ホラー 長編 連載中

幻影回忌 ーTrilogy of GHOSTー【ゴーストサーガ】

作者からの一言コメント

観劇者への挑戦状付、変格ホラーミステリ

読了目安時間:1時間59分

幻影回忌 ーTrilogy of GHOSTー【ゴーストサーガ】の表紙

――其れは、人類の進化のため。 歴史の裏で暗躍する組織が、再び降霊術の物語を呼び覚ます。 魂魄の操作。悍ましき禁忌の実験は、崇高な目的の下に数多の犠牲を生み出し。 決して止まることなく、次なる生贄を求め続ける。 さあ、再び【魂魄】の物語を始めましょう。 たった一つの、望まれた終焉に向けて。 来場者の皆様、長らくお待たせいたしました。 これより幻影三部作、開幕いたします――。 【幻影綺館】 「ねえ、”まぼろしさん”って知ってる?」 鈴音町の外れに佇む、黒影館。そこに幽霊が出るという噂を聞きつけた鈴音学園ミステリ研究部の部長、安藤蘭は、メンバーを募り探検に向かおうと企画する。 その企画に巻き込まれる形で、彼女を含め七人が館に集まった。 疑いつつも、心のどこかで”まぼろしさん”の存在を願うメンバーに、悲劇は降りかからんとしていた――。 【幻影鏡界】 ……幻影綺館より続く 【幻影回忌】 ……幻影鏡界より続く

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 幻影回忌 ーTrilogy of GHOSTー【ゴーストサーガ】
作者名 至堂文斗
ジャンル ホラー
タグ ミステリ ダーク 現代日本 R15 オカルト クローズド・サークル 変格推理 ゴーストサーガ
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年4月12日 21時05分
最終投稿日 2021年5月14日 0時47分
完結日 -
文字数 59,495文字
読了目安時間 1時間59分
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 江戸に立つ、龍の麺

    令和から江戸時代へ、ラーメンのお話です

    47,200

    110


    2021年5月12日更新

    駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君の主君松平信義 の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望――― 転生グルメストリーが今幕を開ける―――

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 【神絵師のエロ美しい挿絵あり】セイクリッド・カース〜あらゆる闇を断ち切る美しき便利屋〜【毎日更新】

    狂気を断ち切るは、勇猛なる男の娘!

    3,100

    0


    2021年5月14日更新

    ここはかつて御使いと救い主の犠牲により救われた世界。 王に次ぐ権力を持つと言われるほどの大貴族アリアンナ家の令嬢ロレインは、謎の呪いによって狂気に囚われた父を案じていた。 父の救済を願うロレインの前に現れたのはまるで天使の如く美しい便利屋だった。 世界の命運を賭けた魔物との戦い、紐解かれる古からの陰謀、宿命を越えて繋がる家族の愛。 美しき主人公が溢れる憎悪を切り抜け、強大なる怪物に立ち向かうダーク・ファンタジーが幕を開ける。 オリジナルのハイファンタジーの世界で、美しき便利屋が貴族の令嬢からの依頼をきっかけに大いなる謀略と熾烈な戦いに挑む物語です。 エレガントで、作りこまれた、美しすぎるイラストを手掛ける人気イラストレーターの@ikezakimisa池咲ミサさんにキャラデザインと挿絵を依頼しました! 池咲ミサさん入魂の強くてかっこよくてクールなビューティフル主人公が知恵と技と勇気で、圧倒的な魔物に立ち向かう大活躍をお楽しみください。家族の愛の物語も魅力です。 経験値やレベルといったゲーム的要素はありません。 表紙は池咲ミサさんからの許可を頂き、設定画に手を加えています。 (イラストの権利は池咲ミサさんに帰属。無断転載、不正使用、無断転売、自作発言は禁止。小説家になろうでも連載しています。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • オレンジ灯の迷宮

    怖くなさ過ぎて拍子抜けする和ホラーです

    400

    0


    2021年5月14日更新

    ※性的要素を匂わせる描写がございます。閲覧の際はご注意ください。 箱入り娘の女の子が奇妙な空間に閉じ込められ、素顔を隠している女の子とお家に帰るために奔走するお話です。 ふと気がつくと、霞子は出てはいけないはずのお屋敷の外へ出てしまっていた。右も左もわからない、オレンジ色の明かりだけが頼りの空間。耳を澄ませると、自分を呼ぶ声、どこか懐かしい声。そしてそれを遮るかのように現れた、顔を隠した少年・レウ。人間を食う異形の世界に閉じ込められていると聞いた霞子は、唯一の頼りであるレウと共に、オレンジ灯の迷宮からお屋敷へかえろうとする――。 別サイトで掲載していた過去作です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • パンドラ

    怖い話の掌編がたくさんあります。

    11,000

    10


    2021年5月14日更新

    ふとした瞬間に、怖いことを想像することってありませんか? それを文字に起こして断片的に書き綴ったものです。 殆ど思い付きで書いているので、推敲していない荒い文章のまま上げてます。 各話につながりは無いので、どこから読んでも大丈夫です。

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む