天つ乙女と毛獣〜舞台は房総半島、天女となりしある少女の運命と絆の物語〜(#あまおと)

読了目安時間:5分

エピソード:76 / 149

③広瀬紗久良/天女・タキツ

③広瀬紗久良/天女・タキツの挿絵1  ★呼称              名前:広瀬 紗久良              旧名:シコメ(ヨモツ国国王ミタマ養女・王女)             天女名:タキツ              愛称:さくらちゃん(高瀬みゆき)・紗久良(広瀬一家)・シコメ(豊玉紗香・トヨタマ)           Local Name:Sakura Hirose   Yomotsu Name and old Name:Shikome  Celestial maiden Name:Takitsu  Nickname:Sakura-chiyan or Sakura  ★基本データ              種別:メインキャラクター              性別:女             羽衣色:紺色              能力:水氷              武器:長槍            好きな花:ツチザクラ(ヤマザクラ)              年齢:12才       誕生年(地球西暦):2002年3月4日             出身地:ヨモツ国             現住地:ヨモツ国ヤマシロ地方ヤマシロ アラガミ城                 日本国千葉県館山市              種族:人間・ハイド融合実験生命体              所属:ヨモツ(~2010年)→すばる王朝(2010年~)             血液型:B              身長:151cm              体重:45kg              体型:B78(AAAカップ) W62 H84              職業:ヨモツ国王女→中学生              趣味:植物採取・観察・富士山を見ること             一人称:うち             二人称:あんさん・あんた            使用言語:広瀬紗久良・タキツ・シコメ=すばる(関西語に瓜二つなアマツホシ・アキツナカジマ中部の方言)             その他:8才の頃、ハイドの伝統に倣って臍を手術で切除、主神アラガミの祠にそれを供えた。 ★容姿  ●天女の姿  着衣・飾り物類: 紺色  腰帯:黄金色(すばる王朝の王妃であることを示す色)  髪:濃茶色      肌色:白肌色  ●人間の姿(入学以前)  髪: 灰色      肌色: 肌色      目色: 赤色  ●人間の姿( 入学後)  髪:黒茶色(染髪済)      肌色: 肌色      目色:濃茶色(カラーコンタクト使用) ★概要  ヤカミ妃の三女(末妹)でタキリこと広瀬百合子の種違いの実妹。  ミタマの養女でヨモツ国の王女、後のすばる王朝所属の戦闘天女。  ヨモツ国においてハイドと人間を合成し、敵のあめふり国に送り出す前段階の実験、捕縛したすばる王朝のヤカミ妃が逃げ出せないよう人質を作り出す目的のため、この世に生を受けた人間・ハイド融合実験生命体。  ヤカミ妃の胎内で生まれ、0才から6才の間、培養用の羊水で満たされた酒樽の中で育ち、それ以降はミタマの養女として引き取られた。  お姫様ながら人質がゆえ、はじめは外に出ることは認められていなかった。  しかし、それを哀れにみた当時の従姉で侍女トヨタマがミタマに直訴し、特別な許可及び海での翳れを落とす禊の儀式などに出かけることを許された。  普段は城内や居館で前侍女トヨタマや現・下女ナミと退屈そうに過ごしていた。  姿こそ若き頃の母・ヤカミと瓜二つで、容姿端麗な女の子であるが、髪の色・眼の色・内蔵などはハイドと同じものとなっている。  幼い頃より夢の中でヤカミ妃、侍女トヨタマ、叔母にして乳母のヌナカワノメに囲まれて育てられたが為、半分ハイドの血を引くものの、それをあまり信用せずに少し距離をおくようにしていた。  一度、草原で毒蛇に咀まれ内臓多量出血により死んだが、自らを溺愛(裏向きは、人質として扱っていた)していたミタマ、妹のように接していたトヨタマの意向によりクローンとして蘇生した。  