連載中 長編

ワールド・アナリティクス ~いちばんやさしい異世界解析の教科書~

作者からの一言コメント

エロスと分析で日本を救う!

 ボッチな高校2年生の関口カイは、ひょんなことから日本が壊滅の危機に瀕していることを知る。  これまで日本を加護してきた八百万の神たちが、日本を離れ異世界の神になり始めているというのだ。 「お客様は神様」の言葉通りに、日本に再び神様の加護を集めなければ、日本が滅んでしまうのだが……。  それを救うために与えられた力は、現実の日本や異世界の神様の加護の状況をデータとして解析するツールだった。  そのデータを解析して、何とか日本の加護率を高めるために仲間や色んな神様の協力を仰ぎ、神様へのマーケティングプロモーションを行うことになるが果たして? 「ラブコメ × セカイ系 × 異世界 × アクセス解析 × マーケティング」 = ???  人生初の小説長編。どんな展開になるかまだまだ未知数なところがありますが、ほんの少しでも面白いと感じてもらえるように頑張ります! 【※注】現状ちょっぴりエッチなコメディー色が強くなっております……。  

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ワールド・アナリティクス ~いちばんやさしい異世界解析の教科書~
作者名 熊木ウルス
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ シリアス 男主人公 人外 現代日本 ノベプラオンリー 異能 転生/転移 第1回ノベプラ大賞 R15
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年7月17日 23時48分
最終投稿日 2019年8月31日 13時29分
文字数 102,181文字
ブックマーク登録 29件
コメント/スタンプ 108件
応援ポイント 21,950pt
ノベラポイント 985pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡16,100

    〇50

    SF・連載中・55話 K1.M-Waki

    2020年7月14日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • 雁のたよりまゐらせ候

    ♡123,600

    〇7,370

    エッセイ/評論/コラム・完結済・101話 夜霧醒客

    2020年7月12日更新

    #RTした人の小説を読みにいく という企画を安直でやったところ、100を越えるRTや依頼が来てしまい、引くに引けなくなってしまいました。 元々こういう批評レビューをやってみたかったので、いい機会と思い、来た作品を切捨て御免、マシュごめんする事にしました。 本作はTwitterの発言を加筆・改稿したものです。 妄言・戯言ご容赦。 ※注意※ 文字数の大小に基本的に差異はありません。誤差の範囲です。引用などすると長くなることがあるので、それで文字数が増えている事がありますが、別に贔屓しているというわけではありません。基本的にすべて目を通して評しております。 ※注意その2※ 読み切れないもの、如何にしても批評できないもの(一度やってしまいましたが宗教関係などでは当方の信条もあるのでスルーの可能性があります)、紹介してほしい作品をテンプレ的に送っているなどの理由で、選考から除外していることがあります。あまりに長い作品は読み切れないので、なるたけ短編にしてください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る