現代/その他ファンタジー 長編 連載中

仮想世界のグレナディア

作者からの一言コメント

異世界『日本』に転生した職業軍人の物語

読了目安時間:2時間1分

総エピソード数:45話

仮想世界のグレナディアの表紙

 大陸大戦の中、一人の軍人が命を絶つ。前線が崩壊し意を決した彼―――コンラート=フュルステンベルク中佐は、選帝公国第38歩兵連隊参謀長としての人生を全うする―――はずであった。目覚めた先は現代日本。しかも転生したのはなぜか進学校に通う女子高生。地方都市鈴林市を舞台にして戦争なき”異世界”日本を彼―――いや彼女はどのように過ごしていくのか? ※この作品は『アルファポリス』様にも掲載しております。 ※表紙の絵はBlaCky様の作品です。

総エピソード数:45話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 仮想世界のグレナディア
作者名 日和つかさ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 女主人公 現代日本 ミリタリー 日常 チート 百合 TS
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月31日 14時38分
最終投稿日 2022年8月13日 9時54分
完結日 -
文字数 60,462文字
読了目安時間 2時間1分
総エピソード数 45話
ブックマーク登録 25件
コメント 38件
スタンプ 109件
ビビッと 28件
応援ポイント 80,600pt
ノベラポイント 374pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 四季と晴明の陰陽奇譚 〜神と妖の棲う京屋敷〜

    ようこそ、バケモノ屋敷へ……。

    339,500

    9,722


    2022年9月26日更新

    「――魑魅魍魎が棲みつく化け物屋敷がある」 それは、京都府宇治市に存在する噂。 藤原四季が京都へ引っ越してまもなく、両親は飛行機とともに消息不明になってしまった。途方に暮れていたところ、不思議な雰囲気を持つ学校の養護教諭・龍崎青葉に導かれ、四季はあけぼの屋敷へ足を踏み入れてしまう。 しかし、その店の住所はまさかの異界「三途」 さらにバケモノ屋敷のオーナーはかの有名な陰陽師・安倍晴明で、養護教諭の龍崎青葉の正体は東を司る四神の青龍!? 晴明から自分自身が陰陽師の末裔であると知らされた四季は、あけぼの屋敷でのアルバイトを勧められる。 噂の通り存在した化け物屋敷。 一階は東を司る四神・青龍が経営する不思議な喫茶店兼探偵事務所。彼岸花の咲き乱れる庭や御池、上階は妖や神達、摩訶不思議な住人たちの住処となっていた。 そして、この世の不思議を知ってしまった四季の周りで突然起こる神隠し事件。 そんな折、探偵事務所・古都織に人魚の妖から兄を探してほしいという依頼が舞い込んだ。晴明に頼まれ、青龍とともにアルバイトのお試しで調査することになった四季。 事件を調べていくうちに四季のクラスメイトのひらりが巻き込まれていることが発覚! 容疑者は人魚の妖・弦。弦は恋人を人間に殺され、現世に強い恨みを持っていた。 水族館が原因で死んだ恋人の復讐のため、弦は人間で水族館を作ろうと目論んでいた。そこへ、弦の妹・弓が弦を連れ戻しにやってくるが、弦は、弓は既に死んでいると言い……!? 弓の正体は、弓を喰らった化鯨という最恐の妖だった。青龍が四季を守りながら弦や化鯨と戦うが、状況は劣勢。とうとう四季は化鯨に喰われてしまった! 共に化鯨に呑み込まれた晴明は、 「助かる方法はただ一つ。僕を取り込んで本物の陰陽師の力を得ること」 そのとき、四季がくだした決断は……。

    読了目安時間:8時間17分

    この作品を読む

  • 創作者へ捧ぐ群像劇

    「キャラクターを扱う」創作者へ。

    800

    0


    2022年9月26日更新

    「汝は人狼なりや?」通称人狼ゲームが行われ、少年少女は殺し合う。 在り来たりなストーリーだが、ただ、彼女らには特別な点があった──それは、彼女らが創作者であるということ。 作者がキャラクターを書くというのは、読者が物語を読むというのは、どういうことなのか。 キャラクターの設定とは、一体何のために存在しているのか。 キャラクターであり、創作者である彼女らは、あなたたち読者に問い続ける。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間9分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    398,705

    618


    2022年9月25日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都と呼ばれる、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間50分

    この作品を読む

  • 「魔力0のお前を追放する!」 魔力0の貴族の三男ノアは家族から『無能』と蔑まれていた。そして16歳の時に授かった女神様からの祝福である能力は『空気が読める』だった。 魔法が全てであるこの国において魔力0の上、魔法とは全く関係がない能力を授かったノア。ノアの父親は冷たくノアに追放を宣言する。 だが、彼の幼馴染のリリーは彼と一緒についていくとノアに希望を与えてくれた。貧しくとも幸せな未来がある筈だった。しかし、外道のノアの兄2人はそれを知りリリーを目の前で穢した上、殺してしまう。そして、その罪まで着せられて最果てのダンジョンの奥地への追放刑にされる。 憎い。憎い。憎い! リリーを殺した上、冤罪まで押し付けた家族をこの手で殺してやりたい! しかし、魔法を使えないノアに待っているのは死しかない。 だが、 『力が欲しいか?』 突然目の前の空気に文字が現れた。そして宙に現れた文字を読むと。 『我が剣は無限なり。我が剣は輝く閃光、我が剣に勝るものなし!』 空気を読むと身体能力が爆発的に上がった。そして最果てのダンジョンを次々と踏破してい行きレベルやスキルをサクサク上げていく。 もちろん、ダンジョンを出た後のノアの善行によって、勝手に実家は没落し、ついに兄と父親への復讐を果たすこともできる。 これは剣が無い魔法の世界で主人公がサクサク強くなっていく、爽快感あふれる追放、復讐ストーリーです。 ざまぁ回はエピソード40話以降です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む