鬼たちのクリスマス

読了目安時間:3分

エピソード:1 / 1

前へ

目次

次へ

鬼たちのクリスマス

鬼たちのクリスマスの挿絵1  ここは雪国の田舎町。  この町を担当する鬼たちが、忘年会のために町外れの観音堂に集まってきている。 「いよっす」 「いよっす」 「いよーっす」  仲間内には必ず一人はいる料理好きがやはりここにもいて、すでに寄せ鍋が暖まっている。 「おー、いいにおいだねー」 「さすがだねー」 「さすがだねー」 「みんな集まったね。とりあえず乾杯だね」 「乾杯だね」 「乾杯だね」 「ビールでいいね」 「ねえねえ、おれ、こんなの買ってきたんだけど、どう?」 「なにこれ、シャンパン?」 「高そうじゃね」 「高そうじゃね」 「それはあとでいいんじゃね。とりあえずビールで」 「そっかー、とりあえずビールかあ。そだよねー」 「かんぱーい」 「かんぱーい」 「かんぱーい」 「いやー、ことしも終わりだねえ」 「終わりだねえ。結局なにごともなかったねえ」 「田舎だもんな」 「田舎だもんな」 「なにもないってのがいちばんさあ」 「鬼がそれでいいの?」 「ああ、ねえねえ。寄せ鍋も美味しいけどさ。おれもこんなの買ってきたんだ。いっしょにどう。いや、この寄せ鍋も美味しいよね。さすがだよね」 「あれ、けんたっきー」 「おや、けんたっきー」 「ねえ、この町にケンタないんじゃない?」 「ないな」 「なにおまえ、となり町まで買いにいったの?」 「うん」 「となり町ったって、五〇キロ先だからな」 「いや、まいったよー。なにせ今日じゃない。混んでたわー。並んだわー」 「鬼が並んだの?」 「鬼が?」 「鬼が?」 「ていうかさ。なによその『なにせ今日じゃない』って」 「いや、あのさ。鬼だって時と場合をわきまえなきゃだめでしょう。コンプライアンスだよ、コンプライアンス。なに君ら、不祥事起こして閻魔さまに謝罪会見で頭下げさせたいの?」 「鬼だよ?」 「鬼だよ?」 「時代だよ、時代。そんな君もさ、後になに隠しているの」 「あっ、これは」 「それ、この町でいちばんの洋菓子屋さんの包み紙だよね」 「ええと、デザートにどうかなって思ってさ。デザートにさ」 「いや、だからなんだよ『今日』って。おまえら無視すんなよ。今日だからなんだっていうんだよ。今日は何の日なんだよ」 「いいから食えよ、寄せ鍋」 「おまえもさ、後ろに置いてるそれ、なんだよ」 「盆栽だよ」 「クリスマスツリーだろ! それ、クリスマスツリーだろ! 素直になれよ!」 「ああああ、もう! 空気読めよおおお!」 「みんなで微妙な綱渡りしてるの、すこしはわかれよおおお!」 「もういい、もういい! ぶっちゃけようぜ! メリークリスマス!」 「ああっ、言いやがったコイツ!」 「一線越えやがった!」 「くっそう、負けるもんか! メリークリスマス!」 「メリークリスマス!」 「メリークリスマス!」 「メリークリスマス!」 「閻魔さまに知れたら、やっぱすっげー怒られるのかな! 異教に転びやがってとか折檻されるのかな! こんちくしょう! メリークリスマス!」 「メリークリスマス!」 「メリークリスマス!」 「ケンタ、うめえええ!」 「ケンタ、うめえええ!」 「シャンパンあけろや!」 「うめええ、シャンパン!」 「うめええ、シャンパン!」 「メリークリスマス!」 「メリークリスマス!」 「メリークリスマス!」 「とりえあず、おちつこうや」 「おう」 「おう」 「おう」 「しかしな、今ごろ都会の鬼たちはイヴをホテルで過ごしてるんだよな」 「どんな鬼だよ」 「おれ、都会の鬼になりたかったな」 「いや、一極集中の弊害をだな」 「おまえ、なんの評論家だよ」 「ケーキ出せや、ケーキ。食おうぜ」 「ろうそく、誰が吹き消せばいいんだ?」 「いや、誕生日じゃないし」 「異教の神の誕生日だけどな」 「どんだけろうそく立てるつもりなんだよ」 「なんか、テンション下がってきたな」 「いやさ、観音堂で忘年会するおれたちがそもそも罰当たりじゃね」 「そだね」 「しかも、メリークリスマスいってるしな」 「そだね」 「来年、いい年になるといいな」 「そだね」 「そだね」 「それ、鬼が笑うよな」 「がははは」 「がははは」 「おれ、ブラジャーになりたかったな」 「わかんねーよ」 「わかんねーよ」 「わかんねーよ」 「なあ、それ、クリスマスツリーだよな?」 「盆栽だよ」  夜は更けていく。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔都ロンドンをサムライ少女が駆け抜ける!

    3,609,414

    49,988


    2022年6月10日更新

    仏に逢えば仏を殺せという。 祖に逢えば祖を殺せという。 私はなにに逢い、なにを殺すのだろう。この煌びやかなガス灯の街で。 一九世紀末。戊辰戦争を戦い抜いた少女、奴奈川静が魔都ロンドンでヴァンパイアを斬る。 スチームパンク+剣戟アクションです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間49分

    この作品を読む

  • 【書籍化決定】啼かないカナリアの物語

    声の出ない魔法使いと模造小鳥の探しモノ

    307,550

    5,909


    2022年6月12日更新

    この世界の魔法は声に出す事で発動される。 カナリアと呼ばれる少女は魔法使いだった。ただし、物心ついた時から彼女の声は出ない。 声が出ない魔法使いは一人もいない。カナリア以外は。 彼女は、相棒であり、大切な存在でもある、小鳥の形をした金属ゴーレムのシャハボと、探しモノの旅を続ける。 彼女は強い。 しかし、取り巻く運命は過酷である。目的の為に奔走するカナリアを、凄惨な戦いへと導き、様々な思惑のひしめく深謀の渦中へと誘う。 今もまた、肩を並べて同じ任務をこなした、善良なはずの冒険者チームが彼女の前に立ちはだかる。 彼らは知らない。カナリアの進む道を遮る事の結末がどうなるかは。 そして、カナリアもまた知らない。この結果が、渦巻く陰謀の始まりだという事を。 ただそれでも、彼女は突き進む。相棒のシャハボと一緒に。自らの願いの為に。 これは、声の出ないカナリアと言う魔法使いの、望みを見つけ叶えるための物語。 # 小説家になろう様、カクヨム様でも同時掲載をしております # 表紙絵の方は 大福餅さん (Twitter @daih033) から頂きました! ありがとうございます! # 一章完結しました(2021/02/05)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間56分

    この作品を読む