人が持ち寄った"俺だけの最強能力"同士が激突する中で、 プレイヤー『セナ』が選んだのは『洗脳』の能力だった。 襲い来るのは能力反射に時間停止、不死能力者、果ては死に戻り!? リアル過ぎるVRゲームを実現している運営サイドの動きもどこか怪しくて……? 常に一人しか洗脳できないデメリットを抱えながら、セナは持ち前の頭脳を活かし戦略を立て突き進む。 考え抜いた知謀で百分の一の最強に至れ! 異能力サバイバル頭脳バトルがここに開幕する! 現在は昼の12時と夜の20時で毎日二話投稿中です。 柏木 巧 https://twitter.com/takumikasiwagi

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間29分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    46,200

    4


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む

  • 最終決戦 壮大に何も始まらない

    頭の悪い勇者と頭が痛い魔王の最終決戦です

    203,600

    1,540


    2022年5月28日更新

    人類の希望、世界の希望を背に魔物に立ち向かう勇者。 全ての魔を統べる王――魔王。 長きに渡る人間と魔物の最終決戦が――壮大に、何も始まらない! 何故なら勇者のパーティ、何か変だから!

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む