ミステリー 短編 完結済

vivid gray ―ケッカンの釁隙―

作者からの一言コメント

グレーゾーンの出来事を解決、その11。

読了目安時間:2時間9分

vivid gray ―ケッカンの釁隙―の表紙

これは「灰色のページ」が出来上がる数年前のこと。 18歳の千葉司には長年連れ添う幼い頃からの友人がいた。彼は少し変わっていて、見えないものが見え、聞こえるはずのない声が聞こえ、わかるはずのないことを知っていた。 他の誰とも違う不思議な存在であったが、彼がそれを悩んで心を病んでしまうようなことも、弱音を吐くことすらもなかった。 しかし、18歳になったこの年。 友人は初めて自身の変わった部分を千葉に漏らした。 「父親に纏わりつくものが、確かな悪意を持っている」 見えてしまう彼の目には、真っ黒な人型をした靄が父に寄り添い、常に父の顔を覗きこんでいる姿が見えていた。その個体は他の〝見えてしまう〟ものとは明らかに違う、明らかに、意思と理由を持っているのさえもわかった。 それは父に纏わり付いている。だが、それが向ける悪意は父ではなく、友人に向かって放たれているのだと。 友人が初めて漏らした言葉を無下にするわけにはならない。千葉はすぐに「専門家」である、同じく古くからの友人に助けを求めた。 (シリーズの「禍福をくうモノ」をお読み頂けておりますと繋がる部分が御座います) ※「依頼人」に起こる様々な不思議な出来事、グレーゾーンの現象を解決していく怪奇系ミステリー。

前へ

次へ

  • 投稿日2021/3/5 16:00 文字数353文字

  • 投稿日2021/3/5 16:01 文字数2,288文字

  • 投稿日2021/3/6 16:01 文字数3,136文字

  • 投稿日2021/3/7 16:01 文字数1,767文字

  • 投稿日2021/3/8 16:10 文字数2,902文字

  • 投稿日2021/3/9 16:03 文字数3,764文字

  • 投稿日2021/3/11 16:05 文字数1,595文字

  • 投稿日2021/3/13 16:06 文字数2,706文字

  • 投稿日2021/3/14 16:02 文字数1,363文字

  • 投稿日2021/3/17 16:03 文字数3,956文字

  • 投稿日2021/3/18 16:01 文字数4,450文字

  • 投稿日2021/3/26 16:03 文字数3,336文字

  • 投稿日2021/3/31 16:26 文字数3,507文字

  • 投稿日2021/4/6 17:08 文字数3,609文字

  • 投稿日2021/4/12 16:32 文字数2,377文字

  • 投稿日2021/4/15 16:01 文字数4,535文字

  • 投稿日2021/4/16 16:07 文字数1,861文字

  • 投稿日2021/4/18 16:12 文字数2,855文字

  • 投稿日2021/4/22 16:16 文字数1,648文字

  • 投稿日2021/4/24 16:01 文字数4,512文字

  • 投稿日2021/4/27 16:05 文字数1,988文字

  • 投稿日2021/4/29 16:26 文字数3,541文字

  • 投稿日2021/5/2 16:07 文字数2,329文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 vivid gray ―ケッカンの釁隙―
作者名 御 一
ジャンル ミステリー
タグ ミステリー 怪奇系ミステリー vividgray 人とは違う能力 似て非なる同類 友人 禁忌 優劣
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年3月5日 16時00分
最終投稿日 2021年5月2日 16時07分
完結日 2021年5月2日 16時07分
文字数 64,378文字
読了目安時間 2時間9分
ブックマーク登録 8件
コメント 3件
スタンプ 22件
ビビッと 1件
応援ポイント 31,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,800

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • 【召喚士の旅】少年は不愛想な人型精霊から、召喚中はどうせ暇だろうと双剣を渡された。

    召喚士が不愛想な精霊と物理攻撃で生き抜く

    105,800

    502


    2021年5月12日更新

    【1行紹介】 貧乏症で微笑ましい少年召喚士と、クールで不愛想なのに人の常識に疎く照れ隠しする精霊の相棒旅! 【あらすじ】 物語の主人公であるキリムは、危険を冒して各地を回る「旅人」を志望する少年だ。 彼は召喚の能力を持っていて、自然や力を司る精霊を呼び出すことができる。 しかしその能力を使っていつかは旅に出たいと思うものの、 病気の父の看病、魔物の襲来で壊滅した村の復興のため、その夢を諦めつつあった。 キリムはそんなある日、駆け出しには不相応な強さを誇る人型の精霊ステアを呼び出してしまう。 生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか…… 哀れなキリムを見かねて、ステアはキリムに旅立ちを決意させる。 「魔法はどれくらい使える。1度召喚してしまえば暇だろう」 「暇って……。魔法なら1日に5,6発はなんとか」 「話にならん。魔力切れを恐れて突っ立っているくらいなら武器を使え」 「え、ええ……? 俺、召喚士ですけど」 貧乏な村を襲った悲劇のせいで、出遅れてしまった新米召喚士の少年キリムと、そんなキリムを放っておけない不愛想で優しい相棒、人型精霊ステアの旅。 時折現れる他の精霊の助けや人々との出会いにより、キリムは次第に旅人としての頭角を現す。 そして、その旅の中で、それぞれに隠された秘密へとたどり着く。 デルを捕らえ、両親や精霊たちの雪辱を果たせるのか……。 毎日更新! 世間慣れしていない少年と精霊の旅を是非お楽しみ下さい! 主人公の成長や相棒との信頼関係、旅の様子、人との繋がりを重視した作品です。 どうか面白いと思っていただけましたら応援を宜しくお願いします。 ※ブックマーク、スタンプ、レビュー、応援ポイント等は有難く頂戴いたしますが、 ノベラポイントは不要です。お気持ちだけで十分です。 カクヨム他でも掲載しております。 カクヨム版作品フォロー1000人突破、14万PV達成! 小説家になろう版1000pt突破、20万PV達成! 有難うございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間40分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    9,100

    0


    2021年5月12日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間7分

    この作品を読む

  • 白い手

    ちとコン参加作品。

    5,100

    15


    2021年5月12日更新

    ユカリはいつも何故か赤い夕日の夢を見る。 現実は闇夜の中をさ迷うように彼女は虐げられ、家族の中で孤独を感じていた──。 ユカリに襲いかかる、衝撃の事実とは……? ちとコン参加用作品です。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む