異世界ファンタジー 短編集 連載中

チート・ザ・昔話

作者からの一言コメント

短編集でお手軽に笑いたい人は是非!

 何十年何百年もの時を得て尚、色褪せる事なく語り継がれる物語。  ────人はそれを『名作』と呼ぶ!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 チート・ザ・昔話
作者名 弧滓 歩之雄(こおり ほのお)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ギャグ コメディ シリアス ほのぼの ダーク アクション/バトル 最強主人公 人外 HJ大賞2020後期 チート ハッピーエンド 日常 異能 ツッコミ役は読者
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月20日 18時09分
最終投稿日 2019年11月27日 0時00分
完結日 -
文字数 260,940文字
ブックマーク登録 128件
コメント 194件
スタンプ 677件
ビビッと 0件
応援ポイント 429,395pt
ノベラポイント 19,950pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 12人の外法妖女

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・7,311字 西条

    2021年1月18日更新

    5歳の時比良坂アカツキに、25歳で死んだ田中アカツキの記憶が入ってきた。 そして10年間、藤宮家の護衛役として修業し、16歳になる年の春。 比良坂家長男として『剣聖』の才能が期待されていた。 しかしアカツキの才能は『神からの寵愛』。 『剣聖』の家系として代々続いていた比良坂家として、これはあってはいけないことだった。 アカツキの父は、急いで弟のオリガミに才能判定をさせ、出た結果は『剣聖』。 アカツキは追い出され、弟のオリガミが次期当主になることが決まった。 遠くの魔術学園に通うことになったのだが、アカツキの持っていた才能が強すぎて…………。 タイトル読み方 ☆5愚行権機関と空色彼女(いつつぼしぐこうけんきかんときままなかのじょ)

  • 全ては、『約束』のために

    ♡25,850

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・67話・326,655字 夕闇 夜桜

    2021年1月18日更新

    「孤独な迷宮に、冒険と言う名の光を」 剣と魔法が存在する世界。 冒険者たちから、特例でその存在を認められている者、『迷宮管理者』。 その若き管理者・キソラは、冒険者たちの要望に応え、危険な迷宮を日々開放している。 そんなある日、迷宮に何者かが忍び込んだらしく、迷宮守護者(番人やボスともいう)からそれを聞いたキソラは、確認のために、連絡のあった迷宮内部へと、足を踏み入れーー…… 黒き青年との出会いに、『ゲーム』という名の戦いの始まり。 自身の運命と繰り返される転生。 全てを知ったとき、キソラの下した判断とは……? 【不定期・月曜更新(偶数月の一回または奇数月の月曜更新予定)です】 【※おそらく、皆さんの思う“迷宮管理者”とは少し違うと思われます】 【※前半、転生関係云々はほとんどありません】 【第一話以降は三人称です】 【タグ補完:幼馴染 “17” “18” 第1回ノベプラ大賞 第2回ノベプラ大賞】 【『小説家になろう』、『カクヨム』、『アルファポリス』、『pixiv』、『MAGNET MACROLINK』、『エブリスタ』にて同時掲載中】