異世界ファンタジー 短編集 連載中

チート・ザ・昔話

作者からの一言コメント

短編集でお手軽に笑いたい人は是非!

読了目安時間:9時間3分

チート・ザ・昔話の表紙

 何十年何百年もの時を得て尚、色褪せる事なく語り継がれる物語。  ────人はそれを『名作』と呼ぶ!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 チート・ザ・昔話
作者名 弧滓 歩之雄(こおり ほのお)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ギャグ コメディ シリアス ほのぼの ダーク アクション/バトル 最強主人公 人外 HJ大賞2020後期 チート ハッピーエンド 日常 異能 ツッコミ役は読者
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月20日 18時09分
最終投稿日 2021年6月18日 19時25分
完結日 -
文字数 271,499文字
読了目安時間 9時間3分
ブックマーク登録 128件
コメント 181件
スタンプ 630件
ビビッと 0件
応援ポイント 446,495pt
ノベラポイント 19,950pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • オフスカディア - 資本主義異世界 -

    戦い終わった世界のその先で──

    600

    0


    2021年6月20日更新

    異世界設定コンテスト応募作品です。 ファンタジーの舞台で勇者と魔王の最終決戦、そしてエンディングの後でも時代が続いていったとしたら、現実のような資本主義になっていくんじゃないかな?というイメージの設定です。 オフスカディア=Office + Alcadia

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 欠陥パーティーの冒険談

    楽しんで読んでいただけたら幸いです‼

    1,350

    0


    2021年6月21日更新

    ー冒険談。 それは、異世界「バロステール」の各ギルドに冒険者達が所属した時に配られる一冊の本で、その本には持ち主のありとあらゆる個人情報が書かれている。 そして、その冒険談の情報をもとに、冒険者達は各役職に就き、二人以上でチームを作って、村人達や国からの依頼を受ける。 そして、その「チーム」を冒険者達のあいだでは「パーティー」と呼んでいた。 そして、この物語は少し、いや大分変わったパーティーの物語である。 「荷物くらいみんなで持とうぜ」 「お前が一番戦力外なんだから仕方ないだろ」 「俺は勇者だぞ!!」 「勇者見・習・い・ね。嘘つかないで」 滑舌の悪い魔導師のエルフ ファルム 「い、いだ、いでよ、ひにょ、火の玉」 (もうモンスターいないし・・・) 臆病なブロッカーの虎の獣人 クウ 「・・・うわぁ、気持ち悪いよぉ」 「お前、後ろにさがってんじゃねぇ! 」 目的の物を作れないローエルフの錬金術師 ルカ 「・・・運がないだけよ」 「お前、それでどう戦う気だよ!!」 狙った獲物は絶対外す狙撃手のホビット ウィル 「銃ならなんでも使えるんだよ。だから距離なんて関係ねぇ。それが狙撃手だ、馬鹿野郎」 「なら、当ててみろよ!!」 ロキと契約したダンピールの司祭 ララ 「・・・ロキよ、私達に力を・・・」 「やめろ!所持金減ってる!!」 そして、勇者見習いの剣士でこのパーティーの荷物持ち 普通の人間のルース 「スキルが・・・十個」 「こ、これは・・・ほとんど、戦闘では使えねぇ」 「・・・まじ?」 俺ツェェェではなく、俺ヨェェェ! はたして、この欠陥パーティーはどんな冒険談を見せてくれるのか!?

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間47分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む

  • 譲り羽

    淡路島が舞台の群像劇 異能力バトル×恋愛

    57,000

    1,300


    2021年6月23日更新

    ☆本作は縦組み表示をおすすめしております。 ☆あらすじ 時代は二十一世紀末期。 遷都を目前に控えた淡路島は、急速な都会化で先住の人々と新たに流入する人々との間で、期待と混乱が入り乱れ混沌とした雰囲気に包まれていた。 そんな急成長の真っ只中にある淡路島で、いつも夕暮れまで一緒に遊び回っていた幼馴染みの三人、智明《ともあき》と優里《ゆり》と真《まこと》は思春期を迎え、男女の友情が恋慕へと切り替わろうとしていた。 ある時、智明はひょんなことから神にも等しい異能力を得る。 すべてが思うままとなった智明は、その能力を真にひけらかし、優里を連れ出して新造された皇居に立て籠もる。 智明が警察機動隊を難なく跳ね除ける中、真は復讐とも報復ともつかない行動をとり、コネを頼って非合法な手段で対抗策を練る。 やがて敵対し争う力は暴走を始め、遂には自衛隊が派遣される。 事態を収集しようと神通力を備えた修験者や、気功の達人など、様々な能力者が集って事態はより混迷を極めていく――。 二人を諌めんと奔走する優里もまた、数奇な運命に弄ばれてしまう。 様々な人を巻き込み、超常的能力と超科学的能力のバトルが、今始まる――。 ☆作者より ご覧いただきありがとうございます。 設定に凝りすぎている上に文章力がないため、大変ゆっくりと物語が進みます。 また諸々の展開のために群像劇の形を取りましたので、各話で視点の切り替えと細部の掘り下げが物語の進行を更に遅くしております。 なんだか我慢大会に巻き込む形ですが、最後までお付き合いいただけると幸いです。 ※この作品には性的描写・暴力的描写・残虐的描写が含まれます。苦手な方はご注意願います。 また、登場人物の人格を表現するため、一部法令に違反する描写を含みます。犯罪の助長や法律違反を促す意図はありませんので、模倣などの行為はなさらないでください。 ※この作品はフィクションです。登場する人物・団体・施設・地名等は架空のものであり、実在する名称とは一切関係はございません。 ※作中で取り上げた科学公証や物理法則は、物語に則して一部捻じ曲げて解釈・引用している箇所があります。 ★この作品は、現在カクヨム様にて連載中のものを移管する形を取っています。 ★最新話まではなるべく連日更新を行う予定です。 ★最新話に追い付いた後は、同日・同時刻に投稿する形になる予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間37分

    この作品を読む