ホラー 長編 完結済

幻影回忌 ーTrilogy of GHOSTー【ゴーストサーガ】

作者からの一言コメント

ホラーかSFか。幻影揺らめくミステロイド

読了目安時間:9時間17分

総エピソード数:141話

幻影回忌 ーTrilogy of GHOSTー【ゴーストサーガ】の表紙

――其れは、人類の進化のため。 歴史の裏で暗躍する組織が、再び降霊術の物語を呼び覚ます。 魂魄の操作。悍ましき禁忌の実験は、崇高な目的の下に数多の犠牲を生み出し。 決して止まることなく、次なる生贄を求め続ける。 さあ、再び【魂魄】の物語を始めましょう。 たった一つの、望まれた終焉に向けて。 来場者の皆様、長らくお待たせいたしました。 これより幻影三部作、開幕いたします――。 【幻影綺館】 「ねえ、”まぼろしさん”って知ってる?」 鈴音町の外れに佇む、黒影館。そこに幽霊が出るという噂を聞きつけた鈴音学園ミステリ研究部の部長、安藤蘭は、メンバーを募り探検に向かおうと企画する。 その企画に巻き込まれる形で、彼女を含め七人が館に集まった。 疑いつつも、心のどこかで”まぼろしさん”の存在を願うメンバーに、悲劇は降りかからんとしていた――。 【幻影鏡界】 「――一角荘へ行ってみますか?」 黒影館で起きた凄惨な事件は、桜井令士や生き残った者たちに、大きな傷を残した。そしてレイジには、大切な目的も生まれた。 そんな事件より数週間後、束の間の平穏が終わりを告げる。鈴音学園の廊下にある掲示板に貼り出されていたポスター。 それは、かつてGHOSTによって悲劇がもたらされた因縁の地、鏡ヶ原への招待状だった。 【幻影回忌】 「私は、今度こそ創造主になってみせよう」 黒影館と鏡ヶ原、二つの場所で繰り広げられた凄惨な事件。 その黒幕である****は、恐ろしい計画を実行に移そうとしていた。 ゴーレム計画と名付けられたそれは、世界のルールをも蹂躙するものに相違なかった。 事件の生き残りである桜井令士と蒼木時雨は、***の父親に連れられ、***の過去を知らされる。 そして、悲劇の連鎖を断つために、最後の戦いに挑む決意を固めるのだった。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

作品情報

作品名 幻影回忌 ーTrilogy of GHOSTー【ゴーストサーガ】
作者名 至堂文斗
ジャンル ホラー
タグ ミステリ ダーク 現代日本 R15 オカルト クローズド・サークル 変格推理 ゴーストサーガ
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年4月3日 19時14分
最終投稿日 2021年11月17日 20時35分
完結日 2021年11月17日 20時38分
文字数 278,444文字
読了目安時間 9時間17分
総エピソード数 141話
ブックマーク登録 6件
コメント 6件
スタンプ 26件
ビビッと 1件
応援ポイント 21,900pt
ノベラポイント 160pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 無から始まる異世界生活〜女神に召喚されたけどなぜか怒られとんでもないところに飛ばされたので仕方なくここから旅立ちます!〜

    無というスキルを極めし女のストーリー

    26,730

    168


    2021年11月27日更新

    ★あらすじ★ 武野羽美鈴(むのう みすず)は会社の帰り、道を歩いていると、目の前に水たまりがあり立ち止まった。 そして美鈴は、昔のことを懐かしく思い出しジャンプすると、水たまりに着地する。 だが着地と同時に美鈴は、水たまりの中へと吸いこまれていった。 そうその水たまりは水をつかさどる女神スイクラムが、自分の世界スイラジュンムに、勇者を召喚するために仕掛けておいた魔法陣だった。 水とともに美鈴は、女神スイクラムの頭上へと落下した。 女神スイクラムは、自分が魔法に失敗したにもかかわらず、怒り狂い美鈴に八つ当たりをした。そして美鈴は、とんでもない場所へと飛ばされる。 そう美鈴が飛ばされたところとは、この世界の野獣のすみかだった。 その野獣たちと、美鈴は戦うことになるが……。 そしてここから、美鈴のハチャメチャな異世界の旅が始まるのだった。 ˚✩∗*゜⋆。˚✩☪︎⋆。˚✩˚✩∗*゜⋆。˚✩⋆。˚✩☪︎⋆ 不定期投稿になります。 ☆カクヨム、アルファポリス・小説家になろう、エブリスタ掲載☆

    読了目安時間:1時間19分

    この作品を読む

  • 囚人から始まる異世界逃亡記

    概要欄、19話以降の後書き。報告あり

    149,870

    23,760


    2021年11月26日更新

    重要報告です。※Twitterにて続報あり。 最近月間ランキングが上がる度に、一定数の方から風評被害を受けております。そのため、ノベプラでの更新を20話でストップすることにしました。 特に多い批判は、特定の応援者様をサクラ扱いするものです。 自分個人としてはどう思われようが関係ないのですが、応援者様の風評被害にも繋がると判断し、この結論にいたりました。 『そのため、今後こちらの作品への応援ポイントは一切つけないようにお願いします』 心当たりがある方、自らの発言には何かしらの影響があることを重々承知してください。 続きが気になる方、他サイトでも応援するよ!っと言って頂ける方。準備が整い次第ツイッターにリンクを張りますので、そちらから遊びに来ていただけたらと思います。 勝手な決断ですが、ご理解お願いいたします。 ※この作品には残酷な表現、暴力描写、性的描写が含まれる場面があります。 久瀬 恭介(くぜ きょうすけ)26歳。 20歳の時に社会人としての重圧に敗北した彼は、それから6年間ニートとして自堕落な生活を過ごしていた。 現実の様々な秩序に立ち止まり、流れに取り残されるように引きこもる。 辛い日々から逃げ、夢を失い、何のために生きているのか分からない。 それでも世の中は様々な責務を突きつけてくる。 「異世界転生……本当にそんなものがあるなら、俺は変われるんだ」 あるはずがないものを妄想をして、強く現実逃避をする毎日。 そんなある日、謎の声で目を覚ます。 「……おい……嘘だろ? こいつ、生き返ったのか?」 良く分からない言葉に目覚めると、俺は死刑囚オルディ=シュナウザーになっていた。 理解できない現状に、困惑が頭を支配する。 強く異世界転生を願ったため、恭介は本当に異世界転生をしてしまったのだ。 貴族達による審議の末、恭介は大監獄ベルバーグに収監されることとなる。 そこは数多の種族が混濁し、毎日のように争いが勃発する最悪の牢獄。 そんな監獄で生き抜く唯一の希望は、突然身につけた転生恩恵【理解力】であった。 数々降り注ぐ災難に、恭介はこの異世界で生きぬくことができるのだろうか。 恭介の一風変わった異世界生活は、のちに異世界を大きく変えていくのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む