このトラウマが故、極端に蛇を嫌っている。  12才の誕生日の日、祖国に反旗を翻してすばる王朝に寝返り、母親・ヤカミを逃がそうとした時、再度蛇に噛まれて二度目の死を迎える。  しかし、彼女の死を認めたくない母・ヤカミ妃により、天女の能力を獲得・受け継ぎつつ蘇生させられた。  その後、地球の茨城県つくば市大穂の電子総合科学研究所(実世界ではKEK、高エネルギー加速器研究機構)に流れ着く。  つくばに降り立った際、母のヤカミ妃やトヨタマが教えてくれた父違いの姉・タキリ(広瀬百合子)の存在を思い出し、探し出すべく関東各地へと旅に出た。  しかし、彼女を探す途中、山梨県山伏峠にて地球に滞在している従姉で元召使の天女トヨタマ(あめふり国所属)に偶々再会する。  トヨタマに事情を説明し、タキリの居場所を教えてもらった後、館山市長須賀の広瀬家にいるタキリこと広瀬百合子の元に身を寄せ、彼女の妹、そして護衛役となる。  同時に、名前もイメージが悪いとして、宗像三女神の末妹・瀧津姫命の名前に肖り【タキツ】、好きな土桜の花をイメージさせる【広瀬紗久良】と改めた。  以降、迫り来る祖国のヨモツ国の勢力と対峙する。  母・ヤカミ妃の着ていた天女の衣などをそのまま受け継いだため、あめふり国などにいる旧すばる王朝の関係者からはヤカミ妃本人と勘違いされる。  地球に来た直後、人間でいる時の姿が他人と異なることに醜さを覚え、灰色の髪を染髪剤で黒色に染め、赤色の目の虹彩をごまかすため、茶色のカラーコンタクトレンズをしている。  学校では、同じ天女としての能力を持つ同級生・高瀬みゆきや噂話が大好きな児玉すみれと親友となる。  部活動は、みゆきと同じビーチバレーボール部に所属し、みゆきとセレスティアル・エンジェルス(=天の乙女)というチームを組んでいる。  地球にいる間は、富士山を見ることをたしなみにしている。 ★関係            好きな人:高瀬みゆき 広瀬百合子 広瀬紅葉 秋山白竜 豊玉紗香 新谷尾花など         嫌いな人・勢力:ヨモツ国           家族・両親:ゲアシオ・ヤカミ妃/養親:ミタマ/養父母:広瀬芳夫・広瀬美香/養姉妹:広瀬百合子/姉:タキリ・イチキ(種違)/いとこ:ミカヅチ・トヨタマ(元侍女)  性格  やんちゃで明るい、甘えん坊の気がある。 (姫として甘やかされて育ったことが影響している)  その半面、泣き虫で臆病な性格も持ち合わせている。  それ故、物語では何回か彼女の弱い部分が露呈することがある。 (ジブリでいうとなりのトトロに出てくるメイに性格がそっくりである。)  また、特定の人物(トヨタマとナミ)にのみ裸の姿を見せたことがなく、それ以外の人物の前でその姿を見せると、恥ずかしく顔が赤面とさせる。 ★恋愛  なし。 ★物語内の目的  天女となり母・ヤカミや種違いの姉・タキリたちを苦しめる養父・ミタマやヨモツ国の勢力に反旗を翻し、同時に蛇獣ヤマタ・オロチの復活を阻止しようとする。 ★特筆事項  ■「ゲアシオ」実験。  ハイド・ゲアシオの考えていた疑問から実施されたもの。  簡潔にいうと「人・ハイド掛け合わせるとどうなるか」確かめる実験である。  具体的には、人間の卵とハイドの種を人工的に掛け合わせて誕生させ、人間・ハイドの融合生命体が生誕から老化・死までの長いスパンにてどのような振る舞いをするか生態などの観察を行うものである。  なお、研究途中で生命体が死亡すると研究に費やした労力や銭が無駄となるリスクが生じる可能性が出たため、受精卵が生成された時点で本体()予備()研究用()の計3体分に卵を分割して胎内に戻し誕生させた。  ・三体のその後  本体・アに相当する素体は、酒樽の中で育った後、国王ミタマの養女で王女のシコメ姫として引き取られるものの、10才の頃、蛇の毒による内臓多出血により死亡する。  予備()素体は、科学技術院の第一貯蔵場に冬眠状態で保管されながら成長した後、本体()素体・一代目シコメ姫の記憶を移植され、二代目のシコメ姫の身体となって現在に至る。  研究用兼予備素体()については、サグメの体となり、姉にあたるタキツの粛清をしかけることになる。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リズムゲームプラスパルクール

