異世界ファンタジー 長編 連載中

魔力ゼロのせいで無価値だと里から捨てられたエルフは、有り余る寿命を鍛練に注ぎ込み、最強の肉体を手に入れた

作者からの一言コメント

ぼっちのエルフが千年身体を鍛えたお話

読了目安時間:12分

総エピソード数:2話

 身に宿る魔力の量を、唯一無二の価値に置いた種族がいた。  その種族の名はエルフ。  そのエルフたちが暮らす集落に、「無価値」と蔑まれた少女が一人。  族長の娘であるルシアである。  世界に数多の人種と呼ばれる種族が存在するが、エルフの身に宿る魔力は他を圧倒していた。  しかし、当代最大の魔力量を持つ族長の血を宿すルシアには、一粒ほどの魔力すら存在しない。  文字通り、魔力ゼロ。  里の大移動の際に無駄な荷物と一人置き去りにされた彼女は、ただひたすらに生きる続けることに、永劫ともいえる自らの人生を費やしていた。  魔力はゼロでは彼女は間違いなくエルフ。  その寿命は千とも万とも言われている。  危険な魔物がはびこる大森林で千年を費やしたルシアの肉体は、歴史上誰も到達のしたことのない高みに至っていた。  千年間誰とも交流を持つこともなく、ほとんどの常識を持たないままに。 この物語は、天然フィジルカルモンスターのルシアと、幸か不幸か、そんな彼女と出会い旅をすることとなった、苦労人気質な女魔法使いエマの笑いあり涙ありのドタバタ冒険記である。 他サイトでも公開しています

総エピソード数:2話

作品情報

作品名 魔力ゼロのせいで無価値だと里から捨てられたエルフは、有り余る寿命を鍛練に注ぎ込み、最強の肉体を手に入れた
作者名 黄舞
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 最強主人公 女主人公 エルフ 剣と魔法と木の棒 置き去り/追放 ざまぁ要素あり
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年9月14日 18時27分
最終投稿日 2021年9月15日 12時08分
完結日 -
文字数 5,845文字
読了目安時間 12分
総エピソード数 2話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 輝石師ライアのおしごと

    貴方の魂の輝き、見てみませんか?

    2,100

    0


    2022年12月7日更新

    人の裡(うち)には魂があり、その魂は『石』である──。 貴方が失くした欠片、その輝きをもう一度、貴方の手に・・・。 見た目は地味な石ころのような輝石師ライアの、ストーンライフが、ここに輝き始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む

  • 神の力を行使する【聖剣ヘイムダル】。 それは荒ぶる精霊を使役し、魔王を倒し得る唯一の神器だ。 元奴隷でありながら聖剣に選ばれたアレックスは、王国の勇者として貴族の仲間と共に戦い続けていた。 しかしついに魔王を倒した時、奴隷が英雄になることを認められない貴族によって追放されてしまう。 「聖剣だよりの無能め。奴隷が勇者を名乗るとは不敬である! その罪、命を持って償ってもらう!」 俺はみんなを守りたいだけ――アレックスは抵抗するが、貴族にとって彼は最初から魔王討伐の捨て駒でしかなかった。 彼らはアレックスから聖剣を奪えば、次はきっと高貴な血筋の中から勇者が選ばれると思い込んでいたのだ。 聖剣とのつながりを断つために、アレックスは殺されてしまう。 失意のうちに命を失ったアレックスだが、魔王の娘ライラの力で蘇り、弱体化した魔王軍に所属することに。 そんな彼は死をきっかけに、【聖剣ヘイムダルの加護】をその身に宿すようになっていた。 そして魔王軍は以前の王国のような、生まれによる差別はない。力ある者が認められる場所だった。 アレックスの力を当然のように認め、敬意を払ってくれる。アレックスはライラや新たな仲間たちと絆を育み、荒廃した魔界を聖剣の力でみるみると豊かにしていく。 彼は魔界の救世主となっていくのだった――。 一方、アレックスを捨てた王国には災いが降りかかっていた。次の勇者は選ばれることなく、アレックスを失った王国は荒ぶる精霊に襲われるようになる。 そんな中でかつての仲間が勇者アレックスを殺したという噂は瞬く間に広がり、貴族たちはみるみると没落していくことに……。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 嫉妬したがりの西園寺さん

    ほんわか百合ラブコメです

    300

    0


    2022年12月7日更新

    人間誰しも得意なことがある。 それは自分ではわからないことかもしれない。あるとき気がつくことかもしれない。 本当に大切なことは誰かの得意なことを認めること、誰かの大切なものを貶さないこと、誰かの恥ずかしい部分を笑ったりしないこと。 そうしたら幸せなことが待っているかもしれない。 誰かを大切に思える人が、誰かから大切に思われない道理などはないから、

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 種族の輪 《サークル》 ~精霊術師は今日も巻き込まれる~

    新たな仲間を加えて、事件に巻き込まれる

    771,733

    1,918


    2022年12月6日更新

    ここは創造神クレア―テが創った世界にある国の一つ『カルボ王国』のとある村。 十二の成人の儀を終えた『アンデリック』は多すぎる家族に頭を悩ませていた。 齢十二にして家族の貯蓄を心配する彼は出稼ぎに行くことを決意する。 冒険者になるために向かった先——隣町『バジル』に着くも、時間も遅く野営をすることになった。野営中一人の美少年——『ケイロン』が近寄ってくることに気が付く。 彼は旅をしてここまで来たようだが如何にもお忍び貴族風な格好をしているケイロンをみて気付かないふりをしながら、アンデリックは彼の提案の元彼と冒険者パーティーを組むことになる。 冒険者になり依頼を受けていく中自身が『時の大精霊』の加護? を得ていることを指摘され徐々にその能力を開花させていく。 この物語は冒険者になったアンデリックが仲間と出会い、成長し、強大な敵に立ち向かっていく物語である。 *少々不規則な投稿の仕方をいたしますのでご了承ください。 詳しくは一章 (約40話)投稿したら7~10日ほど間隔を開けて次の章へ入りまた一章投稿し......、という感じになります。 何卒宜しくお願い致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14時間4分

    この作品を読む