    音ゲー戦国時代に現れた、次世代音ゲーとは

    600

    0


    2022年5月28日更新

    ・あらすじ かつて、音楽ゲームはアーケード、アプリ等の分野で多岐にわたって存在していた。しかし、システムがワンパターン化していくにつれてユーザーは集まりにくくなっていたのかもしれない。 その中で草加市で誕生した音楽ゲーム、それは一昔のスポーツ番組を連想するようなテイストを含んだゲームだったのである。その名は『パワードミュージック』。パワードスーツを思わせるアーマーを装着し、楽器なのか武器なのか不明な装備で音楽を奏でる物だとネット上で書かれていた。 システム的には別のARゲームであるARパルクールと似たような物であり、どう考えてもこれを音ゲーと言うには苦し紛れと言う前評判もあったほど。しかし、その複雑を極めるような内容やシステムに反し、予想外にもユーザー人気を得る事になった。その人気の裏には、一人のランカーと呼ばれる人物の存在があった――というまとめサイトもある位だ。 西暦2019年4月10日、他の音楽ゲームに満足できなくなった比叡が発見した物、それは草加市で流行していたARゲームだった。その中の一つ、『パワードミュージック』を目撃するのだが――初見印象は格ゲー、それも少年漫画を思わせる物である。 その後、ネット上の情報やアンテナショップへ足を運んだことで、音楽ゲームだと言う事を知ったのだが――未だに驚きを隠せない。次第に新たな音楽ゲームをプレイしたいという熱意が――『パワードミュージック』へと彼女を後押ししていた。 比叡の様子を見ていた人物――ビスマルク。そして、様々なランカーが『パワードミュージック』へと関心を寄せる中、大きな事件が幕を開けた。 これから始まるのは、リアルと架空の区切りさえも曖昧なARゲームで展開される、もう一つの物語――。 ※カクヨム、小説家になろうと同時掲載です。

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • 『シークレット・オブ・ジェネシス』

    今、すべての謎が解き明かされる――。

    211,802

    709


    2022年5月28日更新

    誰かにとっての正義は、他の誰かにとっては悪なのかもしれない……。 それでも自分の正義を貫かねばならない時がある――! 何かがおかしい。でもそれが何なのか思い出せない……。 思い出そうとすればするほど、遠のいて行く感覚。 私たちの頭の中にかかった靄が晴れる時、隠され続けた真実が見えてくる。 『シークレット・オブ・ジェネシス』 #アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/novel/104005812/909560312 #ノベルアッププラス https://novelup.plus/story/373164391 #カクヨム https://kakuyomu.jp/works/16816700428382484427 #note https://note.com/lilua/m/mc6320f909b92 #小説家になろう https://ncode.syosetu.com/n3731hh/

    読了目安時間:5時間15分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    238,780

    545


    2022年5月27日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間11分

    この作品を読む

  • 龍を討つもの、龍となるもの

    愛してはならない者同士の恋愛劇

    38,100

    190


    2022年5月28日更新

    敵である龍を討つために西の果てから龍が支配する世界にやってきたものの、 龍を護衛する役目を就いてしまった男がいずれ龍となるものである女と出会ってしまう。 今はまだ出会ってはならないもの同士が出会ってしまい、気づいてはならないものに気付いてしまい、 そして抱いてはならない感情を抱き合う。 ふたつの龍を巡る闘争の世界において交錯する宿命の物語。

    読了目安時間:3時間12分

    この作品を読む